短篇集A ~君がいるから

「短篇集A ~君がいるから」

shortA01.jpg


2年に一度開催される 「アジアン・クイア映画祭」、今年は前回の40席というキャパからぐっと拡大、シネマート六本木での上映です。
当初は5月に開催予定だったもの。震災の影響で延期、7月開催となりました。

1st ラウンドは、7月8日~10日、
2nd ラウンドは今週末、15日~17日なので、興味のある方はぜひどうぞ。

【第3回 アジアン・クイア映画祭(2011)上映作品】




今年の一発目は、短編集です。

1・ランドリー・クイーン/THE QUEEN (2009/USA/8min.)
クラスではみ出し者韓国系アメリカ人ボビー、プロムナイトの前、両親のクリーニング店で店番をしていると、プロム・クイーンとそのカレシが来て、ドレスを預けて行く。
ボビーは妄想の中で、プロム・クイーンに変身し、イケメンのカレシと踊る・・・。
トボけた味わいが楽しい短編。

2・ナイトタイム・バタフライ/NIGHT TIME BUTTERFLIES (2009/イスラエル/29min.)

姉を亡くしたヨナサンは、ある夜ふと友人(ドラァグ・クイーン)と姉の恋人を訪ねる・・・。
なぜヨナサンは実家に帰らずカートを持ってあちこちを渡り歩いているのか?
ちょっとわかりづらかった。
でもま、ヨナサンがちょっとかわいいかんじだし、いっか☆(そういう問題か?)
→ TOP画像がヨナサンでっす
姉の恋人バリもちょいいい男で、イルハン・マンスズを思い出した。
その夜、ヨナサンとバリは一夜を共にするのだが・・・。
さみしい者同士慰め合う気持ちからなのか?
ヨナサンはずっとバリに想いを寄せていたのか?
ちょっともやもや・・・

3・スウイング/SWING (2009/シンガポール/8min.)
男が二人公園で待ち合わせ、ブランコなんかに乗っている。
――あれ持って来てくれた?
――持って来なかった
――なんで? うそ?
と追いかけっこを始める (いちゃこらこいてるとも言える)
”あれ” とは何か? ”あれを思い出にする” ということは?
何が言いたいのかさっぱりわからず。
パンフを見ると、この二人は2週間前に別れたカップルで、一人がもう一度会わないかと誘うが・・・とある。
え、そんなシチュエーションだったの!?
わかるか、そんなの!? (ドンっ!)
「別れた恋人同士の複雑で微妙な関係性を描いた」 そうな。
レオン・チュオは、シンガポール新進気鋭の監督とのこと。うーむ・・・。
もやもや・・・

4・セイント/LE SAINT (2007/FRANCE/17min.)
・・・
・・・
これがなぜクイア映画なのかわかんない・・・。
コ汚いおっさんが、タイトルにもある「セイント」(=聖者)で、両性具有っぽい存在だから??
もやもや・・・


5・アジュンマ!正気なの???/AJUMMA! ARE YOU KRAZY???
(2009/USA/26min.)

この短編集、いくつかのわかりづらい作品にもやもやしていたところ、この作品で、
ぱあ~~~!!! と晴れました。
こりゃ、痛快、爽快!

「アジュンマ」:韓国語で 「おばちゃん」 親しみを込めた言い方。
舞台はハワイ、ジュデイら三人のアジュンマは、大の韓流ファン。

ajumma03.jpg


ある日イケメン韓流スター マイケル・パクがPV撮影の為、ハワイに来ることに。
一目でもマイケルに会いたい三人は、あれやこれや悪戦苦闘するが・・・。

とにかくおばちゃん三人の奮闘ぶりが大爆笑!

ajumma01.jpg

・・・

おもしろいけどこれのどこがクイア映画??
という問いの答えは最後にある。
そう、あなたが今想像した通りですよ。
これで愛しのマイケルは永遠にわたしたちのもの。という話。めでたし、めでたし。

ajumma02.jpg


上映終了後、本作監督 ブレント・アンべのおともだち、ティナさんがごあいさつに。
(進行はダイスキな 松下由美さん)
「今日これを見て、ブレントを誇りに思う」と話した。
ブレントは日系三世(アンベ=ANBE という姓は、「安部」あたり?)
おばちゃんたちもブレントのおともだちで日系の方々。
主役のジュデイ役は、Thea Matsuda。

ハワイにも韓流の波があるらしい。恐るべし韓流!

なんだろうな、この作品にはハワイらしい突き抜けた明るさがある。
観た人がみなハッピーになれる一作。


 

短篇集B ~僕の想いは・・・PageTopRicky

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

プロフィール

ナンシー☆チロ

Author:ナンシー☆チロ
映画と本のつれづれ日記。
マイナー路線でごめんなさい。
サッカーも好き☆
過去記事へのコメントも歓迎です。
尚、宣伝目的や記事に関連のないリンク・コメント・トラックバックなどはこちらで削除させて頂きますので、ご了承下さい。

追記・その他

  (2017/07/15) 「FATHERS」に追記あり。 プーン役のAsda Panichkulは元MTVアジアの人気VJで東南アジアでは有名人。 ユク役のNat Sakdatornはタイのタレント発掘番組で優勝した実力派シンガーソングライター。

リンク
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ(タブ)

最近のトラックバック
カテゴリ
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード

QRコード

RSSフィード