ショック療法

「ショック療法」
(1972/フランス/Traitement De Choc)


ショック療法〈無修正〉ニューマスター版 [DVD]ショック療法〈無修正〉ニューマスター版 [DVD]
(2010/04/24)
アラン・ドロンアニー・ジラルド

商品詳細を見る


若さと美貌を取り戻そうと、海辺の療養所を訪れたエレーヌ。院長・ドヴィレールの診療によって彼女は活気を取り戻していくが、その裏には恐ろしい事実が隠されていて…

K's cinema でのアラン・ドロン映画祭ではスタンプ・ラリーをやっていて、先日の <黒いチューリップ> で2ポイント貯まり、特別上映作品の招待チケットをもらいました。(最後の1枚だった)
で、観たのがこの作品。(特別上映作品は招待のみ一回きりの上映)
すごい画期的なサービスだよな。こんなサービス今まで見たことない。
ソンケーだよ、K's cinema。

【アラン・ドロン生誕75周年記念映画祭】 @新宿K's cinema その3



会社経営者のエレーヌは友人の紹介で海辺の高級クリニックにやって来る。
ここに滞在すると若返りと美しさが保てると評判のところ。
滞在客は金持ちばかり。しかしここには何か秘密の匂いが・・・。


この作品は当時ドロンのオールヌードばかり話題になったような。
当時はもちろんバッチリ修正だったはず。
ドロンファンはさぞじらじらもどかしい思いをしたでありましょう。
当時は、「モテる男は、”持ってる”モノが違う」 とかなんとか言われて、
「ほほう、そうなのかあ・・・」 と想像たくましくしたけど・・・。
今回の上映は、ニュープリント無修正版。
モテる男の ”持ってる”モノはどうだったのか?
(さわりの画像は こちら にあるけど・・・期待しないでネ!)


肝心の本編、サスペンスミステリ仕立てになっていて、けっこコワかった。
主演は、アニー・ジラルド。

エレーヌにここを紹介したジェローム(♂)、二人は仲良しで、
「今日は一緒のベッドで寝ましょう」
とか
「ドヴィレール先生ってステキなんだ 
なんて言ってて、 「????」 と思ってたら、

「僕がゲイじゃなかったら、絶対君と結婚するのにな」
というセリフで納得でっす。
この時代、ゲイがキャラクターとしてふつーに登場するって画期的だったんじゃないのかなあ。


ところでこのクリニック、サウナや海で全員平気でゼンラになる。
他のゲストもいるのに・・・最初エレーヌも戸惑うのだが、開放的空気にすぐ慣れてしまう。
'70年代のこの時代って 「フリーセックス」 とかいう言葉があったよなあ。そういう流れってことなんだね。(これって死語だよねえ?)

さて、アラン・ドロン、この時37歳、そろそろ円熟期。
ドロンはクリニックの院長。享楽主義でクリニックのゲスト(♀)全員と寝てるし。
「無料サービスさ」 なんて言ってたけど、ジェロームとも寝てたのかも。
ドロンなら男も女も食っちゃいそうだもんなあ。

野心家で謎めいていて悪の匂いがあるこの役にぴったり。
厚みの増したドロンの肉体を堪能できる一作。

choc05.jpg




若者のすべてPageTop黒いチューリップ

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

プロフィール

ナンシー☆チロ

Author:ナンシー☆チロ
映画と本のつれづれ日記。
マイナー路線でごめんなさい。
サッカーも好き☆
過去記事へのコメントも歓迎です。
尚、宣伝目的や記事に関連のないリンク・コメント・トラックバックなどはこちらで削除させて頂きますので、ご了承下さい。

追記・その他

  (2017/07/15) 「FATHERS」に追記あり。 プーン役のAsda Panichkulは元MTVアジアの人気VJで東南アジアでは有名人。 ユク役のNat Sakdatornはタイのタレント発掘番組で優勝した実力派シンガーソングライター。

リンク
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ(タブ)

最近のトラックバック
カテゴリ
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード

QRコード

RSSフィード