ふたりの教師

「ふたりの教師」
(2000/FRANCE/LE PROF )


prof01.jpg


幼馴染のアレクサンドル(J-H・アングラード)とイポリット(Y・アタル)はともに熱血教師だが、教育に対して正反対の考え方を持っている。その二人が同じ女性に惹かれ、三角関係へともつれ込む。

【現代フランス映画の肖像2/ユニフランス寄贈フィルム・コレクションより】 
 その3 @京橋フィルムセンター 


ジャン・ユーグ・アングラード主演です。



教育現場の理想と現実を描く。
こういうテーマって、どうしてもクサくなっちゃうのは仕方ないのかな?
おフランスでもこういう作品を作るのね。っていう点である意味新鮮かも。
とはいえ、教育現場と色恋をからめて描くというのはさすがおフランスだべ。


ジャン・ユーグ・アングラード、超お久しぶり。
老けた~~ (今年57歳)

一時代、彼の作品がひんぱんに公開されていたよな。
一世を風靡したフランス人俳優と言えましょう。


ベティ・ブルー インテグラル リニューアル完全版 [DVD]ベティ・ブルー インテグラル リニューアル完全版 [DVD]
(2008/09/24)
ジャン=ユーグ・アングラード、コンスエロ・デ・アビラン 他

商品詳細を見る


彼が不器用で熱血な教師を演じる。
今までのイメージとだいぶ違う感じがする。

不器用でも女を口説くのはうまい。
さすがフランス男 

彼の口説きのテクを見ていると、思っていること、したいことをそのまま口にすればいいだけのこと、みたいな気もする。

きれいだね
もっと一緒にいたい
とか。
そやけど日本男子はようでけんのやな。

一方、おさななじみの同僚教師を演じるのが、イヴァン・アタル。
顔が濃ゆい。

こっちは典型的女好き。三股四股ヘーキなタイプ。
ダメ・・・ちょっとチロルには・・・苦手なタイプ。
フランス女性には、セクスィ~  ってかんじでウケるのかしらね。

エキゾチック(?) な顔立ちは、イスラエル・テルアビブ生まれだから?
妻はシャルロット・ゲンズブール。


prof02.jpg


しかしさ、フランス映画を続けて見て思うのは、異常な喫煙率の高さ。
ひと昔前の作品が多いからかしら? 最近はそうでもないのかな?
さすがおフランス、グローバルな流れなどなんのその、わが道を行く!?



何も言わずにPageTopカウントダウン

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

プロフィール

ナンシー☆チロ

Author:ナンシー☆チロ
映画と本のつれづれ日記。
マイナー路線でごめんなさい。
サッカーも好き☆
過去記事へのコメントも歓迎です。
尚、宣伝目的や記事に関連のないリンク・コメント・トラックバックなどはこちらで削除させて頂きますので、ご了承下さい。

追記・その他

  (2017/07/15) 「FATHERS」に追記あり。 プーン役のAsda Panichkulは元MTVアジアの人気VJで東南アジアでは有名人。 ユク役のNat Sakdatornはタイのタレント発掘番組で優勝した実力派シンガーソングライター。

リンク
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ(タブ)

最近のトラックバック
カテゴリ
カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード

QRコード

RSSフィード