長崎乱楽坂

「長崎乱楽坂」 吉田修一

長崎乱楽坂 (新潮文庫)長崎乱楽坂 (新潮文庫)
(2006/12)
吉田 修一

商品詳細を見る


風呂上りの火照った肌に鮮やかな刺青を躍らせた猛々しい男たちが、下穿き一つで集い、日々酒盛りに明け暮れる三村の家。人面獣心の荒くれどもの棲む大家族に育った幼い駿は、ある日、若い衆が女たちを連れ込んでは淫蕩にふける古びた離れの家の一隅に、幽霊がいるのに気づくのだった。湾の見える町に根を下ろす、昭和後期の地方侠家の栄光と没落のなかに、繊細な心の成長を追う力作長編。


これ、2年くらい家で寝かせておいたのだった。

<悪人>からの勢いで、やっと読むことが出来ました。


吉田修一は、芥川賞受賞作 <パークライフ> や、<春、バーニーズで> に見るような都会を舞台にした、いわばスタイリッシュな作品を書く一方で、地方を舞台にした土着性の強い作品もある。
今作はそんな一作。
短編6話の連作。

長崎のとある町、父を事故で失った駿は、母方の実家である三村家に母と弟と三人で身を寄せる。
三村家は侠家で、毎夜男たちが酒盛りに明け暮れていた――

三村家に来た時は7歳、小中高と、駿の成長と共に、三村家の栄光と没落を描く。


――「どや? 坊主たちの死んだ父ちゃんのと、どっちが太かや?」


第一話の書き出しからして、男たちのむせかえるような匂いや息遣いが感じられる。
この作品は、「男の世界」 の物語である。

文庫の解説を書いた 川村湊 は、
(年長の男たちを慕う)駿のホモセクシュアルな性向(セクシャリティー)は、三村家の環境の中で育まれた と読み解く。

私は若い時に自殺した叔父・哲也は実はホモセクシュアルだったのではないかと思っている。
自殺の原因は明らかにされないが、彼のセクシャリティーと無縁ではなかったかと。
吉田修一は、匂わせてるよねえ。(あくまで匂わせる範疇内です。為念)

最終話だけ、それまでの駿ではなく、弟・悠太視点になっている。
これは駿がもはや物語の視点足りえない存在ということなのだが、こういうところがやはり吉田修一はうまいなあ、と思うのだった。
長崎弁がリズムよく心地いい一作。


今読むと、駿というキャラクターに、<悪人> の清水祐一が重なるところもある。
父の不在、一度母に捨てられ、そして(年寄りのいる)「家」 にからめ取られ逃れられない。
心の中に言いようのないうっ屈を抱えている・・・。
なんてところが、ちょっと似とるやろ?

眺めのいい部屋PageTop追記あり : シングルマン @東京国際L&G映画祭 

Comment

荷物に入れました、悪人。ありがとう★ 読み終わったら記事引っ張りだしてコメント書きます!

ところで、この本のカバー絵、やばいよね~~~~
そう見えるアタシっておかしい?(w

■ばるこ女王

> ところで、この本のカバー絵、やばいよね~~~~
> そう見えるアタシっておかしい?(w

あ、そっか! そゆうことか!?
そう見えるアタシ=すばらしいよ! ユアハイネス

この表紙から、チンピラの話かよ、とずーっと思ってた。
こういうシーンはないのよね。実際。

>ホモセクシュアルな性向
を表現していたのか!? 
言われてわかったという不覚・・・

> 読み終わったら記事引っ張りだしてコメント書きます!
ありがたきお言葉、ユアハイネス

いちはし

そういう話題が出ていたのかもしれないけど
この人に、市橋物語を書いて欲しい。
実名入りで。

映画化になったら、しゃ~ない、引退した”似ていた”と言われた野郎を引っ張り出してやろうじゃないの。

悪人で一気にファンになりましたわ。
チロちゃん、ありがとう♪

しかし、なんだな、文庫本の増刷がすごいね!!!
印税が大変です(←他人の懐を心配してるw)

■ばるこ白みるくさん

> この人に、市橋物語を書いて欲しい。
> 実名入りで。

それは興味深いね。
あ、いちはしって二丁目潜伏の噂があったよね、そいえば。
そりゃあ、やばいなあ。吉田修一が書くとなると。やばい、つーか読みたい!!!

> 映画化になったら、しゃ~ない、引退した”似ていた”と言われた野郎を引っ張り出してやろうじゃないの。
背格好もぴったりかも。

> 悪人で一気にファンになりましたわ。
> チロちゃん、ありがとう♪
吉田修一はあんまりハズレはないと思うよ。

> しかし、なんだな、文庫本の増刷がすごいね!!!
> 印税が大変です(←他人の懐を心配してるw)
ほえ、今何刷くらいなんだろう?
チロも、映画化ってどれくらいお金もらえるんだろ?とおもた。
しかも、脚本も書いとるし。
印税、何に使ってるのだろう。たしかどくしんのはず。

文庫は

去年の11月30日初版、今年の9月(チロちゃんからもらった♪)ですでに9版です。ちょ~だいよ、一部w

頂いた本は、ありがたくこちらの日系企業のおっちゃんたちに回します。。。あ、刺激が強すぎる描写かしらん そうでもないわよね ケケケ

■ばるこ白みるくさん

> すでに9版です。
ほえ~~、すげー!!!
朝日文庫、映画化ですごい宣伝かけてたもんね。
社員にボーナス出るかも。

> ありがたくこちらの日系企業のおっちゃんたちに回します。。。
それはすばらすぃ~ですね。ばんばん回してください。

>あ、刺激が強すぎる描写かしらん そうでもないわよね ケケケ
おっちゃんたちはもっとシゲキ的なのを回してるんじゃあないの?

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

プロフィール

ナンシー☆チロ

Author:ナンシー☆チロ
映画と本のつれづれ日記。
マイナー路線でごめんなさい。
サッカーも好き☆
過去記事へのコメントも歓迎です。
尚、宣伝目的や記事に関連のないリンク・コメント・トラックバックなどはこちらで削除させて頂きますので、ご了承下さい。

追記・その他

  (2017/07/15) 「FATHERS」に追記あり。 プーン役のAsda Panichkulは元MTVアジアの人気VJで東南アジアでは有名人。 ユク役のNat Sakdatornはタイのタレント発掘番組で優勝した実力派シンガーソングライター。

リンク
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ(タブ)

最近のトラックバック
カテゴリ
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード

QRコード

RSSフィード