男と女 アナザー・ストーリー

「男と女 アナザー・ストーリー」
(2002/AND NOW… LADIES AND GENTLEMEN )


landg03.jpg

フレンチ・ポップス界の歌姫パトリシア・カースが出演するクロード・ルルーシュ監督の作品。宝石泥棒の男(J・アイアンズ)とジャズシンガーの女(P・カース)が繰り広げるロマンチックなラブ・ストーリー。

【現代フランス映画の肖像2/ユニフランス寄贈フィルム・コレクションより】 
 その9 @京橋フィルムセンター 



♪ダ~バ~ダ ダバダバダ ダバダバダ
 ル~ル~ル~ ダバダバダ ・・・

<男と女> (’66) から36年。

そして久々のジェレ様でっす。


一流の宝石店ばかり狙う宝石泥棒バレンタインとジャズシンガー ジェーン。
バレンタインには一緒に暮らす恋人がいて、ジェーンは男と別れたばかり。
別の世界に住む二人がモロッコで出会う・・・。

どこ? ラブはどこなの??
涙で前が見えない・・・ ラブはどこ?

この邦題は後から日本側が勝手につけただけで、クロード・ルルーシュはべつに 「男と女」 として作ったわけじゃないのでは?
あの 「男と女」 よ、もう一度! を期待して来た人が多かったのか、この回は一番の入りだった。(マダム率高し)
チロルもその一人だったけれど、全く別物の作品だった。
(「アナザーストーリー」 っていう副題通りっちゃあそうなんだけど)

宝石泥棒として、時には老人、時には女装マダムとジェレ様はやり甲斐ある役どころ。
一方、ジェーンを演じたパトリシア・カースは何曲も歌を披露。
それぞれの見せ場はたっぷりなのだが・・・。

landg01.jpg


この作品、日本未公開。当初はなぜ未公開?? と思ったけど、それなりに理由があると納得した次第。
133分は長い。冗漫な印象。
もう少しエピソードを削っても良かったのでは? (イヴァン・アタルのシーンとか)


久々のジェレ様、スクリーンで観るのは <エラゴン> (2006) 以来?
(製作年度は2002年のこちらの方が前だけど)
さすがに年とって来たよなあ・・・。この時54歳。
スクリーンで見ないと思っていたら、最近はもっぱらテレビ方面に出演しているようです。


landg04.jpg


ま、当初懸念していたジェレ様がラブラブといちゃこらこかないので良かった、良かった。
ラブ不在で良しとしよう。(何様?)


landg06.jpeg


イタリアの富豪夫人で、クラウディア・カルディナーレが出ていた。
さすがにイタリアマダムの貫禄。
2002年のこの時は美貌にそん色なく老いてなお美しかった。
それから約10年、2010年のカンヌにアラン・ドロンと現れた時は誰だかわからなかった。
<黒いチューリップ> の記事内画像ご参照)

landg05.jpg



赤ちゃんに乾杯!―18年後/父―息子PageTopギャルソンヌ

Comment

こんにちは

>ラブ不在で良しとしよう

でも、一応ラブ・ストーリーなんだよね。
これから始まるってこと??


>もう少しエピソードを削っても良かったのでは? (イヴァン・アタルのシーンとか)

マイダメツボのイヴァン・アタルはたまたま近くにいたから出ちゃいました、みたいだったし、
ボクシングの世界戦も、撮影大変だったからかっとするのが惜しい、ような扱いだったよね。

時間を勘違いするほど長かった………。(笑

■アンソニーちゃん

> でも、一応ラブ・ストーリーなんだよね。
> これから始まるってこと??

がははは!
そうだった、そうだった! ラブストーリーだったね(笑)
ジェレの年下カノ女はどうなったのか?
二人の病気は??
となにもかもがわからぬまま終わったね。
ラブのはじまりの甘々感も薄味風味。

> マイダメツボのイヴァン・アタルはたまたま近くにいたから出ちゃいました、みたいだったし、

me too → ダメツボ・イヴァン!

> ボクシングの世界戦も、撮影大変だったからかっとするのが惜しい、ような扱いだったよね。
あそこもいらなかったね。

> 時間を勘違いするほど長かった………。(笑
おおお、温厚なアンソニーさんがそこまで言うか(笑)

今回わかったのだが、この特集上映って、日本未公開作品だよね。
クイア映画など一般受けしない作品は別にして、
未公開=ワケありB品作品も多いってこと。
名作・秀作なら一般公開しているはずだよね。
中には砂金のようにお宝が埋もれているかもだけど。
次回から心して見ることにしよう、と心に誓ったのだった。

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

プロフィール

ナンシー☆チロ

Author:ナンシー☆チロ
映画と本のつれづれ日記。
マイナー路線でごめんなさい。
サッカーも好き☆
過去記事へのコメントも歓迎です。
尚、宣伝目的や記事に関連のないリンク・コメント・トラックバックなどはこちらで削除させて頂きますので、ご了承下さい。

追記・その他

  (2017/07/15) 「FATHERS」に追記あり。 プーン役のAsda Panichkulは元MTVアジアの人気VJで東南アジアでは有名人。 ユク役のNat Sakdatornはタイのタレント発掘番組で優勝した実力派シンガーソングライター。

リンク
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ(タブ)

最近のトラックバック
カテゴリ
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード

QRコード

RSSフィード