無声風鈴

「無声風鈴」
(2009/香港+スイス/無声風鈴/SOUNDLESS WIND CHIME)


soundless03.jpg

【第3回 アジアン・クイア映画祭(2011)上映作品】

第59回ベルリン国際映画祭テディ賞の最優秀長編賞にノミネートされ、各国で高い評価を獲得した『無声風鈴』がついに日本初上陸!
急死した恋人の迷える魂と過去を巡る、ある青年の詩的な旅の物語。


この作品が、今年の映画祭一番の目玉と思われ。
話題作なのは確か。

北京から香港にやって来たリッキーは、食堂で働き叔母と暮らしていた。
ある日リッキーは財布をすられる。
パスカルはスイス人、27歳。スリ。同郷のスリ仲間(同居している)の暴力に堪えかね家を出る。
たまたまリッキーが働く食堂にやって来たパスカルは、後日リッキーに財布を返す。
泊まるところのないパスカルを、リッキーは家に泊めてやる。


リッキーって、かなりぼんやりとしたコだけど、自分の財布をすった相手を家に泊めるって・・・。
どんだけお人よしなのじゃ!? (ドンっ!)と机を叩きたい。
でもこれがリッキーの人となりをよく表しているんだよね。とてもまっすぐ。

孤独な魂が引かれ合い、二人は一緒に暮らし始める。
しかしパスカルの仕事がうまく行かないあたりから二人の関係は歪み始める。

soundless02.jpg


この辺りまではよくあるドラマなのだが・・・。
次に時間軸が大きく飛び、突然スイスを一人旅するリッキーをカメラは追う。
ことほどさように物語は、過去(香港)と現在(スイス)を行ったり来たりする。
この複雑な時制がこの作品の特徴であり、観客は大いに混乱する。

なぜリッキーは一人スイスを旅しているのか?
この時点では観客にはわからない。
そこでリッキーはパスカルそっくりのウーリと知り合う。(Bernhard Bulling の二役)
ウーリとパスカルはどういう関係なのか? (そもそも関係があるのか?)
ウーリを激しく罵る姉の怒りの原因は何なのか?

何もかもあまりに説明がされないので、観客は戸惑ってしまう。
が、うすうす観客も、パスカルはもうこの世にいなくて、リッキーは彼の魂をめぐる旅をしているのだなとわかり始める。
そして時制は更に進み、現在の北京に――

カメラが美しい。
香港の猥雑な雑踏、スイスの山間の風景、作品世界がある。

そしてなにより、主役の呂玉来(ルー・ユーライ)、こんなに透明感のある俳優は他にない。
なのにしっかりと存在感がある。はかなげなのに強さを感じる。
ぽってりした唇が何ともセクスィ~  な、美しいルックスである。

soundless01.jpg


このストーリーをざっくりと語れば、ダメダメ男と健気受の物語、とも言える。
田舎から出て来た垢ぬけないでも一途な魂の男、そして健気・・・という点で、<藍宇> のリウ・イエと重なるものがあった。
そういえば、エンドクレジットの 「Special Thanks」 に、<藍宇> の監督、スタンリー・クワンの名前があった。

重なると言えば、中国初のゲイ映画と言われる <東宮西宮> の主役のゲイの男のコって、呂玉来(ルー・ユーライ)とちょっと似たタイプだったな。(え、違う?)


AQFFの公式サイトに 洪榮傑(キット・ホン)監督のコメントがあった。

――2003年、大切な三人のスイス人を亡くした。
恋人の両親と自殺した親友。
そのことがこの作品を作るきっかけとなった。
愛する人の死を心から認め受け入れるにはどれぐらいの時間がかかるのか。
本作は心の解放についての映画。自伝的な要素を含んでいる。

このコメントを読んで腑に落ちた気がした。
同時に北京の街で輪タクを走らせているリッキーのラストシーンにもつながる。
喪失と再生の物語。
リッキーの幸せを願わずにはいられないラストシーンだった。

