シャーロック・ホームズ

「シャーロック・ホームズ」
(2009/UK/SHERLOCK HOLMES)


holmes05.jpg



新たな難事件に挑むことになった名探偵シャーロック・ホームズ(ロバート・ダウニー・Jr)。相棒のワトソン博士(ジュード・ロウ)とともに宿敵ブラックウッド(マーク・ストロング)に立ち向かう。そんな中、国の崩壊をもくろむ巨大な陰謀を暴くための壮絶な闘いが、ホームズとワトソンを待っていた。


チロも少女時代、シャーロック・ホームズに憧れた一人だった。

ガイ・リッチーが映画化すると聞き、うきうきうっきー! だったが・・・。
ホームズ=ロバート・ダウニーJr と聞き、
ありえねえ~~~!!!(絶叫)

このキャスティングを聞いた人は皆そう思ったに違いない。
しかし、実際映画を見たら、「全然 あり」なんですな。
これぞ、ガイ・リッチーマジック!

初日 @丸の内ルーブル

この作品、今年に入って、とあるニュースで話題になった。
ロバート・ダウニーJr (以下 RDJ) のTVトークショー(デビット・レターマン・ショー)でのコメント。
「映画の中に、ホームズとワトソンの同性愛が背後に描かれている」


これがアメリカでのホームズ物の著作権を持つ アンドレア・ブランケット の怒りに触れた。
「私は同性愛者に敵意を持っているわけではないが、
ホームズの本の精神に忠実ではない人には敵意を抱きます」


というわけで、チロ的には 一体 ”どんだけのもん” なのか、期待いっぱいで見た。

その点は別にして、楽しかった!

とにかく従来のイメージを覆す人物設定に驚かされる。
そこには神経質で理知的なホームズはいない。ヘタレでずぼらで暴れん坊。
一方、ワトソンも同様、ドンくさいワトソンでなく、有能で強くて頼れてかっこいい・・・。

RDJって、今までどっちかと言うとチロ的にダメダメな人だったけど、これ、今までで一番良かった。
この人歳とってからの方がいい気がする。
ジュード・ロウも my食わず嫌い王の一人なのだが・・・いいじゃん!

というわけで、主役の二人のコンビネーションもバッチリの 痛快アクションムービーとなった。


holmes04.jpg


キャスティングと言えば、不満はホームズが生涯唯一愛した女性といわれる アイリーン・アドラー役 レイチェル・マクアダムス。
なんか、超チープでビッチな女優なんすけど。
ま、従来のイメージを覆すという点では、これもありなのかも。

holmes02.jpg



今回の見どころは、ワトソンの婚約が決まって、それにジェラシーの炎を燃やすホームズ っすね。ぐへぐへ。

「ワトソンの婚約者は二人の同性愛をカムフラージュするための存在かもしれない」
RDJはそうジョークを飛ばした。


え、そうじゃないの? ジョークじゃなくてって話。

いやまあ、感じる人は感じればいいし、何も感じない人はそのままアクションムービーを楽しめばいい作品だと思います。


――ワトソンは、ホームズという ”悪女” に惚れた男みたいなもの。
イライラさせられ、トラブルに巻き込まれると分かっているのに
彼を放っておけないんだ。


ヘイ、ジュード! ジュード・ロウ うまいこと言うねえ。


===
ところで、続編もあり? というエンディングだったが、先の アンドレア・ブランケットが

「続編でリッチー監督がホームズとワトソンの関係が ”友だち以上のもの”であることを
少しでも匂わせた場合、映画化の権利をはく奪する」


とコメントしているので、続編ありってことですね。

で、RDJとジュードは、このところインタビューの発言に気を使っているようです(笑)

