情愛と友情

[情愛と友情]
(2008/UK/Brideshead Revisited )


bride06.jpg


 オックスフォード大学に入学したチャールズは、貴族の息子セバスチャンと出会い、友情とも愛情ともつかぬ妖しい関係を深めていく。しかし、セバスチャンの屋敷“ブライズヘッド”に招かれたチャールズは、彼の美しい妹ジュリアにも惹かれてしまうのだった。
大学進学を機に出会った青年と貴族一家の兄妹との信仰の呪縛に翻弄された三角関係を描く文芸ドラマ。
監督は『キンキーブーツ』のジュリアン・ジャロルド。


あら、<高慢と偏見>みたいなタイトル・・・くんくん・・・なんだか臭う。
イギリス映画・・・?
あらすじを見ると 「友情とも愛情ともつかぬ妖しい関係・・・」

むむむ・・・。
しかも主演は、マシュー・グード (<A SINGLE MAN>) だし。
こりゃ、チェック入れとかねーと。

チャールズ・ライダーは成功した画家。
今アフリカからの帰路、彼の為に船上パーテイーが開かれていた。
そこで彼はかつて愛した女性を見かけ後を追う。
そして10年前に遡る――


チャールズはオクスフォードで貴族のセパスチャンと知り合う。

bride03.jpg

ほえ~、大学生活もお貴族サマは優雅ですねえ。
昼間からシャンパンなんか飲んじゃって。

セパスチャンが ”男色家” であることは公然の秘密であったが、二人は仲良くなり、セバスチャンはチャールズを屋敷:ブライズヘッドに連れて行く。

この屋敷がハンパねえーっす! デカい!

チャールズはブライズヘッドに魅入られる。
でもこんなとこじゃ、身も心も寒いだろうなあ、と思っていたら、予想通りここには複雑な家庭事情があった――


やがてセバスチャンはチャールズを愛し始める。
二人を見ていたセパスチャンの父の愛人がチャールズに言う。

――イギリス的な ”甘い友情” はいいものよね。
でも気をつけて。
あなたにとっては一時的なものでも、
セパスチャンには違うのよ。

”イギリス的甘い友情”!! 
なるほどねえ、言い得て妙。
こういう関係って本国ではある程度認識されていたんだろうなあ。

bride05.jpg
マシュー・グード版 ヴェニスに死す?


しかし、チャールズはセバスチャンの妹ジュリアにも魅かれて行く。

という前半部分はラブ中心で、やや大味な印象だが、後半は違った様相を呈して来る。

船上で再会し愛が再燃した二人。
チャールズは、ブライズヘッドを再訪する――


原作は イーヴリン・ウォーの傑作小説「ブライヅヘッドふたたび」。
この話、良く出来てるんだわ。
人物造形が深いし、貴族:家柄の問題、宗教の問題と奥深い。

貴族って、地位や富、名声があるけれど、背負っているものは重いんだよね。
そしてブライズヘッドに魅入られた者の野心・欲望・・・この物語の本当の主役はブライズヘッドかもしれない。

===
名門大学の優雅な生活、貴族の屋敷、まさにジェイムズ・アイヴォリーの世界じゃないのぉ。

bride02.jpg


夏のバカンスのヴェネチアは、<眺めのいい部屋>ですかい?!
そして傷心のセバスチャンはモロッコへ。→<インドへの道>?

bride07.jpg


当初、なんだか薄味のアイヴォリーってとこ? と思っていたらなかなかどうして、ジュリアン・ジャロルドの演出は手堅かった。
これが<キンキーブーツ>を撮った人とわ!?


モーリス restored version [DVD]モーリス restored version [DVD]
(1998/11/25)
ヒュー・グラントジェームズ・ウィルビー

商品詳細を見る


眺めのいい部屋 完全版 スペシャル・エディション [DVD]眺めのいい部屋 完全版 スペシャル・エディション [DVD]
(2004/11/25)
マギー・スミスヘレナ・ボナム・カーター

商品詳細を見る


インドへの道 [DVD]インドへの道 [DVD]
(2005/02/04)
ジュディ・デイヴィスヴィクター・パナルジー

商品詳細を見る


キンキーブーツ [DVD]キンキーブーツ [DVD]
(2009/12/16)
ジョエル・エドガートンキウェテル・イジョフォー

商品詳細を見る

===
一家を支配する絶対的存在の母に エマ・トンプソン。大迫力!
途中からエマが、ヴァネッサ・レッドグレイヴに見えました。

そんな妻とブライズヘッドに耐え切れず、ヴェネチアで愛人と暮らす父=マイケル・ガンボン。
どっかで見た顔だべ、と思ったら、<ハリー・ポッター>の新しいダンブルドア校長だったのね~

bride04.jpg


ジュリア役の女優がメスゴリラみたいな顔で、マシュー・グードの方がずーーーっと美しかった。
この人は男ぶりに近年ますます磨きがかかってきたと思うわ。
意外に脱いだらスゴいのよね。

brides12.jpg


===
Imdbを見ていたら、過去にテレビシリーズとして映像化されていた。(1981)
なんと! 主役が ジェレ様  ジェレミー・アイアンズ!

