トロイ

「トロイ」
(2004/TROY)


トロイ [DVD]トロイ [DVD]
(2010/07/14)
ブラッド・ピット、エリック・バナ 他

商品詳細を見る


紀元前12世紀に起こったとされるギリシャ神話の悲劇を題材に、恋の情熱によって引き起こされたトロイ戦争を壮大なスケールで描いた歴史スペクタル大作。


この作品、my三大食わず嫌い王 (by白みるくさん) の一人、ブラピ出演作の為、チロルの中では完全スルーだったのだが、「神話萌え」 としては見なくちゃいかんぜよ、と観たのだった。

すいません、まだしつこく続いてます 「神話萌え」 祭り。


観るまで、何にも考えず、トロイという役でブラピが主演と思っていた。恥ずかしい~~
トロイ戦争を描いた超大作。

トロイ戦争ってはるか昔世界史の授業でやったけどすっかり忘れていた。

冒頭から物語が唐突に始まりちょっとわかりにくい。
欧米では説明の必要がない物語ということなのかちら?

これってかなりツッコミたいストーリーであります。
時は紀元前、和平協定の為スパルタにやって来たトロイの王子二人、ヘクトルとパリス。
が、末王子パリスはスパルタ王妃ヘレンとデキてしまう。
ヘレンは出奔、パリスとトロイへ。

ちょっとちょっと、和平に来て王妃と××なんて、なに考えとんじゃ、ボケ!
そりゃスパルタ王の怒りもごもっとも。

troy05.jpg
トロイの王子たちは美しいのだ


さらに信じられないことに、トロイに着いたヘレンをトロイの父王は温かく迎える。
この女の為にこれから戦争が始まるというのに。じーさん、なに考えとんじゃ!?
この一家は甘ったれなバカ王子にとことん甘いのであった。

「ヘレンという女一人の為に戦争が始まった」 とざっくり語られているが、実は富裕なトロイを狙っていたアガメムノン(スパルタ王メネラオスの兄)が、これを口実に戦争を仕掛けたのだった。

アガメムノンは自ら総大将となりギリシャ軍を集結、トロイに攻め入る。しかし堅牢を誇るトロイの城壁びくともせず。→ カテナチオですな
攻め手がないギリシャ軍、知将オデュッセウスが 「トロイの木馬の計」 を考えた・・・
という皆さんご存じの流れ。
アガメムノンとアキレスの反目、アキレスとパトロクロスの友情、アキレスとヘクトルの死闘などトロイ戦争のエピソードを押さえたテッパンのストーリー展開。
CGを駆使した大迫力のシーン、カメラも美しく見応えあり。
これぞ21世紀の「トロイ戦争物」!


この作品で印象的なのはパリスの描き方。
恋に狂った愚かな男、文武両道、人望もある兄ヘクトルとは対極。早い話がダメ男。
ヘレンをめぐってメネラオスとサシの勝負をするが、追い詰められて兄に泣きつく。
衆人環視の中、兄の足にすがりつくパリス(恥)
賢明なヘクトル、だけど兄パカ、パリスに代わってメネラオスを倒してしまう。サシの勝負なのに。
という情けな~い、しかし人間くさいパリスをオーランド・ブルームが演じる。
これぐらいチャーミングなら甘やかされてもしゃーないかってことで、ナイッスキャスティンぐ~!

兄ヘクトル エリック・バナ、この人ってなんか重くって苦手なんだけど、ブレないヘクトルに合ってた。凛々しかった。

troy04.jpg


父王ピーター・オトゥール、史劇やファンタジーになぜUK系俳優が重用されるのか? と常々思っていたが、このオトゥールを見て腑に落ちた。
しゃべらずともいるだけで、威厳や矜持が表現される。
アメリカ人俳優では軽くなってしまう。UK系俳優の存在感の重さよ。
(オトゥールはアイルランドだけど)

troy03.jpg


世紀の不倫妻ヘレン ダイアン・クルーガー
戦争まで起こした罪なる美貌という点で納得かも。

troy02.jpg


ナイジェル・テリー(<カラバジオ>)を発見! トロイ王の忠臣の一人。
美しいカラバッジョももう66歳か・・・。画像は こちらのページ で見られます。

あれ、<カラバジョ> ってショーン・豆様が出ていたのか。

カラヴァッジオ [DVD]カラヴァッジオ [DVD]
(2001/02/26)
ナイジェル・テリー、ショーン・ビーン 他

商品詳細を見る


おっと忘れるとこだった!
知将オデュッセウス ショーン・豆! ショーン・ビーン様です! ヤター!

troy07.jpg


さて、ブラピはアキレス役だった。
やり過ぎだろっつうくらいムキムキのマッスル。類人猿に近い。はあ~、チロル、ダメ・・・。

troy09.jpg

アキレスは実は半神=デミゴッド、女神テテイスが母。
今回 「神」 は、このテテイスしか登場しない。
誰かと思ったら、ジュリー・クリスティ。
この人もUK系、さすがの貫禄。

troy08.jpg


半神ゆえ不死身のアキレスだが、パリスの矢が急所に当り息絶えるのだった。
なぜ 「かかと」 が急所となったのか?

