しあわせの雨傘

「しあわせの雨傘」
(2010/FRANCE/POTICHE)


potiche01.jpg


ブルジョワ主婦のスザンヌは、雨傘工場を経営する亭主関白な夫ロベールと優雅で退屈な毎日をおくっていた。ある日、心臓発作で倒れたロベールに代わり、スザンヌが工場の運営を任されてしまう。彼女は主婦ならではの感性で、傾きかけていた工場を見事に立て直すが……。

今年の劇場映画一発目は、フランソワ・オゾン新作のこれ!

@ TOHOシネマズシャンテ

正月をはさんで12月・1月にオゾン作品が公開された。
12月公開の <Ricky> あっちゅーまに公開終了しちまって見逃した!
暮れの忙しい時期に公開するのはやめて欲しいなあ。
(するなら年明けまでやっててよ)

カトリーヌ・ドヌーブ = ジャージ姿 ・・・
この二つ、この世でもっとも対極にあると思われる。
映画ファンなら、「何なのこの映画??」 と思うに違いない。

観終わって一番感じたのは、ドヌーブの、フランソワ・オゾンへの全幅の信頼、二人の絆の深さ。
世界の映画界で今、ドヌーブにジャージを着せられるのはオゾンしかいまい。
又、オゾンはそのドヌーブの信頼に応え、スクリーンに彼女の魅力を最大限に描いた。

原題: 「POTICHE」= 「ポティッシュ」 は、暖炉や棚の上に飾られる贅沢で豪華だが実用性のない花瓶やツボのこと、転じて、美しいが夫の陰に隠れ、自分のアイデンティティーを持たない女性に対して軽蔑的に用いられる。

ブルジョアマダムのスザンヌは、まさに 「ポティッシュ」 だったが、夫が心臓発作で倒れたのを機に、雨傘工場の経営を任されることになり、新しい自分をみつける・・・。

物語の前半は、ヘアスタイルもファッションもコンサバティヴな ”ブルジョア主婦” のスザンヌが、経営手腕を発揮し、自立した女性として目覚めて行く後半には、ヘアやファッションはもちろん、身のこなしや表情もすっかり変わって行く。

そんなスザンヌを、カトリーヌ・ドヌーブは圧倒的な存在感で演じる。
若い時のドヌーブは、死美人のような美しさだったが、歳を重ねた今の方が私は好きだ。
ダンスもするし、最後は歌まで歌う、ドヌーブ大活躍よ!
ドヌーブをこんなにいきいきと撮ってくれるのはオゾンを措いて他になし。

今回のヘアや衣装は、ドヌーブと衣装担当 パスカリーヌ・シャヴァンヌ が、意見を出し合って作り上げたそうな。
オープニングのジャージ姿は、ドヌーブの意見が反映された。

―― 映画のトーンを決める為に、最初のシーンに何か突飛なものが必要だったの


おみごと!


アルモドヴァルといい、ゲイの監督って、どうしてこんなにみごとに女性賛歌の映画を作るのかしら。
横暴で浮気な夫、裏切られたと勝手に逆ギレする昔のオトコ、オゾンの男への目線はキビしいゾ!

男社会への皮肉や、スザンヌの娘の生き方など奥行きのある描き方がうまい。
→ 娘は「ママのようなポティッシュには絶対なりたくないの」と言っていたのだが、結局は仕事をあきらめ自分は家庭に入ることになる。


さて、フランソワ・オゾンと言えば、どこにその ”かぐわしいゲイテイストのかほり” があるかというのが楽しみでもある。 くんくん 
スザンヌの息子 ローランは、当初婚約者とラブラブで結婚間近であった。
(その婚約者は ”わけあり” で、”なぜか” ローランのパパは大反対するのだが・・・)
最初はブルジョワのボンボンだったローランだが、母の仕事を手伝う内、己の生き方を方向転換して行く。
そしていつのまにか婚約破棄し、行きついた先は・・・
相手のカレが美青年でした 
(実はそのカレも笑える ”わけあり”)

ローランを演じる ジェレミー・レニエ、<約束の葡萄畑>(1/03) の主役だった。
こちらは骨太なワイン職人だったが、今回はいかにもオゾン仕様のメンズになっていて笑ってしまった。
オゾンってこういうキャラ、好みだよね。

potiche05.jpg

potiche04.jpg
脱いでもスゴい!


あと、娘役 ジュディット・ゴドレーシュ、こういうブロンド娘キャラもオゾンの定番。
時代設定が1977年なので、ファラフォーセット・メジャース風ゴージャスヘアが懐かしい(笑)

potiche02.jpg


大いに笑えるおしゃれな秀作。
フランソワ・オゾンファン大満足の一作。
やはり、オゾン、ただ者ではない。


potiche03.jpg
相変わらずキュートなオゾン☆


関連記事 :
「エンジェル」

愉快なフェリックスPageTop新春浅草歌舞伎2011

Comment

たぶん初オゾン

私も先日観ました~。
たぶん「初のオゾン作品」だと思います。
今年のじゃなくてね、今までで。

私も「リッキー」は見逃しました。
観たいと思ってた作品は大概観てるのだけど、
これと「ゲーマー」と「エクスペリメント」は見逃したな。

今までなんでオゾン作品観てなかったのか、
自分でもよくわからないんだけど、
これから過去作品を観てみようかと思いましたよ、ええ。

やっぱりセンスが素敵だなあと。

ジェレミー・レニエの息子役が良かったっす。
脱ぐと凄いのな~w
小技の効いた笑いがたくさんあって、とても楽しめました。

ところで、劇場(シャンテ)は相当年齢層が高かったけど、
これは「徹子の部屋」にドヌーヴが出たからですかね?
目の前に新しくできたスタバの店内は、この映画を観るために待ってた人ばかりだったのが笑えました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