Brideshead Revisited [DVD] [Import]Brideshead Revisited [DVD] [Import]
(2003/05/12)
Anthony AndrewsPhoebe Nicholls

商品詳細を見る


キャスティングが豪華だわよ。
チャールズの寡黙な父が、サー・ジョン・ギールグッドで、セバスチャンの父が、これまた サー・ローレンス・オリヴィエだもの。

チロ、意外とジェーン・オースティンとかこういう文芸ロマンのドラマ、好きなのよね☆
予想ガ~イに楽しめました。



アバターPageTopパブリック・エネミーズ

Comment

くんくん・・・私もなんだか臭います

セバスチャン役の人、どっかで見たことあるなと思ったら、“パフューム”の人?(テディーベア持ってる~~~!?)
あの映画はニガテだった(^_^;)
マシュー・グード様の方が貴族に見えるのは私だけ?

>ジュリア役の女優がメスゴリラみたいな顔で、マシュー・グードの方がずーーーっと美しかった。

だはは~。美しい男を鑑賞する映画なのね。
女はいらね~ってワケか。

イギリス、オックスフォード、お貴族様って聞いただけでも観てみたい映画です。

チロさん、また面白そうな作品ご紹介ありがとうございます。
ほんと、多岐にわたっていて
こちらを見るのが楽しみです。

今頃ですが「南極料理人」を見てきました。
ぜんぜん美しくないけど地味に長く残りそうな作品でした。

おもしろいレビューありがとうございます!

この映画、予告編観て「そうだな」って思って気になってました(笑)。

>”甘い友情” 
鋭い言葉ですね。

>あなたにとっては一時的なものでも、
>セパスチャンには違うのよ。

すごくよくできてそうです~。
しかしコレ、キンキーブーツの監督だったとは!!
余計気になって観たくなりました。

わたしも!!

>ジュリア役の女優……

彼女はナイよねぇ。
観た時(11/7号)そう思ったよ。
二人が車ですれ違ったとき、目と目があうけど、このお嬢じゃ、目にとまらない!!と思ったもの。


原作も知らなかったし、マシュー・グードがきれいだったので、実はホントの父は貴族の……なんていうオチがあるのかと一瞬思っちゃいました。

■りおこさん

> セバスチャン役の人、どっかで見たことあるなと思ったら、“パフューム”の人?
あ、ほんとだ~!(見て来た) チロそれ見てないんだけど、別人だね。
ってことは、なかなかの実力派個性派俳優なんだね。
これからまたこの人に遭遇しそうな予感・・・。

>(テディーベア持ってる~~~!?)
おお、さすがチェック キビしい!
母親からの抑圧で大人になれず精神的にあやうい彼の”象徴”なんだよね。
'81年版の彼もくまちゃん持ってるし。

> マシュー・グード様の方が貴族に見えるのは私だけ?
そうそう、貧弱なかんじなんだよね、セバスチャンの方は。

> だはは~。美しい男を鑑賞する映画なのね。
> 女はいらね~ってワケか。
このキャスティング、そういう監督の意図だったのか!(笑)


■たらちゃん

いつもコメントありがとう☆
ハゲみになりまっす。
特に
>多岐にわたっていて
というとこがうれしいです。
チロ、この方向でいいのよ!ってかんじで。

> 今頃ですが「南極料理人」を見てきました。
あ、忘れてた! チロも見たい。

> ぜんぜん美しくないけど
あはは! ゼシ見なくちゃ

■フロリーさん

> この映画、予告編観て「そうだな」って思って気になってました(笑)。
がはは! 「そうだな」って・・・。

でも前半の「そうだな」部分に過剰な期待をするとちょっと肩すかしであります。
「イギリス的甘い友情」はあくまでモチーフのひとつ。
それより後半部分の方が見ごたえありました。

> しかしコレ、キンキーブーツの監督だったとは!!
そうなんだよね~ 
さすがUK、守備範囲が広いよね。

> 余計気になって観たくなりました。
実は<ヒストリーボーイズ>もこれも、wowowの「発掘シネマ」というジャンルで放送されたものなのです。
まさに「発掘シネマ」! 実にありがたいセレクションであります。
次もチェック入れとくね。

■アンソニーちん

うっそーーっ!!
アンソニーちんも見てたのね~~!
なんか私たち、同じ道を歩いてる気がする・・・。
気がつくといつもアンソニーちんの後を追いかけているチロ。

> >ジュリア役の女優……
> 彼女はナイよねぇ。
それそれ! ナイナイ!
マシュー・グードの美しさを引き立てる為?(笑)

あとでそちらにコメント、おじゃましま~す☆
TBもお願いしま~す!

TBよろしくお願いします

Re: ■アンソニーちん

> TBよろしくお願いします
今やりました~~

ジェレ様だと、”企んでる”かんじが出てそう・・・。
演技の幅ともいえるが、ちょっと腹黒そうな。
その点、マシューは裏表がない感じ。
そこがマシューの長所でもあり短所でもあるのかも。
アンソニーちん、持ってるんだから見てよっ!!
二つを比べるのもおもしろいよね。
新旧 UK男前対決☆ やぱり男はUK v-501

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

プロフィール

ナンシー☆チロ

Author:ナンシー☆チロ
映画と本のつれづれ日記。
マイナー路線でごめんなさい。
サッカーも好き☆
過去記事へのコメントも歓迎です。
尚、宣伝目的や記事に関連のないリンク・コメント・トラックバックなどはこちらで削除させて頂きますので、ご了承下さい。

追記・その他

  (2017/07/15) 「FATHERS」に追記あり。 プーン役のAsda Panichkulは元MTVアジアの人気VJで東南アジアでは有名人。 ユク役のNat Sakdatornはタイのタレント発掘番組で優勝した実力派シンガーソングライター。

リンク
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ(タブ)

最近のトラックバック
カテゴリ
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード

QRコード

RSSフィード