イップ・マン 葉問

[イップ・マン 葉問]
(2010/香港/葉問2/Ip ManⅡ)


ip02.jpg



ブルース・リーの師匠である伝説のカンフー・マスター、イップ・マンの激動の半生に迫る人間ドラマ。中国本土から香港に移り住み、中国武術の達人としておごることなく謙虚に生きた男の生きざまを映し出す。


ぴあの出口満足度調査(初日)で1位だったという評判の一作。
やっと行ってキタ。

@新宿武蔵野館


あああああああ すげーおもしろかったあああああ!!!

ドニーのアニキがかっちょよすぎて泣けてキタ・・・


「ブルース・リー 唯一の師匠」

葉問(イップ・マン) という武術家を説明するのに、これほどわかりやすいものはない。
そして、これほどインパクトのあるものもない。

ブルース・リーの師匠・・・一体どういう人なのか?

その人を 甄子丹(ドニー・イエン) が演じるとわ!?

こりゃ、期待度MAXでしょう!
果たして・・・


期待を上回るおもしろさ!!
こんなにおもしろい香港アクション映画、久しぶりに見た。

1950年、香港にやって来た葉問は武館を開くが、香港武術界を仕切っているホン(サモ・ハン・キンポー)と対立。
香港で武館を開くには、香港の師匠たちと闘い、認められなければならない。

この作品のキモの一つが、ドニーのアニキとサモ・ハンの対決シーン。
ドニーのアニキの体技は相変わらず速く美しく、見ていて知らず涙が出て来る。
この対決の後、奇妙な友情で結ばれた二人だったが・・・

そしてもう一つの見せ場は、終盤の英国人ボクサーとの死闘。
中国武術の名誉の為に、葉問は闘うのだった。

それまで悟りの境地であるかのような静かな師匠が・・・。
リングの上で熱い血潮滾る ”漢” になったドニーのアニキにハゲしく萌え~~!!
もう涙なくしては見られません。

ip01.jpg

ウイルソン・イップの演出はスピーディーでキレがあり、カメラワークもいい。
なにかすごく新しい香港アクションを見た気がした。

が、何よりこの ”葉問” というキャラが立っている。
まだ若いのに既に老成している。静かなのにキョーレツなオーラがある。
これを演じられるのは、香港映画界といえど、ドニーのアニキしかいまい。
アニキ自マンのナイッスバデイも見たいけど、今回は裾の長い中国式衣装がなんともストイックで、たいそうセクスィ~  なのだ。

以前からドニーのアニキは、日本代表 長谷部誠(ヴォルフスブルク)に似てると思っていたけど、アジアカップ直後だったので、よけいにアニキと長谷部の顔を脳内で重ね合わせてしまいました。


さて今作にはもう一つ我的お楽しみが・・・。

師匠の一番弟子となるレオンを演じた 黄暁明(ファン・シャオミン) 男前!!
ダニエルが出た <女帝 エンペラー> に出ていた時からツバつけといたわよ。
とにかく人目を引く美形だもの。
そしたら中国で 「最も美しい中国人」 に選ばれたそうな。
ふた昔くらい前の二枚目風? いえ、クラシカルな顔立ち、イコール 普遍的に美しいとも言える。
これはチェック!

ip03.jpg


女帝[エンペラー] コレクターズ・エディション(2枚組) [DVD]女帝[エンペラー] コレクターズ・エディション(2枚組) [DVD]
(2007/12/07)
リー・ビンビン、チャン・ツィイー 他

商品詳細を見る


野蛮な英国人ボクサーを演じた ダーレン・シャラヴィは、20年前にロンドンで開かれたドニー・イエンのセミナーに参加したことがあるそうな。
アニキの虜だったのね。(もともと香港映画ファンだった)
アニキとの共演、念願かなってさぞハッピーでありましょう。

===
ところでこの作品、原題を見ていただくと、<葉問2> とある。
つまり <1> があるのです。
<葉問 序章> (’08) は、葉問が香港にやって来る前のお話。
残念ながら日本公開が見送られておりました。

が、新宿武蔵野館では、<イップ・マン 葉問> の観客動員が5000人を突破すると、これを公開してくれるのだ。
2月7日の時点で、あと786人。
皆さん、是非見に行ってください。

ip06.jpg


個人的には、鄭則士(ケント・チェン) を久しぶりに見られて嬉しかった。この人全然変わらないね。

ip05.jpg



(以下 ネタばれあり・・・)

この物語のラスト :
闘い終わって、家にいた葉問の元に弟子入り志願のこどもがやって来る。

――名前は?
――李小龍(レイ・シウロン)
――(優しく微笑んで)大きくなったらまたおいで


ぐはっ! なんてニクい演出、ウイルソン・イップ やるなあ!
今年度myBESTランクイン決定!
(このコがまたコ生意気な顔して、ブルース・リーにクリソツなんだわ)


ip04.jpg

ドニーのアニキ、体が大きくないとこがいいんだよね。
妻役 熊黛林(リンホン) デカい!

アニキ~~、どこまでもついて行きますぜ~!! ぐふぐふ(← 誰?)


関連記事 :
<シャンハイ・ナイト>

 【祝】 公開決定!『イップ・マン―序章―』PageTopトム・フォードのラブよ、永遠に

Comment

田舎町に住んでるものでして、鑑賞することができません

その昔活躍したクレージーキャッツの谷啓と三波伸介を合わせたら、鄭則士のような顔立ちになるのでしょうか。顔立ちで判断すれば包容力があり、ギャグを連発、いざという時には、しっかりものという感じがしました。

香港ではなく台湾の女性歌手ですが、現在私は彼女に夢中です。イイ声しているとお思いになりませんか。

http://www.youtube.com/watch?v=NZEbpf6EoCk

■通行人さん

> 谷啓と三波伸介を合わせたら、鄭則士のような顔立ちになるのでしょうか。

うまい!! 
たしかに、「ガチョーン&びっくりしたなあ、もう」ですね。

>顔立ちで判断すれば包容力があり、ギャグを連発、いざという時には、しっかりものという感じがしました。
あら、どうしてわかっちゃうのかしら?
今回も香港サイドの警察幹部役だったのですが、最後においしいとこ持っていっちゃいました。

> 香港ではなく台湾の女性歌手ですが、現在私は彼女に夢中です。イイ声しているとお思いになりませんか。

また、レアな映像紹介ありがとうございます。
たしかに、いい声ですね。
台湾や香港、韓国は、いい歌&いい歌い手がいるなあ、と思います。
これ、NHKハイビジョンなのね。どういう番組だったのかしら。

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

プロフィール

ナンシー☆チロ

Author:ナンシー☆チロ
映画と本のつれづれ日記。
マイナー路線でごめんなさい。
サッカーも好き☆
過去記事へのコメントも歓迎です。
尚、宣伝目的や記事に関連のないリンク・コメント・トラックバックなどはこちらで削除させて頂きますので、ご了承下さい。

追記・その他

  (2017/07/15) 「FATHERS」に追記あり。 プーン役のAsda Panichkulは元MTVアジアの人気VJで東南アジアでは有名人。 ユク役のNat Sakdatornはタイのタレント発掘番組で優勝した実力派シンガーソングライター。

リンク
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ(タブ)

最近のトラックバック
カテゴリ
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード

QRコード

RSSフィード