砂糖菓子が壊れるとき

「砂糖菓子が壊れるとき」
(1967/大映/When the Cookie Crumbles)


千坂京子は肉体派女優というレッテルのもとにスターの座を得た女だった。その派手な男性遍歴の経験からも、私生活と銀幕から与える京子のイメージは肉体派にふさわしいものと思われていたが・・・。


<文豪と女優とエロスの風景> その5 @神保町シアター


<ひめゆりの塔> の巨匠、今井正が、文子サマを主演に迎えた作品。


映画女優 千坂京子は仕事もなく金に困り、ヌード写真を撮影する。
その金を母の入院費に充てるのだった・・・


というところから物語は始まる。

文子サマの作品を見ていつも思うのは(記事にも何度も書いているんだけど)、文子サマはどんな役をやっても実にそれらしく役にハマる。
温泉街の女医、健気な従軍看護婦、しゅうとを翻弄する嫁・・・などなど。
しかし今回は冒頭からなんだかしっくりと来ない違和感があった。
なんだろう? こんな感覚はじめて。

その後京子は業界の大物(志村喬)に気に入られ、人気スターになっていく・・・


途中でこのストーリーは、マリリン・モンローのライフストーリーをなぞらえたものと気づく。
睡眠薬の常用、京子の熱烈ファンの大物野球選手(藤巻潤)との結婚・離婚、その後に現れたインテリ作家(田村高廣)・・・

こういった大筋だけでなく、細部のエピソードも似通っている。
当時の夫であった大物野球選手が、妻が大衆のセックスシンボルであることに嫉妬する場面など。

ジョー・ディマジオは、ビリー・ワイルダー <七年目の浮気> のあの有名なシーンの撮影に立会い激怒したと言われている。

「それも然り、なぜならマリリンはスカートの下に何も着けていなかったのだから」

と書いていたのは、ワイルダーだったか?
(わがケネス・アンガーだと思っていたら違った! いつもこの流れになってる気がする・・・)

モンローは下着を着けないのを好んでいたようで、ケネス・アンガー <ハリウッド・バビロン> には、その ”証拠写真” も載っている。

cookie01.jpg
映画に残されているシーンはちゃんと下ばきをはいてます。ご安心ください。


インテリ作家・五来(=アーサー・ミラー)は、妻の主演映画の脚本の手直しに追われ自身の作品を執筆出来ない、とか、赤ちゃんが欲しくてたまらなかった妻だが何度も流産してしまう、といったディテイルも。
そういえば冒頭の母も、”精神科” に入院していると言っていたっけ。
過去に撮ったヌード写真が、売れっ子になってから大騒ぎになるというのもある。

原作は曽野綾子、脚本 橋田寿賀子。
こういうのって小説としてありなのかなあ。
というより先の展開がわかっちゃってなんかしらけちゃった。
もちろん、先の展開がわかってもおもしろく見られるものもあるけど。

チロ的には、京子の友人兼付き人 春江を演じた 原知佐子(実相寺昭雄夫人)が見られて嬉しかった。
原知佐子って好きなのだ。

京子の男遍歴の俳優たちもにぎやか。
志村喬(業界の大物)、津川雅彦(新聞記者)、船越英二(大学教授)などなど。
尚、作家五来の妻は、<眠れる美女> と同じくまた山岡久乃。

PageTop愛の渇き

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

プロフィール

ナンシー☆チロ

Author:ナンシー☆チロ
映画と本のつれづれ日記。
マイナー路線でごめんなさい。
サッカーも好き☆
過去記事へのコメントも歓迎です。
尚、宣伝目的や記事に関連のないリンク・コメント・トラックバックなどはこちらで削除させて頂きますので、ご了承下さい。

追記・その他

  (2017/07/15) 「FATHERS」に追記あり。 プーン役のAsda Panichkulは元MTVアジアの人気VJで東南アジアでは有名人。 ユク役のNat Sakdatornはタイのタレント発掘番組で優勝した実力派シンガーソングライター。

リンク
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ(タブ)

最近のトラックバック
カテゴリ
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード

QRコード

RSSフィード