パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々

「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」
(2010/Percy Jackson & the Olympians: The Lightning Thief)



パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 [DVD]パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 [DVD]
(2011/01/07)
ローガン・ラーマン、アレクサンドラ・ダダリオ 他

商品詳細を見る


「ハリー・ポッター」シリーズのクリス・コロンバス監督が手掛けたファンタジーアドベンチャー。父を知らずに育ったパーシーは、ある日謎の怪物に襲われたことをきっかけに、自分が神と人間の間に生まれた子だと知る。


いやいやいや、<オリンポスの戦い> の後に観たせいか、全てがリッチで、上級エンターティメントだった。
さすがハリウッド! さすがクリス・コロンバス!

ちゃんとオリンポスの神々が出るよ!



冒頭、海からポセイドンが上がって来る。

percy23.jpg


キャ~!! かっちょいい!


percy21.jpg

立ってみたら 巨神! いい! いいよ~



このシーンでこの作品の評価は決まった!
しかもポセイドン役 ケヴィン・マクキッドが ぴたし!
ふむふむ、スコットランド出身か。やっぱスコッツはいい!
そこはかとないオヤジ風味がスコッツの魅力。

地上に上がったポセイドンは人間の姿に変身しゼウスと会う。

キャ~~~!!!

ゼウスは、ショーン・豆! ショーン・ビーン様です!

percy22.jpg

ゼウス様もイマドキ風


ウッホウホ! 特別指名料払ってもいいキャスティング。
ここまでで十分元取った気分だよ。

percy02.jpg  ヤミーな二人・・・



ゼウスの 「雷撃」 が何者かに盗まれ、ゼウスは兄弟であるポセイドンを疑う。
「雷撃」 が戻らなければ神々の戦争を始めるという。
高校生パーシーは、実はポセイドンの子、半神 (=デミゴッド)。
冥界にさらわれた母と 「雷撃」 を取り返す為仲間と旅に出る・・・。


ここまでいくつか作品を見て来て、神話モノのパターンがなんとなくわかって来た。

① 何らかの目的(愛する者や平和の為) で、勇者は旅に出る。
② 旅には仲間が必須アイテム。
③ 旅立つ前に007のガジェットのような、後々役立つ秘密兵器が授けられる。
④ 敵はハデスのことが多く一行は冥界へ向かう。
  → 冥界の入口をみつけ、入るのが第一関門(死者しか入れない)。
⑤ ことを終え冥界から出るのがまた関門。
  → ハデスは一度冥界に足を踏み入れた者の帰還を許さない。

このパターン=定番料理を監督はいかに自分流に調理するかがミソ。
グラン・シェフ クリス・コロンバスの手腕はさすが。
本当に楽しかった。

オリンポスへの入口がエンパイアステートビルの屋上にあるなんてわくわくしちゃう。

===
キャスティングがいい。
主役のローガン・ラーマン、<三銃士> の時はさんざんブーたれたけど、このローガンは別人のようにキュートだった。
等身大の役が良かったのかしらね。それともローガン、コスチュームプレイとロン毛は似合わないのかも。

percy04.jpg
↑ 右のパーシーの守護役のコが良かった → ブランドン・T・ジャクソン
キュートとか言っているわりに、パーシーがねずみ男みたいな画像選んでるし・・・。


パーシーを見守る先生 実は半神半馬のピアーズ・ブロスナン。

percy06.jpg

パーシーのママは キャスリン・キーナー。(画像省略)

ハデス(スチーブ・クーガン)をミック・ジャガー風ロックンロールオヤジにしたのがユニーク!
ハデスの妻ぺルセポネ ロザリオ・ドーソン。

percy05.jpg


なんといっても メデューサがユマ・サーマンのゴージャスさ!

percy03.jpg


実はヘルメスの息子・ルーク、イケメン風! 
どこかで見たなと思ったら、<アイアム・ナンバー4> か。ジェイク・アベル。
どちらもちょっとワルい役。 (画像省略)

ちなみにどこに出たかわかんなかったけど、アポロ役はこの人だった。
デミトリ・レッコス ナイッス!

percy01.jpg



誰が観ても楽しめる一作。 こどもと見てもいいと思うな。 

2013年に続編が決定しています。
<Percy Jackson & the Olympians: The Sea of Monsters>

次は劇場で観るど!


Four Seasons―季節は過ぎて街はまた緑に染まるPageTopオリンポスの戦い

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

プロフィール

ナンシー☆チロ

Author:ナンシー☆チロ
映画と本のつれづれ日記。
マイナー路線でごめんなさい。
サッカーも好き☆
過去記事へのコメントも歓迎です。
尚、宣伝目的や記事に関連のないリンク・コメント・トラックバックなどはこちらで削除させて頂きますので、ご了承下さい。

追記・その他

  (2017/07/15) 「FATHERS」に追記あり。 プーン役のAsda Panichkulは元MTVアジアの人気VJで東南アジアでは有名人。 ユク役のNat Sakdatornはタイのタレント発掘番組で優勝した実力派シンガーソングライター。

リンク
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ(タブ)

最近のトラックバック
カテゴリ
カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード

QRコード

RSSフィード