捜査官X

「捜査官X」
(2011/香港+中国/武侠)


bukyo03.jpg


とある村で強盗殺人を起こした犯人たちの変死。その裏に隠された驚愕の事実を突き止める捜査官の姿を追いかけていく。

久しぶりのキャネシロに、ドニーのアニキ、監督はピーター・チャン!

最後にキャネシロを見たのっていつかしら?
このところ大作ばかり出ていたから、大作が苦手のチロルには縁遠かったのよ。

@丸の内TOEI

こういうドニーのアニキが出る中華圏映画って、観客は圧倒的に男性が多いんだけど、なぜか今回はシニア料金で入れる妙齢のマダムが多かった。
これってキャネシロ目当てってことなのかしら?

(今回は友晴モードでお送りしています)


1917年、中国雲南省の小さな村で強盗事件が発生する。
製紙工場の職人、リウ・ジンシーが居合わせ、必死の応戦で犯人2人は死亡したという。
なぜ平凡な男が凶悪犯を倒せたのか。
捜査官のシュウは正当防衛ではなく、致命傷を意図的に狙った殺人ではないかと疑念を抱く。



すごく不思議な作品だったわ。
奇想天外なカンフーアクションミステリとでも言えばいいのかしら。

今回ドニーのアニキは、妻とこどもと静かに暮らす小市民。
でもそれは仮の姿、小市民と達人の顔を使い分けるのよ。
そして後半はもちろんアニキのキレのあるアクション全開よ。
今回もアニキ自ら動作導演(アクション監督) を務めたし。

この役って、中国映画界広しと言えど、やっぱりドニーのアニキしか出来ないわね。
片やキャネシロのキャラクターってのも替え難いものがあるわ。
どちらもいいキャスティングでした。

リウの妻に、”あの” タン・ウエイ → <ラスト、コーション>
敵側に、ジミー・ウオングとクララ・ウエイ (往年のクンフースター)

リウの末息子役のコがとってもめんこかったわ。

bukyo01.jpg
↑ タケシ、こういうクラシカルなスタイルが似合うのよね☆


陳可辛 (ピーター・チャン) は、レスリー・チャン&アニタ・ユンの <君さえいれば/金枝玉葉>(’94) や <ラブソング>(’96) といった、都会的でウエルメイドなドラマのイメージが強いけれど、活動の拠点を早々に香港から大陸にシフトして大作を撮るようになったのよね。
ハリウッド進出も果たして、意外にアグレッシヴな人だったのかしら。


ラヴソング [DVD]ラヴソング [DVD]
(1999/10/21)
レオン・ライ、マギー・チャン 他

商品詳細を見る

 ↑ これって香港アカデミー賞(香港金像奨) 9部門受賞した上、<TIME> 誌が選ぶ最優秀映画10本に選ばれたのね。
街でこの映画のテーマソング 「甜蜜々」 が流れていたりすると、今でも思わず目頭しちゃう・・・。

===
チロル的には、奚仲文 (ハイ・チョンマン) の美術が良かったわ。好きなのよ。
ワルと対決した池の美しさとか、リウの家や飲み屋のセット、ステキだった。

最近は、イー・チュンマン と表記するのね。北京語表記ってことかしら。
そういえば、イー・チュンマン初監督作品 <アンナ・マデリーナ> (’98) もキャネシロ主演だったわね。


アンナ・マデリーナ [DVD]アンナ・マデリーナ [DVD]
(2006/06/23)
ケリー・チャン、金城武 他

商品詳細を見る


と、キャネシロのフィルモグラフィーを見てみたら、この前に見た作品はおそらく <ラベンダー> (2000) よ。
ご無沙汰もいいとこよ。
彼は全くロマンスの噂を聞かないけれど、結婚しないのかしら。今年39歳。
まあ、大きなお世話ね。
結婚なんて、歳なんて、どうでもいいことよね。失礼しました。

観た人の間で不満が出ているこの邦題、たしかにちょっと問題あるわね。
ミスリードするタイトルだわ。
原題は 「武侠」です。

bukyo02.jpg
ピーター・チャンを囲んで

西瓜PageTopスーパー・チューズデー 正義を売った日

Comment

ドニーあにき

「捜査官X」なんじゃらほいと思いながらも見たけど…
わい、何時もながら作品内容事前に把握しないけどこの邦題あり得ないし
これじゃ金城物語みたいだわよねえ だめじゃん

で、わい、ドニーはイップマンくらいしか見てないけれどね
最初は穏やかに朴訥とした村人だったのに、後にアクションシーンの連続期待通りですわよ
まぢかっちょええなぁ
金城さん、金田一の様な出で立ち似合っておりました
シュウは過去からの葛藤を抱えて仕事を全うしようとするのだが、それらの絡みからただのアクション映画では終わらせないんだよね

深い潤いのある青緑色の霧がかった様な美しい田園風景や、趣のあるセットには感動してしまいましたわ
とにかく面白かったわね

勘違い

金田一って不潔極まり無いんだった
ちょー違うじゃん

■けんちゃん


> これじゃ金城物語みたいだわよねえ だめじゃん
そうなんだよね!!やっぱカネシロって日本で人気あるんだね。

> 最初は穏やかに朴訥とした村人だったのに、後にアクションシーンの連続期待通りですわよ
> まぢかっちょええなぁ
期待を裏切らないかっちょよさ!

> 金城さん、金田一の様な出で立ち似合っておりました
レトロな雰囲気ってことだよね。だいじょぶ!わかりますよw

> 深い潤いのある青緑色の霧がかった様な美しい田園風景や、趣のあるセットには感動してしまいましたわ
> とにかく面白かったわね
そうそう、その辺がやっぱり香港映画っぽくて好き。
ドニーのアニキの「葉問」はええよなあ~☆

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

プロフィール

ナンシー☆チロ

Author:ナンシー☆チロ
映画と本のつれづれ日記。
マイナー路線でごめんなさい。
サッカーも好き☆
過去記事へのコメントも歓迎です。
尚、宣伝目的や記事に関連のないリンク・コメント・トラックバックなどはこちらで削除させて頂きますので、ご了承下さい。

追記・その他

  (2017/07/15) 「FATHERS」に追記あり。 プーン役のAsda Panichkulは元MTVアジアの人気VJで東南アジアでは有名人。 ユク役のNat Sakdatornはタイのタレント発掘番組で優勝した実力派シンガーソングライター。

リンク
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ(タブ)

最近のトラックバック
カテゴリ
カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード

QRコード

RSSフィード