ソーシャル・ネットワーク

「ソーシャル・ネットワーク」
(2010/THE SOCIAL NETWORK)


social02.jpg


世界最大のSNS、フェイスブック誕生の裏側を描いた伝記ドラマ。ハーバード大学在学中にフェイスブックを立ち上げた主人公たちが、一躍有名人となり巨万の富を築くものの、金や女、裏切りの渦に巻き込まれていくさまを映し出す。



マーク・ザッカ―バーグという人にもさほど興味ないし、青臭い若者ばかり出るし、完全スルーしていたら、先日発表されたゴールデングローブ賞で、主要四部門を受賞したではないか!?
→ 作品・監督・脚本・作曲賞
とーぜん、オスカー最有力と思われ、急遽見にいってキタ。

@新宿ピカデリー

久しぶりの新宿ピカデリー、シアター1というのは初めて。
デカい! こんなにデカいキャパのとこも久しぶりだ。→ 580席
(常日頃マイナー映画ばかり見ているもんで)



おもしろい! スゲーおもしろい!!

カノ女にフラれた腹いせから、ハッキングするオープニングからどんどん話に引き込まれて行く。
フェイスブック創設までのエピソードと、二つの裁判が時間軸を交錯して描かれる。

もともと 「ハーバードの学生名鑑サイト」 のアイデアを持っていた金持ちエリート ウィンクルボス兄弟(双子)。
マークに手伝ってくれと声をかけるが、生返事のまま。いつのまにかマークは自分で名鑑=フェイスブックを立ち上げてしまう。
ウィンクルボス兄弟はアイデアの盗用だと怒る。
一方、マークのルームメイト、エドゥアルドは、フェイスブックの共同創立者であるが、フェイスブックが巨大化して行く内、その主流からはじき出されてしまう。

二件の裁判の原告はこの二組、期せずして彼らは富裕層で金に困っているわけでない。
両者に共通するのは 「コケにされた」 という思いだろう。
フェイスブックがただの 「学生名鑑」 で終っていたら、こういった裁判は起こされなかったであろう、
一大ビジネスになった為に、人々の欲望、陰謀、裏切り渦巻くことになる。
(アイデアの盗用・・・ウィンクルボス兄弟からするとそう言えるかも知れないが、マークの中では ”全く別個のもの"、彼には独特の美意識があるのだ)

この作品の魅力の一つは、デビッド・フィンチャ―のスピード感溢れる演出にある。
とにかく疾走感があり、心地よいドライヴ感に興奮しっぱなし。
そして脚本、これがいいよ。緻密に構成されているんだわ。→ アーロン・ソーキン
主役のマークに代表されるマシンガントーク、溢れだす言葉の数々。
これもこの作品の売りのひとつ。
主演ジェシー・アイゼンバーグくんもよくがんばった! あっぱれ!

===
 「この世で一番幸せな人は、幸せのハードルが低い人」
観終わった時この言葉が頭に浮かんだ。
今や世界で6億人のユーザー、企業価値4兆円。
巨万の富を得ながら、ザッカ―バーグ自身の孤独を描く。
多くを得る者は同時に何かを失うのだ。
彼は今何に幸せを感じるんだろう?

個人的には、主演のジェシー・アイゼンバーグ、<ゾンビランド> で気弱なおタク青年を演じていたのに・・・。
たいした出世ぶりにおばちゃん、うれしいよ。

双子のウィンクルボス兄弟を演じた アーミー・ハマー。一人二役だったのね。
デカプリオがFBI初代長官エドガー・フーパーを演じるクリント・イーストウッド作品 <J.Edgar> にも出演している。(これはいつ全米公開?2012年?)
これから ”来る” かもね。


social01.jpg   美丈夫!



”うさんくさい大人” 代表 を演じたジャスティン・ティンバーレイク。
彼も年とったってことか。

social03.jpg


しかしさ、今が旬の実在の人物を映画化してしまうって早いよな。
映画ではどうしようもないヤツに描かれてるけど、ほんとのザッカ―バーグはそれほどヤなヤツじゃないらしいよ。

「彼らの様な若者の作り出すシステムで生活する将来は気が重いな。
私はもっと触れ合いや奥ゆかしさのある生活がしていたい」

たもたものご意見が実にごもっともなのだった。


パーティ★モンスターPageTopワイルド・サイド

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

プロフィール

ナンシー☆チロ

Author:ナンシー☆チロ
映画と本のつれづれ日記。
マイナー路線でごめんなさい。
サッカーも好き☆
過去記事へのコメントも歓迎です。
尚、宣伝目的や記事に関連のないリンク・コメント・トラックバックなどはこちらで削除させて頂きますので、ご了承下さい。

追記・その他

  (2017/07/15) 「FATHERS」に追記あり。 プーン役のAsda Panichkulは元MTVアジアの人気VJで東南アジアでは有名人。 ユク役のNat Sakdatornはタイのタレント発掘番組で優勝した実力派シンガーソングライター。

リンク
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ(タブ)

最近のトラックバック
カテゴリ
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード

QRコード

RSSフィード