Dr.パルナサスの鏡

[Dr.パルナサスの鏡]
(2009/THE IMAGINARIUM OF DOCTOR PARNASSUS)



dr04.jpg


人々の隠れた欲望を形にする魔法の鏡「イマジナリウム」を出し物に一座を率いて旅するパルナサス博士は、かつて一人娘を16歳の誕生日に悪魔に差し出すことを条件に永遠の命を手に入れていた。娘の16歳の誕生日が3日後に迫る中、博士は新たに一座に加わった青年トニーとともに最後の賭けに出る。



3月は怒涛のような映画月間でした。
アカデミー賞前に滑り込みで見たのと、授賞式後見たい映画が一挙に公開されたのと、取りこぼしていた作品を駆け込みで見たのと。
第1週と4週は、週4本見てた。はーはーぜーぜー
こんなに見たのって生涯初かも。
記事をさくさくUPしないとたまっちゃうよ~ どうしよう。
なのでこれから びしびし UPしていく予定でおます。


ということで、
1月から公開されていて、今ごろやっと行ってキタ。

@新宿ピカデリー

まだしぶとく公開している新宿ピカデリーにもオドロキ! だけど
いまだほぼ満席だった、というのにも オドロキ!

この作品、なんといっても ヒース・レジャー の遺作ということが注目だわよね。
しかも撮影途中で亡くなったヒースの残されたパートを今をときめくトップ俳優の三人が演じるという、これ以上ないおいしい展開!



本編の方は、テリー・ギリアム ワールド 全開!!
キッチュで華やかで毒のある、イマジネーション豊かな映像となった。

劇中に出て来るイラストレーションや「暴力大好きな君、ぜひ警官に!!」
というブラックな警官募集のナンバーは、<モンテイパイソン> をホーフツとさせ、パイソニアンをにんまりさせる。

Monty Python's Flying Circus. Saemtliche Worte I.Monty Python's Flying Circus. Saemtliche Worte I.
(1998/07)
Eric Idle、

商品詳細を見る


さて、ヒース演じるトニー役のパートである。
3人が代役なんて ありっすかあ!? と誰もが思うでありましょう。
ところが――
うまく出来てんのよ、これが!

映像は、現実世界とDr・パルサナスの鏡の向こうの世界を描く。
この「鏡の向こうの世界」は現実ではない、いわば幻想世界なので何でもありなのだ。
だからこの世界で、トニーの顔がいくつあってもすんなり受け入れられる。
むしろ謎の多い、裏の顔を持つトニー役を、何人かの役者で演じるというのは理にかなっているかも。

ヒースは幻想世界の撮影部分を残して亡くなった。
今となっては、うまくパズルが収まった。

ヒースはとってもチャーミングだ。特にハンサムというわけではないのに。
続くジョニー・デップは、”スケこまし”っぽい魅力でぴったり!
ジュード・ロウ、胡散臭い匂いをふりまいてぴったり!
コリン・ファレル、ワル! とにかくワイルドでワルでぴったり!

これをヒースが一人で演じていたらどうだったか? 見てみたかった。
尚、この三人の俳優がギャラをヒースの遺児に贈ったという泣かせる話までついている。デキすぎ!


dr03.jpg

dr01.jpg

dr02.jpg


映画の最後に、「ヒースとその仲間たちから皆さんへこの映画を贈ります」
という文句に思わず目頭・・・。



dr08.jpg
マチルダちゃん、こんなに大きくなりました・・・



これ、どうして 「PG12」なのかわからんかった・・・。
15歳の少女の喫煙シーン??
最近のレーティングの基準ってよくわからんぜ。


一座の一人、パーシー役 ヴァーン・トロイヤーは、<オースティン・パワーズ> ミニミー役の人。
身長 81cm

dr06.jpg

博士の娘役 リリー・コール とってもキュート  だった。 (今リンメルのモデルやってる)
彼女は学業優秀、ケンブリッジだって!

dr09.jpg



Dr・パルナサスのアナクロ的演し物に、昔昔、浅草で見た見世物小屋を思い出した。
蛇を丸のみするヘビ娘や、熊娘などインチキくさくて良かったな。

dr05.jpg



シェルターPageTopボルゲーゼ美術館展

Comment

こんばんわ~

私も劇場即行った口じゃないけど、そこそこ楽しんできました。プラマー伯父さんだし。

最近チロさんのところにお邪魔する度に、お勉強して・・・かえっちゃう(笑
やっとコメントできる話題で、嬉しいです。
って、あたしのコメントなんてなんの内容も無いけど・・・

今日はベンキングズレーとマックスフォンシドー伯父様の台詞廻しに感動しました。素敵ですわ。ベンキングズレーはマーリンかサンダーバードの悪役にしか見えませんけどねぇ・・・

■TOMにゃんさん

> そこそこ楽しんできました。プラマー伯父さんだし。
全然記事で書かなかったけど、クリスファー・プラマー、元気だったよねえ。

> 最近チロさんのところにお邪魔する度に、お勉強して・・・かえっちゃう(笑

それは、申し訳なかったッス

> って、あたしのコメントなんてなんの内容も無いけど・・・
いえいえ! いつもコメントありがとうございます☆

> 今日はベンキングズレーとマックスフォンシドー伯父様の台詞廻しに感動しました。
<シャッターアイランド>ですか? 
いいですねえ、二人とも。オヤジスキーにはたまりません。
ベン・キングズレーって、なんだかセクスィ~ 
この二人がでちゃったら、デカプー、かすんじゃったんじゃないの?

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

プロフィール

ナンシー☆チロ

Author:ナンシー☆チロ
映画と本のつれづれ日記。
マイナー路線でごめんなさい。
サッカーも好き☆
過去記事へのコメントも歓迎です。
尚、宣伝目的や記事に関連のないリンク・コメント・トラックバックなどはこちらで削除させて頂きますので、ご了承下さい。

追記・その他

  (2015/8/24) 「怒り」に追記あり。

リンク
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ(タブ)

最近のトラックバック
カテゴリ
カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード

QRコード

RSSフィード