宇宙人ポール

「宇宙人ポール」
(2011/USA+UK/PAUL)


paul01.jpg


陽気な宇宙人とオタクの青年2人が繰り広げる珍道中を、『未知との遭遇』『E.T.』など過去の傑作SFへのオマージュをちりばめて描く。


<ショーン・オブ・ザ・デッド> の サイモン・ペグ&ニック・フロスト コンビが帰ってキタ!

今度は ”ゾンビ” じゃなくて、”宇宙人” なのだった。

@渋谷シネクイント

7月に前売りを買った <タンタンの冒険> をやっと観に行こうと渋谷に出かけたら、吹き替え版だった・・・。
急遽これを観たのだった。


SF作家のクライヴとイラストレーターのグレアムはSFおタク。
サンディエゴで開催される 「コミコン」 に参加後レンタカーを借り、SFおタクの聖地巡礼の旅に。
聖地のひとつ、エリア51で宇宙人と遭遇する。
宇宙人ポールを ”故郷” に帰す為、二人は悪戦苦闘する――


おもしろい!
サイコーにおもしろい!!

なんつーか 作品まるごとセンスがいい!

なにより脚本がいい!
ギャグのセンスが秀逸で、爆笑の連続!
→ <ショーン~> から引き続き、主演のサイモン&ニックが脚本も担当。


毒舌で皮肉屋 ポールのキャラクターが実に人間臭くいちいち笑える。(だってタバコなんか吸ってるんだぜ)
だけど後半、60年前にポールを助けてくれたタラとの再会のシーンにはほろっとさせられる。
と、うるうるしていると、次にガクッと来るようなギャグをかましてきたり。

終盤は、<未知との遭遇> や <ET> を初めて見た時の感動がよみがえる。
<宇宙人ポール> は、笑って泣ける秀作なのだ。

paul04.jpg



↓ さすがブリティッシュ  溢れるパロディ精神! <ET> のワンシーンが!

paul02.jpg


宇宙人ポールはアメリカ政府に囚われていたこの60年の間、人類に多大な貢献をした(本人談)
ポールの自慢話 : ある映画の製作にアドバイスしてやった。

―― 宇宙人の能力のひとつ、”ヒーリング” を使うといいよ、スピルバーグ君

電話相手のスピルバーグ君の声が、ホンモノそっくりで、
「やっぱりアメリカにはスピルバーグのそっくりさんとかいるのね」
と思っていたら、

どっひゃあ~~!

実は ホンモノだった。

<タンタンの冒険> で双子の刑事 (原作ではデュボンさんとデュポンさん。なんせまだ観てないからくわしくはわからない) の声を担当していたサイモン・ペグとニック・フロストが撮影中に 「今、こういう作品を撮っているんだ」 とスピルバーグに話したら、出演を快諾してくれたという。
さすが、天下のスピルバーグだよ!

尚、字幕監修をアメリカ在住の映画評論家 町山智浩が担当している。
なので、エッジィなギャグやひねりの利いたセリフが生き生きと伝わってキタ。
グッジョブ!
TOKYO MX テレビ 「松嶋×町山 未公開映画を観るTV」 でおなじみ。
(未公開ドキュメンタリー映画を紹介する番組なのだ)

マーヴィン・ゲイなど選曲のセンスもグ~☆ (なつかしソングいろいろ)
特にエンディングの 「ALL OVER THE WORLD」、ELOファンにはたまらなくうれしかった。
だってこれ、すっごくいい曲なんだも~ん。
ELOは、もう一曲 「DON'T BRING ME DOWN」 も使われてて、この曲は <SUPER 8> の冒頭にも使われた。(なんか意味があるのかな?)


笑いあり涙ありラブあり、
何もかもが過不足なく、ケチのつけようなし。
後味さわやかな文句なしの一作。
今年のmyランキング、すでにランクイン決定!


paul03.jpg

宇宙船のセットをバックにポーズする二人。少年のよう。
この作品、実はけっこー金がかかってるんじゃね~か?
左のニック・フロスト、さらにデブ度が増しておタク度MAXってかんじだったけど、
ときどき目がきらっと知的に光るのよね。さすがブリティッシュ 




ブラック・サンデーPageTopイージー・ライダー

Comment

■1/18 22時ごろ

拍手コメントくださったBさん
ありがとうございます。
とっても楽しい作品だったので、是非観てみてくださいネ☆

愛に満ちた映画

もうね!昨年のラストに観た映画だったのに、
見事ベスト3にランクインした映画なのです。

何かの映画祭で上映されていて、Twitter上では映画ファンが騒いでいて、夏くらいに既に話題になっていたこの作品。
評判が高いので、期待をかなり高めにしてしまったんだけど、
それを上回る程の満足でした。

映画に対する愛情もそうだし、SFとかその辺りに対するオマージュも
ふんだんに盛り込まれているのですね。
全部わかる程マニアじゃなくても、充分楽しめるところがいい!
ポールの声のセス・ローゲンもとても良かったし。
タラ役は、グウィネスママなんだよねー!

サイモンとニックは本当に仲良しなのだなと全面に出てるw
ポールに「お前たち・・・なのか?」って聞かれる時の反応が面白いw

スピルバーグのシーンはおもしろいし、みんな笑ってた。
あと、ラストのあの方の登場にも笑ったw
どうせなら、ちっさい下着姿で出て欲しかったけど。

誰かが呟いてたけど、ポール=パウロで、目を治すとかそんなのもキリスト教聖書からのネタだとかって話もあるらしい。
まあ、それはそれでいいとしても、
全編に渡りいろんな愛に満ちた映画だってことは確か。
最高す。

■たみきさん


> 何かの映画祭で上映されていて、
へぇ~ どこの映画祭だったんだろ?
私はデイヴが紹介してて知ったのだ。公開が楽しみで楽しみで。

>ポールの声のセス・ローゲンもとても良かったし。
> タラ役は、グウィネスママなんだよねー!
セス・ローゲン、良かったね。
ぐぃネスママ!? おばあさんなのにきれいだと思ったよ。

> サイモンとニックは本当に仲良しなのだなと全面に出てるw
> ポールに「お前たち・・・なのか?」って聞かれる時の反応が面白いw
お約束のモーホネタで確実に笑いをとってました(笑)

> 誰かが呟いてたけど、ポール=パウロで、目を治すとかそんなのもキリスト教聖書からのネタだとかって話もあるらしい。
ほえ~、「治す」 つながりで、「ロレンツオ・ゾイル」 → 「ロレンツォのオイル」 のネタだったのだろうか?

> 全編に渡りいろんな愛に満ちた映画だってことは確か。
ほんと。SFオタク愛から始まって、いろんな愛がありました。
チロル的には、グレアムにカノ女が出来て、クライヴがすねちゃうとこが
しょっぱくて良かったな。
モーホじゃなくても、友情というか同士愛というか「愛」があったよね、二人には。

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

プロフィール

ナンシー☆チロ

Author:ナンシー☆チロ
映画と本のつれづれ日記。
マイナー路線でごめんなさい。
サッカーも好き☆
過去記事へのコメントも歓迎です。
尚、宣伝目的や記事に関連のないリンク・コメント・トラックバックなどはこちらで削除させて頂きますので、ご了承下さい。

追記・その他

  (2017/07/15) 「FATHERS」に追記あり。 プーン役のAsda Panichkulは元MTVアジアの人気VJで東南アジアでは有名人。 ユク役のNat Sakdatornはタイのタレント発掘番組で優勝した実力派シンガーソングライター。

リンク
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ(タブ)

最近のトラックバック
カテゴリ
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード

QRコード

RSSフィード