FC2ブログ

ロミオ

「ロミオ」
(2011/ドイツ/ROMEOS)



romeo04.jpg


大都会に憧れて田舎から出てきたルーカス。しかし手配されていた部屋は、なんと女子のナース寮! ノンケ男子なら夢のような毎日も、ルーカスにとっては苦痛とストレスの連続。ある日、ルーカスはセクシーでイケメンのファビオと出会い、恋心を抱く。しかしルーカスには、ある“秘密”があるのだ・・・。


【第20回 東京国際レズビアン&ゲイ映画祭(2011)上映作品】


今年で20周年を迎えた東京国際レズビアン&ゲイ映画祭、例年の7月開催ではなく10月に。
会期も4日間となって開催された。

オープニングイベントには、マーガレットさんが登場。
オープニングを華やかに盛り上げた。
しかし、マーガレットさん、キャリアがもう30年って・・・。

本編上映前に、20年の映画祭の歴史を綴ったビデオが流れ、20年の歩みにしみじみしました。
上映後のトークには、スペシャルゲスト 松中権さんと写真家のレスリー・キーが登場。
→ レスリーに関しては拙ブログ記事  <「SUPER TOKYO」 写真展> ご参照)
11月にはニューヨークで彼と結婚するとの発表に、場内祝福のアラシ!
松中さんは、LGBTの団体 「グッド・エイジング・エール」の代表、ゲイマーケットなどについて(ゲイの老後も!) 話してくれました。

さて、今年のオープニング作品は、ドイツ映画のこの作品です。



田舎から都会に出て来たルーカス、しかし手配されていた部屋は女子寮!
が、ルーカスには、男子寮にすぐに移れない事情があった・・・。


一人の FtM トランスセクシュアルの物語。

ホルモン剤は投与しているので、ルーカスにはヒゲがあり、顔はどう見ても男の子にしか見えない。
しかし手術をしていないので、胸のふくらみを気にして服を重ね着している。
もちろん、水着にもなれない。
人の目がいつも気になる。

そんなある日、ルーカスはセクシーなファビオに出会い恋心を抱く。
ファビオに ”秘密” を知られたくない。
だけど、ありのままの自分を受け入れて欲しい。
心乱れるルーカス。

romeo05.jpg


寮にはかつての同級生、イネがいた。
彼女はルーカスが ”ミリアム” だった頃を知っている唯一の人。

「男になりたいんだったら、どうしてふつーに女のコを好きにならないのよ?」

ルーカスのいばら道を心配するイネ。
その上、相手はキケンな男 ファビオ。(SLxT ともいう)
さらなるいばら道。


なんだか見ていてせつなくなっちゃって、たまらなかった。
だけどエンディングには、ルーカスの明るい笑顔が見られて良かった。
救われました。

romeo03.jpg


===

さて、このタイトル、<ロミオ> とは何なんだろう?
見る前は、主人公の名前だと思っていた。
しかも、「ROMEOS」・・・複数形。

モンターギュ家とキャピュレット家に愛を引き裂かれた男、ということだろうか。
男と女、二つのジェンダーに引き裂かれたルーカス。

ルーカスは、他のトランスの男の子たちとネット上で励まし合う。
傷つき悩むのはルーカスだけではない。
彼ら全てが 「ロミオ」 ということか?

そしてその一方、「ジュリエット」 もいるのだ。

ジェンダーってなんだろう?
男とは? 女とは?



===
romeo01.jpg

女性監督だったんですね。監督サン、男前~!
え、ファビオ役のコって、1989年生まれ 22歳なの!? 
そんなに若かったんだ~ このショットはたしかに若い!

===
ファビオ役 Maximilian Befort は、シアトル・マリナーズの フランクリン・グティエレス (#21) にちょっと似ている。
今シーズンは不振だったな。来季がんばって! 【リンダのMLB通信】
マリナーズのようなチームにいてモチベーションを保つのはむずかしいな。

romeo06.jpg



トムボーイPageTopプールサイド

Comment

ファビオ役の子が22歳。
確かにそう言われてみれば若い。
あのちょっと頭わるそうなかんじは、若さだったのね。

そしてレスリー・キーって1971年生まれ、もう40歳なんだ!
あとで知ってビックリ。
30歳くらいかと思ってた・・・。
チャーミングな人でした。

■ゆっきー

> あのちょっと頭わるそうなかんじは、若さだったのね。
がはは! 爆笑。
しかし、主役のコの胸がCGとフェイクとは!?
まんまとだまされましたよ!

> そしてレスリー・キーって1971年生まれ、もう40歳なんだ!
> あとで知ってビックリ。
> 30歳くらいかと思ってた・・・。
> チャーミングな人でした。

この先50になっても60になってもあまり変わらない気がする。
やっぱりアーチストは違うのかしらね。
さすがに何かきらめきを感じました。パワーがあったね。

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

プロフィール

ナンシー☆チロ

Author:ナンシー☆チロ
映画と本のつれづれ日記。
マイナー路線でごめんなさい。
サッカーも好き☆
過去記事へのコメントも歓迎です。
尚、宣伝目的や記事に関連のないリンク・コメント・トラックバックなどはこちらで削除させて頂きますので、ご了承下さい。

リンク
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索

月別アーカイブ(タブ)

最近のトラックバック
カテゴリ
カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード

QRコード

RSSフィード