新春浅草歌舞伎2011

「新春浅草歌舞伎2011」


今年も、恒例 <新春浅草歌舞伎> です。

第二部 15:00 @浅草公会堂

今年はお馴染みのメンバーが減り四人に。
春猿などが客演しています。


kabuki07.jpg



今年もつつがなく新年を迎え、新春浅草歌舞伎を見ることができました。
ありがたいことです。
(毎年このフレーズを使い回しております)


さて、演目は以下通り :

一、 壺坂霊験記(つぼさかれいげんき) 

病気を患い盲目となった座頭沢市が、女房お里による献身と愛の深さから観世音菩薩の功徳を受ける。
明治時代に人形浄瑠璃として初演された、夫婦の深い情愛を描いた物語。


タイトルは知っているけど、話はよくわかんねっつうのがいっぱいある。
これもそんなひとつ。こういう話だったのか・・・。

沢市というキャラは、今の言葉で言うと 「ヘタレ」 ですね。
盲目で貧乏の自分にイジけ、美人で優しい妻・お里に引け目を感じている。
あげく、自分がいない方がお里の為と身投げしてしまう。
今見るととんだ 「ヘタレ」 だけど、昔の尺度だと妻を思うゆえの 「愛」 となる。
夫の死に驚き嘆き悲しむお里は後を追う・・・。

そんなあぁぁ・・・ あまりにあまりの展開じゃあないのおぉ・・・。
と思っていると、そこに観世音菩薩(子役が演じる。カワイイ!) が現れ、夫婦愛とお里の信仰の深さに免じて、二人は生き返り、沢市の目は見えるようになる。ちゃんちゃん。
信心は大切ですよ、というお話。
 沢市 ・・・ 愛之助  お里 ・・・ 七之助 というキャスティング

           
二、 黒手組曲輪達引(くろてぐみくるわのたてひき)
   忍岡道行より三浦屋裏手水入りまで    
   浄瑠璃「忍岡恋曲者」  
 


これまた物知らずなもので全く知らなかったのですが、この 「黒手組助六」 というのは、歌舞伎十八番 「助六」 の、いわばパロデイ版として書かれたそうな。
本家を知っているとより楽しめるが、知らずとも十分楽しい演目。(もちろんチロは知らない人)

亀治郎が三役早替わりを演じるのだが、特に序盤の二役はマジックのような早替わりで、一瞬何が起きたのかわからず、口がポカンと開いてしまった。
後から考えると単純なフェイクなのだが、客を楽しませる歌舞伎の手の内に感心しちゃうのだった。

本編は、助六が父の仇を探すというシンプルなストーリー。
助六 ・・・ 亀治郎  その恋仲 三浦屋揚巻 ・・・ 七之助

七之助さんの花魁 揚巻がまばゆいばかりに美しい。
眼福。寿命が三年延びました。

そして最大の見せ場は大詰めの水入り。
父の仇 鳥居新左衛門(亀鶴)を討った助六は、追っ手から逃れ巨大な用水桶に身を隠す。
水がタプタプと入っているのが客席からも見え、そこにズブズブと入って行く。

ぎゃあ~~ 寒い~~! やめてえ~!!

夏ならまだしも真冬ですよおおおおおおお
用水桶から水が汲み出され、ザバンザバンと客席にも水がまかれます。
(その前の休憩時、前方の客席にビニールが配られてた)

この水入りは、二十二年ぶりの上演とのこと。
役者の意気を大いに感じ、どっぷり楽しんだ新春浅草歌舞伎なのだった。


楽しいお芝居を観た後、「飯田屋」にて どじょう鍋を食べました。
それもこれも世の中が平和であればこそ。
今年も LOVE&PEACE を願うチロなのでした。
ピース、ブラザー  

===

浅草公会堂前、スターの手形広場には、先ごろ亡くなった 富十郎さんと高峰秀子さん の手形に花が手向けられていました。合掌。

kabuki01.jpg
   さよなら、デコちゃん


しあわせの雨傘PageTop約束の葡萄畑~あるワイン醸造家の物語

Comment

>壺坂
勘九郎(現勘三郎)の沢市で見たことがあります。
お里は福助だったかな。
うひょ~~マジですか!?という展開ですが、昔の人は学校ではなくて、こういう浄瑠璃で倫理・道徳を学んだのねという・・・。
お正月の浅草にふさわしいハッピーエンドだと思います。

黒手組は見たことないです。

亀治郎の助六って・・・。
七之助の揚巻はいいだろうな~。

さよならデコちゃん(涙)
カッコいい大人だった。


■ゆっきー

> 勘九郎(現勘三郎)の沢市で見たことがあります。
> お里は福助だったかな。
同じ演目を違う配役で見比べたりするのもお楽しみだよね。
勘三郎のヘタレっぷりははまるだろうな。福助のお里も合ってる。

> 昔の人は学校ではなくて、こういう浄瑠璃で倫理・道徳を学んだのねという・・・。
なるほど~ おっしゃる通り。

> 亀治郎の助六って・・・。
調べたところ、
四世市川小団次が、歌舞伎十八番助六を演じることを望んだが、その柄でないとして、黙阿弥がこの作品を書き下ろしたという。
器用だが小柄な役者 小団次の為に書き下ろしたというのなら、今回の亀治郎はぴったりなのか、と納得。

> 七之助の揚巻はいいだろうな~。
七之助は華がありますね。

> さよならデコちゃん(涙)
> カッコいい大人だった。
うん、カッコよかった! デコちゃんはちょっと別格。

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

プロフィール

ナンシー☆チロ

Author:ナンシー☆チロ
映画と本のつれづれ日記。
マイナー路線でごめんなさい。
サッカーも好き☆
過去記事へのコメントも歓迎です。
尚、宣伝目的や記事に関連のないリンク・コメント・トラックバックなどはこちらで削除させて頂きますので、ご了承下さい。

追記・その他

  (2017/07/15) 「FATHERS」に追記あり。 プーン役のAsda Panichkulは元MTVアジアの人気VJで東南アジアでは有名人。 ユク役のNat Sakdatornはタイのタレント発掘番組で優勝した実力派シンガーソングライター。

リンク
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ(タブ)

最近のトラックバック
カテゴリ
カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード

QRコード

RSSフィード