オープン・ユア・アイズ

[オープン・ユア・アイズ]
(1997/スペイン/ABRE LOS OJOS/OPEN YOUR EYES)



オープン・ユア・アイズ [DVD]オープン・ユア・アイズ [DVD]
(2004/01/21)
エドゥアルド・ノリエガ、ペネロペ・クルス 他

商品詳細を見る



ユーロ2012から休む間もなくロンドン五輪が始まり、からだがついていけません。
体力気力の限界で、今ひとつ映画も見に行く気にならず、見てもなかなか記事がUPできず。
7月の記事UP数は5つ。ここ数年の最少記録と思われ。

ということで過去に見たままUPしていなかった記事があった!

<逃走のレクイエム> から火がついた スペイン映画フィーバーの時に観たもの。
っていつのことだよ!? 
今ごろUP!

監督:アレハンドロ・アメナーバル


リッチでハンサムなセサル、一度寝た女と二度と寝ない、自由なラブライフを楽しんでいた。
そんなセサルが、自分の誕生バーティーに親友ぺラーヨが連れて来たソフィアに一目惚れしてしまう。
一方、以前寝たヌリアがストーカーのようにつきまとう。
ソフィアの存在に嫉妬したヌリアは、セサルを車に乗せ無理心中する。
一人生き残ったセサルは顔にひどい損傷を負い、ソフィアにも見捨てられる。
傷ついて泥酔した翌朝から事態は一変、手術で顔は元通りになり、ソフィアも戻って来る。
が、ある朝目覚めると、ベッドには死んだはずのヌリアがいて、自分はソフィアだと言う。
そこから奇妙なことが起こり始める・・・


open02.jpg

冒頭、朝起きて街に出たセサルは、人っこ一人いない街にがく然とする・・・
と思ったら夢だった。というシーンから始まる。
ことほどさように、セサルはしばしば夢を見てうなされる。
見ている側は、どれが現実でどれが夢なのか混乱しながら見ることになる。

混乱しながらも、ぐいぐいと引き込まれて行く。
アレハンドロ・アメナーバルの描く不思議な映像美もいい。
スピルバーグも絶賛したらしい。

始まってすぐ、美貌のエドゥアルド・ノリエガが、エレファントマンのような顔になってしまうのにオドロキ!
その特殊メイクが粗雑で、そのスペイン映画らしい粗いテクスチャー、ウソくさいメイクがかえって奇妙な 「世界」 を作り出している。

↓ 佐清 (すけきよ) のようなマスクも不気味・・・
open01.jpg


だけど・・・
終わってみたら、何だかキツネにつままれたようなもやもや感が・・・。
頭をフル回転しないと理解出来ないような・・・。

さて、エドゥアルド・ノリエガ、この時は若くてまだぼちゃっとしてますね。
あごのラインなどちょっと二重あごっぽく、今だったらもっとシェイプして撮影に臨んだはず。

この作品がつらいのは、セサルというキャラに共感出来ないところ。
ゴーマンでヤなヤツ。その上、親友のカノ女に横恋慕して略奪愛。
(スペインの感覚では、奪った者勝ちみたいなとこがあるのだろうか)

アメナーバルはおそらく観客に、安易に共感させないキャラ設定にしたのだと思う。

open03.jpg


一方、ソフィア役ペネロペ・クルス、美しい。本当に美しい。
スペイン映画のペネロペはより美しい。

そして、なんと <ユートピア> で、リオ似だったことが判明した フェレ・マルチネスが親友ぺラーヨ役で出演。
(香港映画とかイタリア映画とか、各国映画界は世界が狭いんだよな。それが楽しみでもある)
今回の役処は、セサルの陰でいつも引き立て役のような役なので、冴えない役作りになってます。
フェレ・マルチネスのきらめき封印。

open23.jpg
↑ でも笑顔がカワイイ☆



――デジャヴは脳の誤作動


しばしば繰り返されるセリフだが、人の脳とは? 記憶とは?


この作品、2001年ハリウッドでリメイクされた。→ <バニラ・スカイ>
主役はトム・クルーズ。あのゴーマン役は、はまり過ぎてコワい。
ペネロペは同じソフィア役で出演。
ストーカー女がキャメロン・ディアスというのはおもしろいかも。
この共演で、トムとペネロペがカップルになったのは知られるところ。


バニラ・スカイ [DVD]バニラ・スカイ [DVD]
(2002/07/26)
トム・クルーズ、ペネロペ・クルス 他

商品詳細を見る


そうだ!この記事を寝かせておいたのは、リメイク版も見て、合わせ技でUPしようという野望を抱いていたのだった。
しかし、やっぱり主役=トムちん にどーも食欲がわかず・・・。
これからも見る気になりそうにないわ、やっぱし。


リンカーン弁護士PageTop崖っぷちの男

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

プロフィール

ナンシー☆チロ

Author:ナンシー☆チロ
映画と本のつれづれ日記。
マイナー路線でごめんなさい。
サッカーも好き☆
過去記事へのコメントも歓迎です。
尚、宣伝目的や記事に関連のないリンク・コメント・トラックバックなどはこちらで削除させて頂きますので、ご了承下さい。

追記・その他

  (2017/07/15) 「FATHERS」に追記あり。 プーン役のAsda Panichkulは元MTVアジアの人気VJで東南アジアでは有名人。 ユク役のNat Sakdatornはタイのタレント発掘番組で優勝した実力派シンガーソングライター。

リンク
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ(タブ)

最近のトラックバック
カテゴリ
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード

QRコード

RSSフィード