永遠の僕たち

「永遠の僕たち」
(2011/RESTLESS)


restless03.jpg


不治の病に冒された少女と死に取り憑かれた青年の恋をリリカルに描く。
第64回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門でオープニング上映され高い評価を受けた、


あけまして おめでとうございます。

新年1発目は、ガス・ヴァン・サント (<MILK>) 監督作品です。

@TOHOシネマズ・シャンテ


イーノックは事故で両親を失い、自身も臨死体験し一命を取り留める。
以来死に取りつかれ、見知らぬ人の葬式に出るという 「葬式ゲーム」 をしていた。
ある葬式でアナベルと知り合う――


ああら、ガス・ヴァン・サントが青春ラブストーリーを撮るなんて・・・。

イーノックは事故から高校をドロップアウト、話し相手は事故以来現れるようになった特攻隊の幽霊・ヒロシだけ。
両親の死後、彼の面倒を見てくれる叔母には頑なな態度、あげく八つ当たりしたりする。(叔母さんがかわいそう)
彼は両親の死を今だ受け入れることが出来ない。

一方、アナベルはがんで余命3ヶ月、彼女は自分の運命を受け入れているように見える。
彼女は残された時間を精一杯生きようとする。
イーノックはそんな彼女に寄り添おうと決める。


restless02.jpg


イーノックの言動が後ろ向きでこどもっぽく、見ていてイラっとする(笑)
実際彼は高校生で、まだ ”こども” と言えなくもない。
しかし、こういった不幸な出来事を受け入れ消化するのに、大人もこどももないのでは?
いい年をした大人だからといって、誰でもすぐ乗り越えられるわけではない。
いつまでも引きずっている大人もたくさんいるはず。

イーノックはその日までアナベルといると決めたはずが、いざとなると来たる彼女の死を受け留められず感情を爆発させる。
やがてその日はやって来る・・・

これはもう涙なくしては見られねえです。

アナベルは死んでしまうけれど、今生きている人々の心に生き続ける。
特攻隊員のヒロシはイーノックに、生きていることの素晴らしさを伝える。
最後はイーノックの笑顔で終る・・・。
あああ・・・たまんない。
こんな作品も撮れちゃうのねえ、ガス・ヴァン・サント。

===
さてキャスティングですが、ヘンリー・ホッパーはあとにして:

アナベルは虫や鳥が好きな、ちょっと変わった女のコ。
イーノックが自分にだけ見える幽霊・ヒロシの話をしても、けして引かない。
そんなアナベルを演じるミア・ワシコウスカがいい。すご~くいい。
とってもきらめいていた。
ミアはこれまでの作品の選び方もうまい。
→ <アリス・イン・ワンダーランド>   <キッズ・オールライト>


ミアの着ている衣装が素晴らしい。絶対シロートには出来ない絶妙のスタイリング。
古着を組み合わせたようなレトロモダン。
この衣装がこの作品に普遍性をもたせている。
(ヘンリー・ホッパーの衣装も同様。ちょっとノスタルジックでステキ)
→ 衣装デザイン : ダニー・グリッカ― あ、<MILK> も担当してたのね

restless01.jpg


そして、加瀬亮。英語がうまいんですけどお。
あまりにうまくて最初、吹き替え? とか思っちゃった。
→ 父親が商社マンで、こどもの時アメリカにいたのね。
って、その加瀬パパ、今やその会社の社長に!!
どっひゃあ~~
双日(旧日商岩井) 社長 加瀬豊氏
画像を見たら、パパの方がステキなような・・(ゴニョゴニョ) by オヤジスキー 

restless09.jpg


ヒロシに対して、日本の観客は特別な思いがある。
ナガサキなどがセリフに出て来て、見ていてひやっとする。
が、ガス・ヴァン・サントは繊細かつやわらかな手でそれらを扱っているのを感じた。
それがわかるのはおそらく世界中で日本の観客だけでありましょう。

restless05.jpg
ガス・ヴァン・サント 主演二人と


===
昨年のカンヌの二大注目若手イケメン、一人は ペドロ・アルモドヴァル <THE SKIN I LIVE IN> のヤン・コルネット、残りの一人がこのヘンリー・ホッパーだった。(奇しくもそろってゲイの監督)
ほんとにカワイイ
傷つきやすいイーノックそのものに見えた。
ヘンリーはうんざりだろうが、”かの” デニス・ホッパーの息子。為念。
さすがガス・ヴァン・サント、男選びの目に狂いなし!

↓ このコの顔、すごく好きなタイプ☆
restless04.jpg


デニス・ホッパーは生涯に5度結婚していて、ヘンリーは、4番目の妻キャスリン・ラナーサとのこども。
キャスリンとデニスの結婚生活は'89~’92年の3年。30歳差。'90年にヘンリーが生まれた。
(デニスが54歳の時のこども)


restless06.jpg ママと

、若き日のデニス・ホッパー おもざしがヘンリーに似ている
restless077.jpg

ヘンリー、こんなワイルド系もあり?
restless08.jpg

次の記事は――
 ヘンリー・ホッパーからの~父子つながりで 
イージーライダー」 です!





