どじょっこの歌

「どじょっこの歌」
(1961/日活)


若く美しい保母に扮した浅丘ルリ子が、世の荒波にもまれながらも純愛をつらぬく感動作。
薄倖のヒロイン・浩子をルリ子が、浩子が思いを寄せる青年に高橋英樹が扮している。保母として働く戦災孤児の芹沢浩子は、入院先で院長の弟の高行に出会う。二人は急速に親しくなり、将来を誓うが、戦災孤児を理由に高行の両親に反対され…。
監督:滝沢英輔


邦画ってのは、見始めると麻薬のようにはまってしまう。
おもしろくなってキタ!


【銀幕スター列伝 浅丘ルリ子 純愛映画祭り】 その2




(冒頭、東京タワー展望台から地上を見下ろす男 フラッシュバック)

――浩子さん、ここには800万人の人間が住んでいるんだ
君や僕も入れてね
だけど僕にとって必要なのは、その内のただ一人
君だけだ

――私にとっても大切なのは、その内のただ一人
高之さん、あなたよ

――じゃあ僕たちはかけがえのない どじょっことふなっこだ


はあああ??? 何だそれ!? 
大体、浅丘ルリ子純愛映画で、「どじょっこの歌」 つうタイトルはありっすか!?
この時代の邦画って、こういうちょっとトンチキなことがよくある。
しかしこの作品は、この童謡をテーマにしているマジメな映画です。

戦争孤児で教会で育ち保母をしている浩子は、大病院の息子 高之と恋に落ちるが、高之の親から身分違いと反対され・・・。

貧しくも健気な薄幸の女性をルリ子さんが熱演。
首が折れそうに細くて長く、昔うちにあったフランス人形を思い出した。
昔はどこのうちにもあったよね、フランス人形。

”ある事件” から教会を飛び出した浩子は、家と職を失う。
(→ 浩子は兄弟のように育った牧師の息子に求婚される。
高之に嫉妬し逆上した息子は酔った浩子を、浩子の純潔を・・・(以下自粛)

仕事を探すが、ふた親がいないということでことごとく断られてしまう。
この時代はそういう風潮があったんだわね。
今の世の中、多様性が認められて来たという点ではいいこともあるな。

そんな浩子をみかねて、安アパートの向かいの住人、バンドのラッパ吹き(小沢昭一)が店で歌ってみないかと誘ってくれる。→ 小沢昭一が軽妙でいい

店で歌っていると、彼女の行方を捜していた高之が飛び込んでくる。
「ここは日本人は入れないよ」
店は米軍オンリーのクラブだった。
1961年だとまだこういう店があったのね。

さてこの作品は、ルリ子さんはもちろんステキなのだが、ルリ子ファンのチロがあえて言おう。

高橋英樹  が素晴らしい!!

クレジットに 「新人」 とあるから、デビウまもなくであろう。
とにかく鮮烈な印象、きらめいている。
その若さがまばゆい。
高之というキャラクター、金持ちのボンボンで、単純・浅慮・独りよがり(純粋、ともいうが) なのだがそれさえも許せてしまう魅力がある。
三島由紀夫のいう 「魂と肉体だけの男」 を久しぶりに見た。

共演 : 高之のイヤミな両親に、三津田健と東恵美子 → この時代の舞台俳優は品格があるな。
高之の理解ある兄に 葉山良二 → またもいい人の役

浩子さん、高之と一緒でほんとに幸せになれるのかしら・・・
ルリ子ファンはちと心配な一作。

画像は、neco のサイト ご参照。



アカシアの雨がやむときPageTop霧に消えた人

Comment

■姫

またまたコメント拍手メルシーでごんす。うれしいな。

>「魂と肉体だけの男」
いえいえ、乾杯は三島由紀夫先生にお願いします(テレ)
しかしこの言葉って三島以外にはなかなか出て来ない形容ですよね。
素晴らしい形容だと思ふ。

爆笑ありがとう!(笑)
そのまんま爆笑してください。

若い時の英樹って何か崇高な思いさえする特別な存在だなと思った。
日活アクションの賞味期限は63年までと思っているので、この後に活躍する(?)英樹はあまり見ていないのだ。(任侠ものを二三見たくらいで。大体任侠もの苦手・・・)今回ちょっと反省。

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

プロフィール

ナンシー☆チロ

Author:ナンシー☆チロ
映画と本のつれづれ日記。
マイナー路線でごめんなさい。
サッカーも好き☆
過去記事へのコメントも歓迎です。
尚、宣伝目的や記事に関連のないリンク・コメント・トラックバックなどはこちらで削除させて頂きますので、ご了承下さい。

追記・その他

  (2017/07/15) 「FATHERS」に追記あり。 プーン役のAsda Panichkulは元MTVアジアの人気VJで東南アジアでは有名人。 ユク役のNat Sakdatornはタイのタレント発掘番組で優勝した実力派シンガーソングライター。

リンク
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ(タブ)

最近のトラックバック
カテゴリ
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード

QRコード

RSSフィード