ハングオーバー!!史上最悪の二日酔い、国境を越える

「ハングオーバー!!史上最悪の二日酔い、国境を越える」
(2011/ The Hangover Part II)


hang12.jpg


結婚式前夜に、新郎と友人たちが飲み明かして記憶をなくし、次の日、部屋にはなんと虎や赤ちゃんが……というはちゃめちゃな物語の中にも男同士の友情などを盛り込み、スマッシュヒットを記録したコメディの第2弾が早くも登場。ブラッドリー・クーパーら、前作と同キャスト&監督、製作陣が今度は異国の地・タイのバンコクで展開する珍騒動を描く。


あの <ハングオーバー!> の第2弾! 
7月1日に封切られたこの作品、行かなくちゃ! と思いながら、気づいたら上映は7月いっぱい。
ヤベヤベ とスケジュールをチェックしていたら、なんと!

「オトナ限定 R18+無修正バージョン」 

なるものが、全国でTOHOシネマズ六本木でのみ上映されていると知った。
ほえ~~、そりゃ、行かなくちゃだわ。

@TOHOシネマズ六本木



今回は前作でカノ女と別れた歯科医のスチュの結婚式。
新婦ローレンがタイ系なので、式はバンコクで挙げることに。
いつものメンバーでバチェラー(独身)パーティー、前回にこりて警戒したメンバーだったが・・・。

一夜明けるとそこはコ汚いホテルの一室。
アランの頭は丸刈り、スチュは顔にタトゥー、そして、
ローレンの弟、優秀な医大生のテデイの姿が消えて、テデイの指が残されていた・・・。


前作の 「一夜明けたら部屋にトラと赤ん坊」  という不条理劇風な設定が気に入っていたんだけど、今回の 「一夜明けたらコ汚いホテル」 というのもなかなかいいかんじ。
しかもどこだかわからない。アジアのどこか・・。
西洋人にとって、アジアの混沌(カオス) は、かなりインパクトがあるんだろうな。
全くの異世界だね、きっと。

テデイを探しに一行は街に出る・・・。

一作目の舞台はラスベガス、2作目はバンコク。
トッド・フィリップス監督は、1作目公開前から既に、続編を作るなら舞台はバンコク、というアイデアを語っていたそうな。

バンコクの灼けつく太陽、街の熱気、屋台から漂う匂いまで感じられた。(バンコクといったらあの匂い)
西洋人の彼らにしたら、撮影はハードだったろうな。

hang01.jpg


このシリーズのブラッドリ・クーパーがステキなのは、飲んだくれて一夜明け、ヨレヨレになっているからだとわかった。
汗ジミのあるシャツで途方に暮れてヘタレている姿もグ~~!
バンコクに出発する前、本国でのこぎれいな時は、「別に」ってかんじだったのよ。

hang02.jpg
同じ構図のショットがパート1にもあったよな

一方、ザック・ガリフィアナキスはやっぱりサイコー!
というより、「アラン」 というキャラが立っているのだ。
アランは意外に普段は気配を消していて悪目立ちしない。
だからひとことかますギャグやおバカな行動が活きて来る。
アランの出番の配分が絶妙なのだ。
<デュー・デート> を観た後だけに尚いっそうそう思う)

hang04_20110803123820.jpg 見ているだけでおかしい・・・


さて、問題の 「オトナ限定 R18+無修正バージョン」、一体どのあたりが 
「オトナ限定 R18+無修正バージョン」なのか??

(以下ネタバレ含む)




謎のチャイニーズ・マフィア チャウ(ケン・チョン)がまた登場。
いつの間にやらアランとメル友になっていて(笑) 前夜は一行とバカ騒ぎしたらしい。
同じ部屋で目覚めた彼の下半身のピーナッツのような ”ソレ” のこと?
(あれ、どうやって撮影したんだろう?) ケン・チョン、ドクターなのに・・・よくやるよ。

hang03.jpg


街に出た一行は歓楽街へ。(パッポンあたりでしょうか?)
相変わらず前夜の記憶が全くない。
スチュはどうやら ”バンコクの美女” と一夜を共にしたらしい。
その美女とは?!