かつてテテイスはわが子を不死身にしようと冥界のスティクス川に浸したが、息子のかかとをしっかりとつかんでいた為、その部分だけは”不死” にできなかったのだった。
→ これが「アキレス腱」の由来となり、長じて「強い者の唯一の弱点」の比喩に使われる

'70~80年代に、STYXつうバンドがいましたね。

RegenerationRegeneration
(2011/10/04)
Styx

商品詳細を見る


===
つい先日この本を買いました。
これを読んでから映画を見るとわかりやすくて楽しいのです。
目下のチロルのバイブル。

ギリシア神話 (図解雑学)ギリシア神話 (図解雑学)
(2002/07)
豊田 和二

商品詳細を見る


本によると、トロイ戦争は10年続き、ギリシャ軍は勝利したがこの後不幸が待っていた。
帰国したアガメムノンは妻に殺され、オデュッセウスはポセイドンの怒りを買い故郷に帰るまで10年にわたる航海を続けることになる。
ギリシャ神話っておもしろい・・・。

その辺りのオデュッセウスの苦難の大航海を描いたのがこの作品。
(残念ながら地元TSUTAYAにはありまっしえん)

オデュッセイア/魔の海の大航海 [DVD]オデュッセイア/魔の海の大航海 [DVD]
(2005/09/09)
アーマンド・アサンテ、クリストファー・リー 他

商品詳細を見る


ヘレン・オブ・トロイPageTopFour Seasons―季節は過ぎて街はまた緑に染まる

Comment

>しゃべらずともいるだけで、威厳や矜持が表現される。
>アメリカ人俳優では軽くなってしまう。UK系俳優の存在感の重さよ。

ぶらぴは、存在の耐えられない軽さを表現するにはいいキャスティングだね。いや全員重くちゃ映画にならないもんね(と、フォロー)

映画より、チロルちゃんのバイブルが気になった。読んでみよっと♪

■白みるくさん


> 存在の耐えられない軽さを表現するにはいいキャスティングだね。いや全員重くちゃ映画にならないもんね(と、フォロー)
あはは! メリハリという点では良かったかも。
デミゴッドだけにアキレスってちょっと人間離れしたヘンなヤツで、その辺が合ってた。

> 映画より、チロルちゃんのバイブルが気になった。読んでみよっと♪
いろいろ検討した結果、これが一番わかりやすかった。
新宿紀伊國屋に神話ものいっぱい揃ってたよ。
うちにあった「ギリシャ神話集」(講談社学術文庫)は、
オリジナルに忠実すぎて超わかりづらい。使えねー

こんばんにゃ

ピーター・オトゥールと同じ場面で演技ができて光栄だったとぶらぴが言ってたけど、本当にそうだろうよ。立ってるだけで存在感。
バナってオージーで元コメディアンと聞いて意外だったけど、父クロアチア、母ドイツと聞いて納得。あの重苦しさはそうじゃろう。
神話じゃアキレスとあの従兄弟の若い子は恋人同士だよね、確か。

その辺のところ、忠実に描いて欲しかった(^m^)

まだまだ語りたいがパソコン壊れて携帯からだから、この辺で失礼~

■りおこさん

新PC開通おめでとう!!(パチパチ) v-353
検索はもしかして新着順に出るんじゃないのかな?? わかんないけど。

> ピーター・オトゥールと同じ場面で演技ができて光栄だったとぶらぴが言ってたけど、
ほえ~、そんなコメント出してたんだ、ぶらぴ。
いつ死ぬかわからないってとこもあるかもね。
チロルなんて昨年死んだと思ってたよ。(オトゥール、ごめん)
今年のアカデミー賞のメモリアルのコーナーで、「チップス先生さようなら」の
映像が流れたと思った。2013年までしごとが決まってたよ。
「チップス先生」の監督かなんかが亡くなったのかも。

> バナってオージーで元コメディアンと聞いて意外だったけど、父クロアチア、母ドイツと聞いて納得。あの重苦しさはそうじゃろう。
ええええええーーーーーっ!!!!!!!
元コメディアン!? ありえねーしぃ どんな顔して笑わせるのか見たい!
言われてみれば、クロアチアの血が感じられるな。
その出自はかなりチロルのツボの血筋だな。
急にバナバナへの見方が変わったよ。


> 神話じゃアキレスとあの従兄弟の若い子は恋人同士だよね、確か。
> その辺のところ、忠実に描いて欲しかった
あ、やっぱりそうだったんだあ。
なんだか ”かぐわしいかほり” がしたよ。
もっとそういうつもりで見ればもっとかほりが楽しめたのに・・・。

なんだ、りおこさん、いろいろ詳しいなあ。
勉強になりました。 多謝。

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

プロフィール

ナンシー☆チロ

Author:ナンシー☆チロ
映画と本のつれづれ日記。
マイナー路線でごめんなさい。
サッカーも好き☆
過去記事へのコメントも歓迎です。
尚、宣伝目的や記事に関連のないリンク・コメント・トラックバックなどはこちらで削除させて頂きますので、ご了承下さい。

追記・その他

  (2017/07/15) 「FATHERS」に追記あり。 プーン役のAsda Panichkulは元MTVアジアの人気VJで東南アジアでは有名人。 ユク役のNat Sakdatornはタイのタレント発掘番組で優勝した実力派シンガーソングライター。

リンク
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ(タブ)

最近のトラックバック
カテゴリ
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード

QRコード

RSSフィード