東京の休日

「東京の休日」
(1958/東宝)



決定盤 李香蘭(山口淑子)大全集決定盤 李香蘭(山口淑子)大全集
(2009/10/21)
李香蘭山口淑子

商品詳細を見る

(<東京の休日>の画像がないので、李香蘭のCD画像をあげときます)

ニューヨークで活躍している一流デザイナー・メリー川口がおしのび帰国。ところが、彼女の名声を利用して一旗あげようと企む人々が…。
原節子の呼びかけで実現したという、山口淑子引退記念映画。二十年にわたる映画生活に終止符を打った。



あああ 邦画って一度見始めるとはまっちゃうのよねえ。

山口淑子にはずっとずっと魅かれている。
その引退記念映画と知り見てみた。

東宝がオールスター映画を作るとこうなるか、という作品。
引退記念というのもありましょうが、ひたすら豪華だった。

14:15 @神保町シアター

【 オールスター映画 夢の祭典 第二弾 】

その出演者を挙げてみます。

俳優陣:
上原謙、宝田明(今見ても背が高いですね~)
小林圭樹、平田明彦、小泉博(<クイズ・グランプリ>)
有島一郎、三木のり平、加東大介、池辺良、森繁久弥
久保明、柳家金語楼、そして 世界のミフネ


女優陣:
久慈あさみ(この人はほんとにきれい☆)
八千草薫(おきゃんな芸者役がかわいかった)
白川由美、香川京子、司葉子(美しい)
淡路恵子、河内桃子、安西郷子(三橋達也夫人)
青山京子(小林旭夫人 アキラは日活なのに彼女は東宝だったのね)
団令子(魅惑のアンパンフェイス)、原節子、飯田蝶子


歌謡ショー:
雪村いずみ、越路吹雪、宮城まり子
(李香蘭も<夜来香>などを歌います)


レビュー:
重山規子、根岸明美

ファッションショーにこれらの女優陣が登場。
みな美しく、ああ、東宝は美人女優揃いのとこだったんだなあと実感した。

これだけたくさんのスターを出演させ、歌あり踊りありなので、ストーリーはあってなきが如しなのだが、さすが巨匠 山本嘉次郎、最後はほろっとさせられた。

アメリカに帰る飛行機の中、富士山を見ながら、
さようなら
とつぶやき、山口淑子は銀幕から去っていったのだった。


===
山口淑子、李香蘭(りこうらん/リー・シャンラン) そしてシャーリー山口と三つの名前を持った。
強いオーラを持った稀有な女優だった。

この引退は、外交官 大鷹弘との再婚によるもの。
この後マスコミには姿を見せず、1969年<三時のあなた> の司会でカムバックすることになる。

===

こんなに褪色したフィルムをはじめて見た。褪色でピンクのモノクロカラー!
眼がチカチカした。
これはニュープリントにしてDVD化し、後世に残して欲しいなあ。

===

昨年テレビで放送された、川島芳子を追ったドキュメンタリー番組の最後に山口淑子が登場した。
もちろんご高齢なのだが、81歳とは思えない美のオーラは健在だった。

このドキュメンタリ、「川島芳子は処刑されずに生きていた」という説の検証番組で、説得力があり見入ってしまった。
→ 『報道発 ドキュメンタリ宣言 昭和史最大のスクープ 男装の麗人・川島芳子は生きていた! 2時間スペシャル』2009年4月13日放送(テレビ朝日放送)

隠遁生活を送った芳子は、方おばあさんと呼ばれ、彼女に幼い頃育てられたという女性が登場した。
この女性は「方おばあちゃんは李香蘭のレコードが擦り切れるほど聞いていた」と証言し、「このレコードをいつか李香蘭に届けてほしい」と遺言されていた。
そして、来日し山口淑子にレコードを渡した。

山口淑子は81歳の自分をいまさら人前にさらしたくなかったであろう。
しかし、かつて親しかった川島芳子の遺言と聞き、面会を了承したのでは?
山口淑子ってそういうところがあるんだよね。


男装の麗人・川島芳子伝 (文春文庫)男装の麗人・川島芳子伝 (文春文庫)
(1988/05)
上坂 冬子

商品詳細を見る


===

東宝は、日活や大映ほど見てないんだよねえ。チロの弱いところ。
<若大将シリーズ>、<無責任男シリーズ> あたりは見てるけど。

===
神保町シアターの裏には、ハワイの 「バド・アス・コーヒー」 が。
ご鑑賞のお帰りにいかがですか。


tokyoholiday01.jpg


カラヴァッジョ 天才画家の光と影PageTop婚 期

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

プロフィール

ナンシー☆チロ

Author:ナンシー☆チロ
映画と本のつれづれ日記。
マイナー路線でごめんなさい。
サッカーも好き☆
過去記事へのコメントも歓迎です。
尚、宣伝目的や記事に関連のないリンク・コメント・トラックバックなどはこちらで削除させて頂きますので、ご了承下さい。

追記・その他

  (2017/07/15) 「FATHERS」に追記あり。 プーン役のAsda Panichkulは元MTVアジアの人気VJで東南アジアでは有名人。 ユク役のNat Sakdatornはタイのタレント発掘番組で優勝した実力派シンガーソングライター。

リンク
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ(タブ)

最近のトラックバック
カテゴリ
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード

QRコード

RSSフィード