人生はビキナーズ

「人生はビギナーズ」
(2010/BEGINNERS)


begin06.jpg


同性愛をカミングアウトした父親と初めて恋をした38歳の息子の姿を通して、人はいつでも新たなスタートが切れることを感動的にうたい上げる人生賛歌。


祝 クリストファー・プラマー爺 
アカデミー賞助演男優賞受賞!!


結局主要作品でアカデミー賞前に観られたのはこの作品だけだった。
例年アカデミー賞前に日本公開されるのは限られているけれど、今年は特に少なかった。
もう少し早目に公開してよ、日本の映画配給会社さん。

@TOHOシネマズシャンテ

監督マイク・ミルズのプライベートストーリーだそうな。
父親が亡くなってわずか5か月で脚本を練り上げた。
この映画のことを知ったのは、昨年の東京国際レズビアン&ゲイ映画祭の会場にあったチラシ。
ずっーーと観たかったよ~~ん

デザイナーのオリバー、38歳。誰とつき合っても長続きしたことがない。
(うまく愛情関係を作れないのはどうやら彼のおいたちに関係がある)
父と母は44年連れ添い、母が亡くなった後、父は突然カミングアウトする。

――私はゲイだ。
これからは本当の意味で人生を楽しみたいんだ


パパが75歳にしてカミングアウトしたことでのドタバタ騒ぎ、みたいな話かと思っていたらちぇんちぇん違ってた。
物語は、現在と父の最後の数年とオリバーのこども時代を行きつ戻りつして描かれる。

地元のゲイコミュニティに入り、ゲイプライドにも参加、若い恋人も出来た。
いきいきと人生をエンジョイする父。
そんな時にがんが宣告される。
亡くなる前の数年、父に寄り添うオリバーとの時間がいい。

まるで恋人同士のようになかよし 

begin05.jpg


オリバーはそれまで父とそういう時間を過ごしたことがあったのかな?

そして父が亡くなり、父の愛犬アーサーを引き取る。
オリバーとアーサーの会話が心温まる。ほんわかする。

begin03.jpg
 もう結婚したの?


オリバーはあるパーティーでアナと知り合う。
38歳にして本当のラブを知ったオリバー・・・

かに見えたのだが、それも手放してしまう。


本当にそれでいいの?


さて、オリバーは??


父の75回目のカミングアウトも、僕の38年目の恋愛も。
人はいくつになっても新たな一歩を踏み出すことができる――。
人生の ”初心者” たちがそれぞれの道を切り拓く希望の物語。


結局 ↑ というお話なのでした。


この話は、同性愛者が家庭を持ったことの悲劇、という一面もある。
13歳で自分の性指向に目覚めたという父。
高校の同級生の母にプロポーズされ結婚してしまう。

伊藤文学も言っていたけれど、この時代だとゲイも ”ふつーに” 結婚し家庭を持ったということなのだろう。

「妻のことは愛していたけれど、妹みたいなかんじだった」

母はずっと満たされないものを感じていた。
こどもの時からそんな母をそばで見て来たオリバーは、誰かを真剣に愛することがわからない。
父は本当の自分を押し殺して生きて来た。

「パーティーに出ると、目が行くのは男ばかりだった」


それでも母に操を立てていたんだよね。彼なりのの愛情だったんだろう。
しょっぱい。

===
プラマー爺は、ナチュラルにゲイのじーさんに見えた。あっぱれ!

begin04.png


ユアン・マクレガーはほんとにますますいいな。
ナイーヴでボセホンくすぐるヘタレ具合はこの人の独壇場。
話し相手は犬のアーサーだけ・・・なんてキュート 


若い恋人は、「ER」 Dr.ルカ・コバッチュ!
ほんとはクロアチアの超イケメンなのに、今回役作りでもっさりしてる。
ルカのイケメンぶりが見られなくてがっかりだけど、この役はイケメンじゃだめだよね。

ところで、「ER」は吹き替えで見ていたので、ルカ・コバッチュの声を初めて聞いた。
そしたら、声優 てらそままさき の声にそっくりだった。
ルカ・コバッチュを連呼しちゃったけど、彼はゴラン・ヴィシュニック。

begin02.jpg

===
デザイナー オリバーの描くイラストは、グラフィックデザイナーでもあるマイク・ミルズの作品とのこと。

なんかね、内省的で静かなしみじみとする作品。
アメリカ映画なんだけど、ちょっとヨーロッパ映画のテイストを感じる。
ユーモアセンスも秀逸。

食べちゃいたいくらいカワイイ☆ アーサー(=コズモくん

begin01.jpg 
おりこうちゃんですネ。



ねじれた愛PageTopミッション:インポッシブル ゴースト・プロトコル

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

プロフィール

ナンシー☆チロ

Author:ナンシー☆チロ
映画と本のつれづれ日記。
マイナー路線でごめんなさい。
サッカーも好き☆
過去記事へのコメントも歓迎です。
尚、宣伝目的や記事に関連のないリンク・コメント・トラックバックなどはこちらで削除させて頂きますので、ご了承下さい。

追記・その他

  (2017/07/15) 「FATHERS」に追記あり。 プーン役のAsda Panichkulは元MTVアジアの人気VJで東南アジアでは有名人。 ユク役のNat Sakdatornはタイのタレント発掘番組で優勝した実力派シンガーソングライター。

リンク
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ(タブ)

最近のトラックバック
カテゴリ
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード

QRコード

RSSフィード