孫文の義士団

「孫文の義士団」
(2009/中国+香港/十月圍城/Bodyguards and Assassins)


sonbun02.jpg


清朝末期の香港。革命家・孫文の暗殺計画を阻止し、孫文を守る使命を受けたのは名もなき8人の民だった……。
激動の辛亥革命を舞台に贈る、歴史アクション・エンタテインメント。


当日までわからないシークレットゲストのトーク付き特別試写会、アンソニーちんが誘ってくれました。
いつもどうもありがとう☆

@シネマート六本木

ここの3Fは今や試写会場なんですね。

震災から約1ヶ月のこの日、M7クラスの地震が来るという話があり、リンダ、ほんとにコワくてコワくて・・・ビビりまくってたの。
でもシークレットゲストがどうしても気になるじゃあないの。
一体誰が来るのかしら?
こんな時に海外から来てくれるのかちら?
・・・
こんな時に・・・海外??
あら、リンダ、いやな予感が・・・。

さてこのゲストについては既にテレビ等で報道され、ご存じの方もいらっしゃると思いますが、また、のちほど。

さ、本編、本編。

清朝末期の香港、腐敗した王朝打倒を掲げる革命家孫文を守る為集まったたった8人の義士団。
西太后が仕向ける500人の暗殺団とどう戦うのか。


あ、なんだか <300> みたいな話ね。

今年2011年は、辛亥革命100周年だそうでございます。
アジア映画界の総力を結集した歴史アクション超大作!
たしかにアジア・オールスターキャスト!

ドニーのアニキ、レオン・ライ、ニコラス・ツエ―、レオン・カーファイ
ファン・ビンビン(サントリー烏龍茶)、フ―・ジュン、エリック・ツアン、
サイモン・ヤムヤムも!

今回のドニーのアニキは、<葉問> のストイックな顔から一転、ダメ男・・・。
バクチ好きが高じて女房に逃げられぐだぐだ。
女房は実業家リー・ユータンと再婚、ある日ドニーの元へやって来て、リーユータンを守ってくれと言う。
リー・ユータンは孫文の協力者で身の危険があり、実はアニキが知らない間にアニキには娘がいたのだった。

この話の泣かせどころは、アニキは革命などという高邁なものの為でなく、自分の娘の為に戦ったというところ。
最後はユータンに娘のことを託して死んで行く(涙)

そもそもこの義士団は、ユータンが孫文の為にかき集めたもので、孫文=革命という大義より、ユータンに対する ”義” の方が大きいように思う。
ユータンの家の車夫ニコラス・ツエ―のエピソードも涙をさそう。
ニコラスは忠義心溢れる車夫を熱演。顔に傷がある役で、最初、え、これニコラスゥ~?? と思った。
やんちゃなニコラスもこんな役をやれるようになったのね。リンダ、しみじみしちゃう・・・。
→ この役で香港電影金像奬助演男優賞を受賞!! 

ことほどさように、革命の影にはさまざまな人間ドラマがあったという話。

sonbun01.jpg
アニキの元女房 ファン・ビンビン きれいです。(娘もめんこい

ドニーのアニキの体技は素晴らしく、あまりにワザが早すぎて、リンダ、何が何だかわからなかったりするの・・・。こまっちゃう☆
レオン・ライがかつて愛した女性(今は亡き)としてミシェル・リーがカメオ出演。
今も変わらず美しい・・・。(最近出産したばかり)

そのオールスターキャスト、その製作の舞台裏は、スターの調整が大変だったらしい。
組み合わせが問題で、”合う合わない”があり、まるでパズル。
とうとう監督の陳徳森 (テディ・チャン) が倒れてしまい、製作の陳可辛 (ピーター・チャン) が代わりを務めた。
ピーター曰く、「今回学んだのは、役者は誰でもややこしい。言い換えるとややこしいからスターなわけで」
→ その甲斐あって、作品賞・監督賞含む香港電影金像奬8部門受賞!


===
さて、冒頭のサプライズゲストは、
最近被災地慰問にも行って、”義” に篤い ロケンローラー 内田裕也さんでした。
(にしても、このゲストって・・・超強引だよね

と、記事をあげていたら、内田さん逮捕の報が。
歳を取っても、ロケンローラーはいつまでもエッジイ!ってこと?

POWER TO THE PEOPLE!


A LOVE TO HIDEPageTopスティング

Comment

そっくりサン

ポスター左端の男性は井出らっきょ似だと思います。

■通行人さん

> ポスター左端の男性は井出らっきょ似だと思います。

帽子を取ると、頭がらっきょ、もっと似ています。

こんにちは

>そのオールスターキャスト、その製作の舞台裏は、スターの調整が大変だったらしい。

ほぇ~それぞれ、各国のスターたちだから、それはそれは、すっごく大変だったろうねぇ。

私が一番役得と思ったのはリーユータンかな。

■アンソニーちん

> ほぇ~それぞれ、各国のスターたちだから、それはそれは、すっごく大変だったろうねぇ。
ドニーのアニキなんかめちゃくちゃわがままそうだよ。
ニコラスも相変わらずやんちゃしていそうだ。

> 私が一番役得と思ったのはリーユータンかな。
ほんと、役得だったね。
でもこの人すごくカンロクがあった。
中国の俳優さんなんで私はよくわからないけど。
香港アカデミー賞助演男優賞にもノミネートされてた。
ニコラスの方に行っちゃったけど。
あまりにおやじなので、最初はファン・ビンビンのお父さんで、出戻って来てるんだと思った。

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

プロフィール

ナンシー☆チロ

Author:ナンシー☆チロ
映画と本のつれづれ日記。
マイナー路線でごめんなさい。
サッカーも好き☆
過去記事へのコメントも歓迎です。
尚、宣伝目的や記事に関連のないリンク・コメント・トラックバックなどはこちらで削除させて頂きますので、ご了承下さい。

追記・その他

  (2015/8/24) 「怒り」に追記あり。

リンク
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ(タブ)

最近のトラックバック
カテゴリ
カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード

QRコード

RSSフィード