ってことで、トッド・フィリップスがバンコクを舞台にしたのは、これをやりたかったからに違いない。
下は ”工事” していないニューハーフのおねーさん。
きれいだったな。
ナオミ・キャンベルみたい。
こんなおねーさんがたくさんいるバンコクは、欧米人にはカルチャーショックなのかも。

では反対に、このおねーさん方を 「R18+」 じゃない方ではどのように見せたのか知りたいところ。
これをボカシちゃおもしろさ半減でしょ。

最近は以前に比べ修正に関して大分進んだが、意外に「男性」に対する規制は強い。
こういう他愛ない作品ならいいじゃねーか、と思うけどね。

やっぱりこのシリーズは楽しいわ!
ラストにサプライズもあるよ。(前作に続いて)


ローレン役 ジェイミー・チャンが、アジアン・ビューティーだった。
(彼女、韓国系なのね)
それよりとなりのジャスティン・バーサ、最初出てきた時こいつ誰よ?って思っちゃった。
パート1の 「消えた花ムコ」 = ダグだったのね。
今回も出番が薄くてカワイソ!
でも、ジャスティン・バーサ、プライベートではスカーレット・ヨハンソンと熱愛ちう

hang11.jpg

マイティ・ソーPageTop最高殊勲夫人

Comment

ぼかしでした

私、新ピカでチケット予約した後に六本木の件を知ったので、悔しい思いをしたなあ。ちなみに、例の「おねえさん」たちは皆さん肝心なところがぼかしてありましたわー。
前回に引き続いてのお約束シーンが満載なので、前作を観てないと辛いというか笑えない部分が多いのかなと。
私はお坊さんが好きですw あの人カワイイw
あと、猿もね。

そして、チャウのあのちっこいのも笑えたw

チロさんの仰る通り、こきたないブラクパがかっこええのすw
確かにジャスティン・バーサは影が薄い・・・。
ジェイミー・チャンは「エンジェル・ウォーズ」に出てたと思う。

ところで、私これ観る時、無意識に夕飯をタイ料理にしてたのです。
映画始まってびっくりでしたw

■たみきさん


> ちなみに、例の「おねえさん」たちは皆さん肝心なところがぼかしてありましたわー。

あ、やっぱりそうなのね~~ 貴重なコメント、メルシーでごんす。
ブラッドりの○○だったら見たいけど、オネーさん方のだったら、ま、いっかと
思わないでもない。が、やっぱりボカシはやめようよね! と言いたい。
モヤモヤするので。

> 私はお坊さんが好きですw あの人カワイイw
アランがお坊さんの服の下にペットボトルを入れて、それをサルがカジカジするギャグが一番ウケた!
こういうオゲレツなギャグがいいよね、このシリーズは。

> あと、猿もね。
前作のワンちゃんとか、トッド・フィリップスは動物の使い方がうまいね。

> そして、チャウのあのちっこいのも笑えたw
あれにもボカシが入ったとですか?(笑)

> チロさんの仰る通り、こきたないブラクパがかっこええのすw
なんかさ、汗が染み込んでるあのリネンのシャツをクンクンしたい☆(バカ)

> ところで、私これ観る時、無意識に夕飯をタイ料理にしてたのです。
> 映画始まってびっくりでしたw
え、舞台がバンコクって知らずに? そりゃ、すげー!

はじめまして!

ブログを読んでいて見てみたくなりました!

問題のモノはおねぇさんの男性のシンボル(ややこしいぞ)ですか?
だったらいやらしいよりも笑える感じかな?

あと女性はどんな反応で見てましたか?
思いっきり笑っちゃっていいのかな?(笑)

■ナリさん

コメントありがとうございます。

> あと女性はどんな反応で見てましたか?
> 思いっきり笑っちゃっていいのかな?(笑)

はい、おもっくそ笑っちゃっていいと思います(笑)
この映画を見に来ている人は、間違いなく、こういう
おゲレツなネタが大好きな人だと思うので、ウケてましたよ。

>ブログを読んでいて見てみたくなりました!
ありがとうございます。ぜひ観に行って~~!!
もし見に行かれるなら、併せて前作の「ハングオーバー1」も見られることをおすすめします。
「1」を見ていたほうがより楽しめると思います。

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

プロフィール

ナンシー☆チロ

Author:ナンシー☆チロ
映画と本のつれづれ日記。
マイナー路線でごめんなさい。
サッカーも好き☆
過去記事へのコメントも歓迎です。
尚、宣伝目的や記事に関連のないリンク・コメント・トラックバックなどはこちらで削除させて頂きますので、ご了承下さい。

追記・その他

  (2017/07/15) 「FATHERS」に追記あり。 プーン役のAsda Panichkulは元MTVアジアの人気VJで東南アジアでは有名人。 ユク役のNat Sakdatornはタイのタレント発掘番組で優勝した実力派シンガーソングライター。

リンク
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ(タブ)

最近のトラックバック
カテゴリ
カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード

QRコード

RSSフィード