ブルーノ

「ブルーノ」
(2009/Bruno)


bruno05.jpg


大騒動を起こしてヨーロッパのファッション業界を締め出されたレポーター、ブルーノが、ハリウッドに渡ってセレブになろうと一念発起。ところが彼が編み出した“チャリティ活動作戦“や“養子をもらう作戦“などの計画は、行く先々で周囲をの怒らせてしまい……。


サシャ・バロン・コーエンが、ゲイのファッションレポーターに扮すると聞き、これまた楽しみにしてました。
画像を見ても ”なり切り”だし。
いる! いる! ってかんじ。(K●BA。ちゃんっぽいよね)
さて、どんな作品なのかしら?

@新宿バルト9


・・・
・・・
(また出た! 言葉にならない時の「・・・」)

なんて 悪趣味で、おゲレツ なのかしら!?

なんだけど、政治的だったり風刺が効いていたりして一筋縄ではいかない映画。
サシャ・バロン・コーエンのプロフィールを見ると、
イギリス生まれ、ケンブリッジ卒 
とある。
むむ・・・大いに納得。

サシャ・バロン・コーエン的ポイントは、
”オーストリア人の” ブルーノが、”アメリカで”  有名になる為には?
というとこだと思う。
異国人視点でアメリカのあれこれを指摘しているとこがミソ。
(全編オーストリアなまりの英語をしゃべる)

有名人=セレブ になる為には、社会貢献・世界平和よ!
イスラエルに乗り込んで、モサドやパレスチナの政治家(ホンモノ)に会う。
ブルーノの挑発的発言にヒヤヒヤしっぱなし。心臓に悪いよ。
アルカイダのテロリストに会って、ビンラディンの悪口を言ったりさ。

セレブのまねっこをして、養子をもらったり。
「i-pod と交換したのよ」 と言い、世間を挑発する。
(→ 「マドンナも金で養子を買ったじゃないの」と発言し、マドンナを激怒させたとか)

bruno02.jpg


見ていて、周りの人の反応がみょーにリアルで、
「どこまで仕込みで、どこまでマジなのか?」
と思っていたら、映画に登場する人たちは全員ブルーノが実在の人物だと思っていて、そのリアクションは全て ”ガチ”だそうな。

いわば体を張った 突撃取材、突撃撮影で、実際逮捕されたこともあったらしい。

有名人(ホンモノ)がいろいろ出て来る。が、アメリカでは有名だけど日本では今イチよくわからない人もいて、ちょっともどかしい気がした。
だからアメリカではいいだろうけどさ、日本でウケるのかなあ、この映画・・・と思わないでもない。
彼のブラックな笑いは、明らかに日本の笑いと異質だ。
つーか、よく日本で公開されたと思うよ。

bruno03.jpg
ポーラ・アブドゥル(モノホン)へのインタビュー。
メキシコ人の ”ファニチャー”に大爆笑!




セレブの総仕上げとして、最後にブルーノがやるのが、チャリテイソングのレコーディング!
ここに集まるサブライズゲストが!!!!
超衝撃!! 超ド級!!
こういうノリがさすが UK!   参りました!

bruno06.jpg セレブ レコーディング中!



これは問題作だよなあ。R-15だけど、R-18でもいいんじゃないの?
これと<フィリップ、きみを愛してる> が、同じR-15って納得できな~い。

bruno01.jpg ほんとはこんな人



ウエスト・サイド物語PageTopシェルター

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

プロフィール

ナンシー☆チロ

Author:ナンシー☆チロ
映画と本のつれづれ日記。
マイナー路線でごめんなさい。
サッカーも好き☆
過去記事へのコメントも歓迎です。
尚、宣伝目的や記事に関連のないリンク・コメント・トラックバックなどはこちらで削除させて頂きますので、ご了承下さい。

追記・その他

  (2015/8/24) 「怒り」に追記あり。

リンク
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ(タブ)

最近のトラックバック
カテゴリ
カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード

QRコード

RSSフィード