この作品を初めて知ったのは、当時ベトナムに駐在していたV子さんが教えてくれたのだった。
香港人のエリックがおススメしてくれたのよね。
大きいスクリーンで、日本語字幕で見ても超わかりづらかったのに、PCの小さな画面で、英語字幕?中文字幕? よく見たよなあ。エラい!
その後、各方面で話題になっていた。
劇場公開は難しいかも知れないが、せめて日本DVD発売して欲しい一作。

soundless05.jpg



===
リッキーの食堂の配達先、パーキンソン病で今は歩けないが、かつて美人女優だったおばあちゃんが、きれいなドレスを着ていきなり歌って踊り出す「くしゃみの歌」。
サイコー楽しかった。 シビれた・・・。
→ この歌は、葛蘭(グレース・チャン)の 「Achoo ChaCha」 とわかった。 
葛蘭(グレース・チャン)は、一世を風靡した歌う映画スター。
人気絶頂の1961年に結婚し、1964年に引退。
その後は一度も映画界、テレビ界にも登場せず。

soundless06.jpg

この曲は、こちら で聴けます。40秒過ぎから歌が始まるので、少しがまんしてネ。
一度聴くとハマります。

蔡明亮(ツァイ・ミンリャン) 作品、 <Hole-洞>(1998)の一シーン。 
ヤン・クイメイが口パクで歌ってます。

<Hole-洞> のゴキゲンなミュージカルナンバーは、みんなグレース・チャンのナンバーだったのか・・・。
どーりでクールだと思ったわ。

HOLE [DVD]HOLE [DVD]
(2000/10/27)
ヤン・クイメイ

商品詳細を見る



チョンノの奇跡PageTop短篇集B ~僕の想いは・・・

Comment

がんばった!

英語と中国語だとほんと困る。
エリックに聞くこともできないしw
たぶんほとんど理解してないだろう

チロちゃんの解説で理解が深まったよ。ほんとだ。

>田舎から出て来た垢ぬけないでも一途な魂の男、そして健気・・・という点で、<藍宇> のリウ・イエと重なるものがあった。

同意同意同志♪
しょせん、中国人ってのは今の上海や北京のごく一部以外はほとんどローカルなんだろうなと思うわ。

この子は、正面顔と横顔にちとギャップがあるんだけどもそこがまたええのよね。

母ちゃんの歌、そんなエピソードがあったのね。

グレースチロ、掘り下げ度がさすがです!

■ばるこ白みるくさん

ばるちゃん、おつかれさまでした~ と言いたい。

> >田舎から出て来た垢ぬけないでも一途な魂の男、そして健気・・・という点で、<藍宇> のリウ・イエと重なるものがあった。
> 同意同意同志♪

同意多謝。なんか <藍宇>のことを考えると遠い目になるよ・・・。

> しょせん、中国人ってのは今の上海や北京のごく一部以外はほとんどローカルなんだろうなと思うわ。
そうだよね。リッキーはその典型。
でもリッキーってその割に英語の発音は良くなかった?(笑)

> グレースチロ、掘り下げ度がさすがです!
これから、グレース☆チロ・メイヤーズと名乗ろう!

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

プロフィール

ナンシー☆チロ

Author:ナンシー☆チロ
映画と本のつれづれ日記。
マイナー路線でごめんなさい。
サッカーも好き☆
過去記事へのコメントも歓迎です。
尚、宣伝目的や記事に関連のないリンク・コメント・トラックバックなどはこちらで削除させて頂きますので、ご了承下さい。

追記・その他

  (2017/07/15) 「FATHERS」に追記あり。 プーン役のAsda Panichkulは元MTVアジアの人気VJで東南アジアでは有名人。 ユク役のNat Sakdatornはタイのタレント発掘番組で優勝した実力派シンガーソングライター。

リンク
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ(タブ)

最近のトラックバック
カテゴリ
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード

QRコード

RSSフィード