■たみきさん

> たぶん「初のオゾン作品」だと思います。
> これから過去作品を観てみようかと思いましたよ、ええ。
見てくださいよ~~

> 私も「リッキー」は見逃しました。
> 観たいと思ってた作品は大概観てるのだけど、
最近たみきさん、怒涛の映画ライフだもんね(笑)

> ジェレミー・レニエの息子役が良かったっす。
> 脱ぐと凄いのな~w
ばるこさんの好きな腰骨筋(?)が魅力的☆

> 小技の効いた笑いがたくさんあって、とても楽しめました。
そうそう、がはは!という笑いじゃなくてね。

> やっぱりセンスが素敵だなあと。
とりあえず、「焼け石に水」なんかどうかなあ。

■アンソニーちん

見に行って~~!!

ランプリングどうでしたか~?
良かったなら次回に行こう。
言われて今一度プログラム見直したら、
三島原作の「肉体の学校」、見ないとだめでしょ。
「女が一番憧れる職業」もちょっとおもろそう。コメデイだし。

次は22日ですね。よろぴくね。

みてきました!!(ようやくアップ)
おもしろかったよ。

リンクさせてもらっちゃってマス。

TBよろしく!!

■アンソニーちん

今コメントしてきたよ~~ん!

こんなに楽しいオゾン作品は他にないかも。
思えばオゾンっていろんな作風のもの撮ってるなあ。
TBありがとでした~

別件ですが
さっき三越でモンシュシュの堂島ロール買ったら、
モンシュシュの袋が「しあわせの雨傘」だった。タイアップばしよる。
ジャージのドヌーブがバラに縁どられてる(笑)
ジャージだけどやっぱり華麗なのはなぜ?(加齢じゃなくて)

これもオゾン監督の作品です

チロル'Sアップにて見てみました

何でもお任せのわいですが、’70年代ファミリー映画(ママに任せて奮闘記)が苦手で、アメリカンインテリア(サイケな壁紙など)やファッションも好みじゃないのです
が、おフランス風オゾン監督の大道具、小道具、ファッション全てが美しく魅力的でやっぱり大好きだわ
これって全てオゾン監督の趣味、嗜好だわね


冒頭からの赤いジャージ姿のキュートなドヌーブ様に、心惹かれてしまいましたわ
>オープニングのジャージ姿は、ドヌーブの意見が反映された
そうなんだ、ドヌーブ様にそんなきらいがあったなんて
のったりしたジョギングや小動物にうっとりした姿は何故かおかしさを覚えるのだけれど、今後の人物像としての大切な布石よね

最初は飾り壺だったスザンヌから会社での実力を発揮しだす過程のファッションも見ごたえがあるのよね(フワフワからカッチリへ 髪型も)

>横暴で浮気な夫、裏切られたと勝手に逆ギレする昔のオトコ、オゾンの男への目線はキビしいゾ!
だよねー
スザンヌは会社経営を追われてしまうが、どっこい政界に進出してしまい夫はへたれてしまうし
貞淑な妻と勝手な評価を覆されて男ども激怒も、飄々としてるスザンヌの女の力カッコいいわよね

ローランとちょっとだけ出演の彼にラブを感じて良いのかしらん

スザンヌは飾り壺ではあったけれども、中身は空っぽじゃなっかたという「POTICHE]でした
とにかく、ほぼほぼお年のドヌーブ様の華麗さをもってしての映画ではないかと思うのです

面白かったわ
フランス語ってこんなに素敵だったかしら、お勉強したくなったわよ


■けんちゃん

この作品はオゾンの中でも特に好き☆

>おフランス風オゾン監督の大道具、小道具、ファッション全てが美しく魅力的でやっぱり大好きだわ
ヴィスコンティからアルモドバル、ゲイの監督の美意識は特別!
オゾンは本国フランスでも絶大な人気があるそうで、衣装やメーキャップ、コスメなどハイブランドの協力が得られいっそう良質の作品となるのだと思います。

> ローランとちょっとだけ出演の彼にラブを感じて良いのかしらん
さりげないラブ感もかえってニヤリとさせられます。

> とにかく、ほぼほぼお年のドヌーブ様の華麗さをもってしての映画ではないかと思うのです
年を重ねてまた存在感あり。どぬーぶ あっぱれ!

> フランス語ってこんなに素敵だったかしら、お勉強したくなったわよ
けんちゃん、がんばって!うちにいっぱいテキストあるよw

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

プロフィール

ナンシー☆チロ

Author:ナンシー☆チロ
映画と本のつれづれ日記。
マイナー路線でごめんなさい。
サッカーも好き☆
過去記事へのコメントも歓迎です。
尚、宣伝目的や記事に関連のないリンク・コメント・トラックバックなどはこちらで削除させて頂きますので、ご了承下さい。

追記・その他

  (2017/07/15) 「FATHERS」に追記あり。 プーン役のAsda Panichkulは元MTVアジアの人気VJで東南アジアでは有名人。 ユク役のNat Sakdatornはタイのタレント発掘番組で優勝した実力派シンガーソングライター。

リンク
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ(タブ)

最近のトラックバック
カテゴリ
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード

QRコード

RSSフィード