ガイ・リッチーはこれで、「さげまん」マドンナの呪縛から解き放たれたかも。
ガイ、起死回生の一作。



ガイ・リッチー 今回のどの出演者よりも男前!!
この人 イングランド王 エドワード一世の末裔なんだと。

holmes07.jpeg


空手・柔道(黒帯)・ブラジリアン柔術をやってると聞いてたけど、ほんとにやってたんだ。
ますますステキ・・・(よだれ)

holmes08.jpg

ちなみにプレミアでは、チェルシーのファンだって。






フィリップ、きみを愛してる!PageTopはなのすきなうし

Comment

知らなかったよぉ・・

そんな裏があるなんて・・・マークストロングがみたいなぁと思っていたんだけど、ジュードにしても、RDJにしても、食指が動かなくて・・見に行きそうに無いんだけど・・・う~ん。
そうかぁ・・知らなかったわ。チロさんに感謝であります。

でも、何で著作権のある方、そんなにムキになってるのかしら??

RDJも良かったけど

皆さんが「イマイチ」とおっしゃるRDJ好きのたみきですw
もう昔っからのファンですから、なんだか復活してやたらと人気が出て来た事に嬉しい反面戸惑いがありますが。やっぱりこの人上手いんだもの。
と、ほぼこの映画はRDJ目当てに観に行ったんですけど、
立ち居振る舞いが、やたらとカッコいいJLの方が
かなり気になってしまったですw
英国英語もステキだったし。
でもたぶん、立ち居振る舞いの他に、ホームズに対する
そんな感じの感情がちょろっと見え隠れしてるところが
よかったのかも(笑)

私もそんな記事があったのを読んで知ってたんですが、
鑑賞時にすっかり忘れてて。
しばらくホームズの感情の意味が解りませんでした(苦笑)
完全に匂わせてますね~
そして、パンフでコメント書いてる大槻ケンヂの文章が笑えます。
その事にも触れてるし。

■TOMCATさん

>ジュードにしても、RDJにしても、食指が動かなくて・・
あれ、TOMにゃんさん、RDJファンじゃなかったでしたっけ?

> そうかぁ・・知らなかったわ。チロさんに感謝であります。
「そういう目線」で見ると、なかなか楽しめる作品だと思いますよ。

> でも、何で著作権のある方、そんなにムキになってるのかしら??
そうだよね。大人気ないよね。
スルーしていればいいのにね。
ジュードは、RDJのジョークだから、とフォローしてるみたいだけど。

■たみきさん

> 皆さんが「イマイチ」とおっしゃるRDJ好きのたみきですw
> なんだか復活してやたらと人気が出て来た事に嬉しい反面戸惑いがあります

いきなり復活だよね、このところ。どうしちゃったんだ・・・?ってかんじ。

> JLの方がかなり気になってしまったですw

ジュード、良かったよね!! 
ワトソンがホームズに鉄拳!?つうのも新鮮。

> ホームズに対するそんな感じの感情がちょろっと見え隠れしてるところが

みょーにいろっぽい空気があって、いいかんじに仕上がってる。

> 完全に匂わせてますね~

あからさまにしていないところがいいんだよね。匂わせてるとこがさ。
でも、感じない人は何も感じないらしいよ。
ま、人それぞれですからね。


Commentの投稿

 管理人だけに表示する

プロフィール

ナンシー☆チロ

Author:ナンシー☆チロ
映画と本のつれづれ日記。
マイナー路線でごめんなさい。
サッカーも好き☆
過去記事へのコメントも歓迎です。
尚、宣伝目的や記事に関連のないリンク・コメント・トラックバックなどはこちらで削除させて頂きますので、ご了承下さい。

追記・その他

  (2017/07/15) 「FATHERS」に追記あり。 プーン役のAsda Panichkulは元MTVアジアの人気VJで東南アジアでは有名人。 ユク役のNat Sakdatornはタイのタレント発掘番組で優勝した実力派シンガーソングライター。

リンク
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ(タブ)

最近のトラックバック
カテゴリ
カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード

QRコード

RSSフィード