キッズ・オールライト

「キッズ・オールライト」
(2010/THE KIDS ARE ALL RIGHT)


kids01.jpg


18歳のジョニ(ミア・ワシコウスカ)は、母親ニック(アネット・ベニング)と父親が同じ15歳の弟・レイザー(ジョシュ・ハッチャーソン)、レイザーの母親ジュールス(ジュリアン・ムーア)の4人暮らし。少し変わった家族だが、幸せな生活を送っていた。
ある日、ジョニは大学進学を機に、レイザーと会ったことのない父親に会いに行く。しかし、このことが2人の親にばれてしまい、家族に少し異変が起き始め…。


レズビアンカップルの物語。
主演のアネット・ベニングはゴールデン・グローブを受賞。
アカデミー賞にもノミネートされた。
見たいなあと思ってたら試写が当たった!
当日はこれまた試写が当たったアンソニーちんと合流、一緒に観た。

@東商ホール


気を抜くと、このところついアジア映画の記事ばかりUPしちゃう気がする・・・。
ということでこれをUP!





ニック(アネット・ベニング)はドクター、家計を支え完璧主義でこどもたちにも厳しい。まさに一家のパパ。
ジュールス(ジュリアン・ムーア) は、家事担当。やり甲斐のある仕事を持ちたいけどうまくいかない。
姉ジョニはニックの娘、弟レイザーのママはジュールス。
二人とも同じ人から精子の提供を受けたので血が繋がっている。
レイザーはパパに会いたくて、ジョニと二人でパパ=ポールに会いに行く・・・。


レズビアンカップルと二人のこども、その家族に精子提供者であるパパが絡んでの、あれやこれやの物語。
これ、レズビアンカップルという設定自体はちょっと変わってるけど、この作品自体は家族の絆を描いた普遍的テーマの物語だ。
中年のレズビアンカップルをヘテロの夫婦に置き換えても問題はない。(もっともそうするとあまりにありふれた話になっちゃうけどね)


kids02.jpg


映画を見てて一番思ったのは、レズビアンのカップルはわりと容易に自分のこどもを持つことが出来るんだなあ、ということ。
こども欲しい欲しいゲイカップルが苦労する映画をいろいろ見たのでなおさら。
しかもこのカップルはそれぞれこどもを産んで、しかも同じパパなんて。
居心地のいい家、カワイイ二人のこども、恵まれた一家だよ。


kids05.jpg


この ”一見” 平和で幸せそうな家族(”一見”というところがミソ)の闖入者となるポール。
オーガニックレストランのオーナー、気ままなシングルライフをエンジョイしているが、50を目前にこの家族に出会う。
それまでの自由な毎日は色褪せ、自分もあたたかい家族が欲しいと思い始める。

このポールというキャラが興味深い。
ルールに囚われない自由主義者、なかなかに魅力的。こどもたちも彼に惹かれる。
日本にはあんまりいないタイプだよなあ。
ポール役 マーク・ラファロ、いつ見てもむさくるしい。(だから画像も上げないよ)
チロのタイプじゃないけど、この役には合っていた。

アネット・ベニングはレズビアン特有の ”どことないパサつき感” (←以前レズビアンの人が言っていた形容)があって、”っぽい” かんじが出ていた。

コメデイセンスも良く、「レイザーがゲイ?」 とママたちが疑惑を抱くくだりなど爆笑!
笑わせながらも、巣立っていくこども、二人が築いてきた年月、かけがえのない家族の絆がきっちり描かれてほろっとさせられる。


さて、レズビアンネタがちょこちょこある。
最近ごぶさたね、とベッドの二人が見始めたエロビデオは、なんと マッチョなゲイポルノ!
ええーーーっ、なんでゲイポルノなのおおおおお?!
と思っていると、後日寝室でこれをみつけたレイザーが代わって訊いてくれる。

――レズビアン物を見ればいいじゃないか!?

――だって、レズビアン物はストレートの女の人たちがやってるから
ウソくさくていやなのよ


ほえ~、そんなものなんかい!?
いやにリアリティがあるな。そういえば監督は女の人だった。
リサ・チョロデンコ

<Lの世界> の監督!? はああ、そゆことか。
Imdbによると、リサはロングタイムコンパニオン、ウエンデイとの間に一子あり。
精子提供を受けての出産。その私生活のエピソードが今回のプロットになった。
この作品は、ウエンデイと息子カルダ―に捧げられている。

kids03.jpg リサリサ


Lの世界 シーズン1 (SEASONSコンパクト・ボックス) [DVD]Lの世界 シーズン1 (SEASONSコンパクト・ボックス) [DVD]
(2010/05/28)
ジェニファー・ビールス、ローレル・ホロマン 他

商品詳細を見る



優等生の長女役 ミア・ワシコウスカは <アリス・イン・ワンダーランド> から一転、ふつーの女のコになっていた。
→ さらに髪をショートにしてまた別人 カワユス☆

kids04.jpg


原題の <THE KIDS ARE ALL RIGHT>、 こどもたちは、案外しっかりしてて大丈夫 (だけど、大人たちの方こそどうなのさ?) ってことなのかな。




映画 肉体の学校 (フランス版)PageTopゲゲゲの女房

Comment

お世話になりました!!

>日本にはあんまりいないタイプだよなあ。
ポール役 マーク・ラファロ、いつ見てもむさくるしい。(だから画像も上げないよ)

あはは!!
毛むくじゃら画像しかなかったよ。


>”どことないパサつき感”

そういうのか!!
勉強になります。

TBよろしく。

■アンソニーちん

おつかれさまでした~

> あはは!!
> 毛むくじゃら画像しかなかったよ。

とか言いながら、アンソニー宅ではラファロ画像をけっこーUPしてるじゃねえか(笑)

> >”どことないパサつき感”
> そういうのか!!
> 勉強になります。

これは当事者じゃないとなかなか言えない、わからない形容だよね。
ありがたい形容、いただきました~

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

プロフィール

ナンシー☆チロ

Author:ナンシー☆チロ
映画と本のつれづれ日記。
マイナー路線でごめんなさい。
サッカーも好き☆
過去記事へのコメントも歓迎です。
尚、宣伝目的や記事に関連のないリンク・コメント・トラックバックなどはこちらで削除させて頂きますので、ご了承下さい。

追記・その他

  (2015/8/24) 「怒り」に追記あり。

リンク
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ(タブ)

最近のトラックバック
カテゴリ
カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード

QRコード

RSSフィード