EATING OUT 2: Sloppy Seconds

[ Eating Out 2: Sloppy Seconds ]
(2006/USA)


eatsloppy01.jpg




#2です。
Q・アラン・ブロッカはプロデュースに専念、監督は、フィリップ・バーテル。




神様はリンダに試練をお与えになるのね。

字幕がありまっしぇん・・・(ぐすん)

(なので、ちょっと違うよ、ってとこがあったら教えてネ)



#2では、ケイレブがいなくなった以外他のメンツは#1と同じ。
ただし、マーク役は#1の RYAN CARNES から ブレット・チャッカーマンに変更。

#1の最後にくっついたカイルとマークだけど、あら、#2の頭でケンカ別れ?
グエンとティファニーもカレシとうまく行かず、アートのクラスに出た三人は、新しいヌードモデル トロイに目が釘付け、よだれもたらさんばかり。


eatingsloppy04.jpg

eatingsloppy10.jpg


↓ アートのクラスの一番前には、Q・アラン・ブロッカくんがカメオ出演。

eatingsloppy07.jpg

果たしてトロイがスキなのは、boy or girl??
トロイは己のセクシュアリティに迷いがあるもよう。
トロイの気を惹く為、グエンは 「カイルは ”元ゲイ”」 と言ってしまい、なりゆき上カイルはティファニーとつき合っていることになっちゃう。
一方、マークもトロイにロックオン、カイルとマークは張り合う形に・・・。

#1では、ストレートのケイレブが 「ゲイ」 のふりをするが、#2では、ゲイのカイルが 「 "元ゲイ" で今はカノ女とラブラブ」 のふりをする。
なんだかややこしいわね。そのややこしさこそがこのシリーズの笑いのキモとも言える。

自分はゲイではないというスタンスを取りながら、マークのリードに流されてイイ気持ちになっちゃうトロイ。
このパターンも#1で見たような・・・。

「HOMO NO MORE」 をスローガンにする学内のグループに、(なぜか)参加することになるカイルとトロイ、この集会に集まっているメンツがいかにもホモホモしいヤツらばかりで笑える~~

結局これも最後には収まるところに収まって、ちゃんちゃん!
やっぱり何も考えないで見られるところがイイネ!

===

#1のケイレブのポジションであるトロイ役 マルコ・ダッパー。
みんなからモテモテくんのゴージャス感あるイケメン。
Q・アラン・ブロッカの好みの路線なのかしら。
二人とも似たタイプに見える。

あら、マルコ、服を着た方がイケてるじゃないのお。

eatingsloppy11.jpg


マーク役 ブレット・チャッカーマンは子役あがりのようですね。

eatingsloppy1222.jpg


カイル役 ジム・ヴェラロスは、「アメリカンアイドル」出身(ファーストシーズン・2002年)。
その時点で(20歳)すでにカミングアウトしていたという潔さ。
2009年にはパートナーの ビル・ブレナン と結婚。
→ ジムとビルのウエディングウエブサイト


===
さて、ジョン・ウオーターズ組 ミンク・ストール、たしかに#2から登場!
カイルのママ役だった。

eatingsloppy08.jpg ママとカイル


eatingsloppy14.jpg


↑ ミンク・ストール in <ピンクフラミンゴ>(’72)

===

ここまで見ちゃうと続きの#3・4が気になるな。

関連記事 :

<EATING OUT 1>
<EATING OUT 2>
<EATING OUT 3>
<EATING OUT 4>
<EATING OUT 5>



フェアゲームPageTopEATING OUT 1

Comment

なかった

>アートのクラスの一番前には、Q・アラン・ブロッカくんが

全然気づかなかったよ。
よく見つけたね。

>#1のケイレブのポジションであるトロイ役 マルコ・ダッパー。
みんなからモテモテくんのゴージャス感あるイケメン。

かなりのイケメンなのに、かなりゴージャスな身体にかくれて、そうとうよい顔が目立たないって……もったいない……

>ここまで見ちゃうと続きの#3・4が気になるな

ホントにね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

■アンソニーちん

> 全然気づかなかったよ。
> よく見つけたね。
映画祭でさんざん間近で見たからね、ブロッカ。
トロイの前にペンをわざと落として拾おうとするティファニーとトロイの間、
ちょうどヤバい位置にブロッカの顔がのぞくアングルになってた(笑)

> かなりのイケメンなのに、かなりゴージャスな身体にかくれて、そうとうよい顔が目立たないって……もったいない……
あ、そうか!ふつーは「脱いだらすごいんです」なのに、
この人の場合は「服を着たらすごいんです」 は、そういうことか。
たしかに顔はスルーしてたかもvv
だけど私、ちょっとタイプじゃないな。
あと、マーク役も#1のライアンの方がキュートだった。
カイル役ジム・ヴェラロスが#1よりスリムになってかっこよくなってたよね。
ミンク・ストールが登場したとき、あまりにふくらんでてショック受けた。
昔の倍くらいになってたよ。

> >ここまで見ちゃうと続きの#3・4が気になるな
> ホントにね。
#3からは、ほんとに違うメンバー違う話になるみたいですね。
サルバトーレが登場するし。
多謝

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

プロフィール

ナンシー☆チロ

Author:ナンシー☆チロ
映画と本のつれづれ日記。
マイナー路線でごめんなさい。
サッカーも好き☆
過去記事へのコメントも歓迎です。
尚、宣伝目的や記事に関連のないリンク・コメント・トラックバックなどはこちらで削除させて頂きますので、ご了承下さい。

追記・その他

  (2017/07/15) 「FATHERS」に追記あり。 プーン役のAsda Panichkulは元MTVアジアの人気VJで東南アジアでは有名人。 ユク役のNat Sakdatornはタイのタレント発掘番組で優勝した実力派シンガーソングライター。

リンク
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ(タブ)

最近のトラックバック
カテゴリ
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード

QRコード

RSSフィード