イージー・ライダーPageTop私的 映画今年の10本 2011

Comment

衣装に注目

チロさん、感想アップ早いなあ。
見習いたい・・・w

さて、昨年の後半にこの作品は観てるのですが、
なかなか爽やかな映画でした。

メインの出演者3人の雰囲気も好きだし、
オープニングの曲からして引き込まれる。
あのビートルズの曲と歌詞とこの作品はぴったりなんですよね。

チロさんも触れているけど、本当に衣装が可愛い。
アナベルのダサ可愛いレトロファッションもステキで、
後半で着用していた柄もののテロテロしたパンツとか
すっごいキュートだった。

イーノックの服装は基本スーツが多いのだけど、
これまたシャツの襟元とか、ジャケットのデザインなんかが
密かに凝っていて、こっちもおしゃれなのですね。

ずっと衣装がいちいち可愛いなあと思いながら観てました。

加瀬くんの英語には、私も驚いたす。
帰国子女なのはTwitterで知りました。

ミア・ワシコウスカ、次にシャンテでかかる作品は
「ジェイン・エア」なんですよ。
これまってたので超うれしい。
もちろん、彼女がジェイン。
ちなみにロチェスターはミヒャエル・ファスベンダー。
後半に出て来る美青年、セント・ジョンをジェイミー・ベルが演じるという非常に楽しみな作品でございますw

横道に逸れましたが、ヘンリーくん、本当にお父さんの若い頃と面影が似てる。
ジェームズ・ディーンと共演してた頃のデニス・ホッパー。
寝癖のついた髪型が妙に似合っちゃうなんて、なかなかいないよw

一番下の写真

イイネイイネイイネ!!!
さすがチロちゃんだわ(ここでは”る”を取るw)
ホッパーにこんな息子がいたなんて。
でも確かに面影はある。

たみきさん一番下のやつは、カサビアンのセルジオに
どことなく似てないかい

加瀬がそんなにボンだったなんて。

双日の社長かあ・・・・すげっ

どこぞの帰国子女とは大違いっすね>おしおプリンスホテル料理人

サージに似てる!

ばるこさん、似てる!サージに似てるね~。
もうすぐ生で見られる~w
お塩ww

■たみきさん

> チロさん、感想アップ早いなあ。
久しぶりの劇場鑑賞だったので(12/1の「三銃士」以来!)
心がはやってしまったのだ。
そか、1か月も劇場に行ってなかったのか・・・。
毎年12月はそういう傾向にあるようです。

> メインの出演者3人の雰囲気も好きだし、
> オープニングの曲からして引き込まれる。
> あのビートルズの曲と歌詞とこの作品はぴったりなんですよね。

言われて [TWO OF US] の歌詞を見に行って来た。
な~る、イーノックとアナベルの世界そのものみたい。

> チロさんも触れているけど、本当に衣装が可愛い。
衣装、良かったよね!
top画像のアニマル柄のコートもかわいかった。
もっとも着る人=ミアやヘンリーの着こなしも良かったよね。

> ミア・ワシコウスカ、「ジェイン・エア」
ほえ~、これまたすごい作品だね。たのしみだわ。

===
昨日読んだ雑誌にたまたま加瀬亮のインタビューが載っていた。
ガス・ヴァン・サントとリョウは以前より交流があり、
ガスから直接メールで「次の作品で君の役があるかも」と脚本が送られてきたそうな。
(一体どんんだ交流?)

最新作は、巨匠アッバス・キアロスタミ作品とのこと。(すげー)
やっぱり大御所からオファーが殺到しているそうです。

■白みるくさん


> ホッパーにこんな息子がいたなんて。
> でも確かに面影はある。
じーさんになってからの顔を見ると今一つぴんとこないけど、
若い時の顔を見ると、DNAを感じるネ。

> 加瀬がそんなにボンだったなんて。
> 双日の社長かあ・・・・すげっ
強い守護霊がいる家系なのかも。強い運がある。

> どこぞの帰国子女とは大違いっすね>おしおプリンスホテル料理人
O尾とO・ジョーもこのオーディションを受けたという噂もあるよ。
O尾はもう捕まってたんじゃないのか?と記憶をさかのぼってみる。
あれは何年前? ちあきなおみみたいなことをつぶやく・・・。

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

プロフィール

ナンシー☆チロ

Author:ナンシー☆チロ
映画と本のつれづれ日記。
マイナー路線でごめんなさい。
サッカーも好き☆
過去記事へのコメントも歓迎です。
尚、宣伝目的や記事に関連のないリンク・コメント・トラックバックなどはこちらで削除させて頂きますので、ご了承下さい。

追記・その他

  (2017/07/15) 「FATHERS」に追記あり。 プーン役のAsda Panichkulは元MTVアジアの人気VJで東南アジアでは有名人。 ユク役のNat Sakdatornはタイのタレント発掘番組で優勝した実力派シンガーソングライター。

リンク
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ(タブ)

最近のトラックバック
カテゴリ
カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード

QRコード

RSSフィード