アバター

「アバター」
(2009/AVATAR)


avatar011.jpg


「CGのクリーチャー物なんて興味ないしねえ・・・」
なあんてスルーしてたら、アカデミー賞の前哨戦ともいえるゴールデングローブ賞の作品・監督賞を受賞。
こりゃ、オスカーも来るべ!

うむうむ・・・。

そこへ1月25日、
<アバター> 全世界興行収入 <タイタニック> を抜き、歴代1位に!
のニュースが!
翌日ソッコー行きました。

@TOHOシネマズ日劇

仕事を終えてから駆け付けるとタイトな時間なので、初めてオンラインチケット購入してみた。
なんだ、すっごく簡単!
有楽町マリオンに着いたら、案の定チケット売り場は長蛇の列。
便利な機能は使わなきゃ損だわね。

――海兵隊のジェイクは車いす生活。あるプログラムに参加する為、惑星パンドラにやって来た。
パンドラの住人ナヴィ族とジェイクの遺伝子から造られた肉体(アバター)に意識を送り込むことで、ナヴィたちの中に入っていくジェイクだったが・・・。


この作品を 「CGのクリーチャー物」 などと捉えていたチロは大バカモノでした・・・。
これは、壮大で深遠なテーマを持った素晴らしい作品なのでした。

半身不随のジェイクが健康な肉体に乗り換えるという単純な話だと思っていた。
ところがそうではなくて、ポッドの中に入って眠るとリンクした肉体へ意識が同調する。
リンクをやめるとジェイクは目覚め、元の自分の生活に戻れる。
(その間、アバターのジェイクは意識を失う)

avatar022.jpg
↑(左)アバターのジェイク


アバターの健康な肉体を手に入れたジェイクは、"パンドラ" のジャングルを駆け回り鳥に乗って空を飛ぶ。
ジャングルの風景が美しいです。
毎日が冒険のジェイクと一緒に、見ているこちらも心は少年のようになってわくわくしました。

という冒険物語と美しい映像が前半、後半は地球では枯渇したある資源をめぐって、侵略する人間(軍部)とナヴィの戦いを描く。

当初は違和感を抱く青いクリーチャーに、次第に思いを改め、最後にはみな彼らに魅了されるでありましょう。
なぜなら彼らは自然と調和し、聖なるものに怖れを抱き、心豊かな誇り高い民族だからです。
それを見ている側は、前半にジェイクと共に学ぶのです。
これが後半の布石となってます。

人類の歴史は侵略の歴史といいますが、人間は何年経っても愚かなままなのでしょうか?
このことを深く深く考えさせられるのです。

後半の 「人間とナヴィの戦い」 は、感動で涙なくしては見られないです。
テーマは重いですが、シンプルに映像化されているのでこどもにも理解出来ると思います。

この壮大なドラマを一本の映画に仕上げたジェイムズ・キャメロンに感服。
これで監督・作品賞は決まりかな・・・? (ちと早いけど)



===
さて話題の3Dであります。
3Dと言いますと、昔ディズニーランドで見たマイケル・ジャクソンの「キャプテン・EO」を思い出した。
ちょうちょが客席の方に飛んできて(のように見える)客席のこどもたちが手を伸ばしてそれをつかまえようとしててかわいかったな。
その「飛び出す絵本」みたいのとは違って、奥行きがあるのです。
そしてなにもかもがリアルで、すぐ目の前で起こっていることのようなのよね。
初めてのけいけ~ん、経験、♪やめて~辺見マリ、えみり母ってかんじ。
これはもう見てもらうしかないッス。
楽しかった☆

なんでも3Dはいくつかの方式があり、上映館によって異なるそうです。
それにより、メガネのタイプも4種類ありーの、3D割増料金も劇場によって異なりーのです。
私が見たTOHOシネマズは、メガネはこれ ↓

avatar03.jpg

この「xpanD方式」メガネが一番高くて、万単位だそうです。
一番安い黒メガネのは安価な為、場所によっては持ち帰っていいらしい。
なので、劇場の方式により見え方が違うっつーことですね。

ちなみにTOHOシネマズは、3D上映回は300円増しでした。
その他劇場により、200~400円とあるようです。

===
そうそう、<パブリック・エネミー> でお気に入りだったオヤジ スティーヴン・ラングは、なんと 軍責任者の大佐だった。
完全な ”ヒール” であります。
軍人らしくかなりマッスルを鍛えてました。
全然別の顔なので、こちらのスティーヴンも楽しめました。
ビバ オヤジ! 

avatar05.jpg 58歳!



木村伊兵衛とブレッソン 展PageTop情愛と友情

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

プロフィール

ナンシー☆チロ

Author:ナンシー☆チロ
映画と本のつれづれ日記。
マイナー路線でごめんなさい。
サッカーも好き☆
過去記事へのコメントも歓迎です。
尚、宣伝目的や記事に関連のないリンク・コメント・トラックバックなどはこちらで削除させて頂きますので、ご了承下さい。

追記・その他

  (2015/8/24) 「怒り」に追記あり。

リンク
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ(タブ)

最近のトラックバック
カテゴリ
カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード

QRコード

RSSフィード