裏切りのサーカス

「裏切りのサーカス」
(2011/フランス・イギリス・ドイツ/Tinker Tailor Soldier Spy)


tinker06.jpg


英国諜報組織の中枢に20年も潜入しているソ連の二重スパイを捜すため、引退生活から呼び戻されたスパイが敵味方の区別もつかない中で真相に迫る姿を描く。


スパイ物は小説も映画も苦手なのだ。
チロルの脳みそではいつも状況に全くついていけないのだ。
にしてもこの作品は抗いがたい。
行ってキタ。

@TOHOシネマズシャンテ


1970年代、英国諜報部 「サーカス」 を辞めたスマイリーに、古巣に潜むソ連の二重スパイ 「もぐら」 を探せという特命が下る。

英国むっつりオヤジ頭脳ゲーム

なんて言い得て妙!
鼻歌さんにざぶとん10枚やっておくれ、山田くん。

うーむ・・・かなりの頭脳戦だった。
チロル予想通りの大苦戦。
まず人の名前を覚えるところから苦悩・・・。(そこからかい!?)

るりちゃんと社長と一緒に行ったのだが、るりちゃんは途中で意識を失い、後で 「あそこはどういうことだったの?」 と聞くと、社長はとんちんかんな説明をする始末。
全然わかってないし。(人のこと言えねえ)
でもおもしろかった!!

これでもストーリーは原作からだいぶ単純化したという。→ アカデミー賞脚色賞ノミネート
ジョン・ル・カレも絶賛! という一作。
なんか、将棋とかコントラクトブリッジをやってるような気分だった。って、将棋やったことないけど。

スウェーデン人のトーマス・アルフレッドソン監督は、1970年代の英国をよく知るサー・ポール・スミスに協力を仰いだ。
サーはシーンごとに英国を象徴する赤と緑を取り入れるように進言した。
スマイリーの部下が盗むファイルは緑、
浮気した朝、”男” がはいていた靴下は・・・
などとチェックするのも楽しかろう。
→ サー・ポール・スミスとゲイリーの2ショット画像は、GQのサイト にあるよ。
素のゲイリーは若々しくてステキ☆

シブいUKの役者陣揃い踏み。
ゲイリー・オールドマンを初めて見たのは、<シド&ナンシー> じゃなかったっけ。
あそこから遠くまで来たな、ゲイリー。最近の活躍は喜ばしい限り。

tinker03.jpg



シド・アンド・ナンシー [DVD]シド・アンド・ナンシー [DVD]
(2011/03/25)
ゲイリー・オールドマン、クロエ・ウェッブ 他

商品詳細を見る


スマイリーの忠実な部下役ベネディクト・カンバーバッチ、とにかく顔がデカい!
だけど、♪フランク永井は低音の魅力~~ 声が低音ですごくいいよ。
期待の若手? 顔デカいけど。

tinker02.jpg



敵役でないマーク・ストロングって初めて見たかも(笑)
なのでしばらく彼と気づかなかったとです。
今回はやり甲斐のある役ドコロだったわね。

tinker01.jpg
なんだ、素は超イケメンじゃないか!?




さてさて、全く予想していなかったところで、”かぐわしいかほり” がそこここにあった。
これから見る方々は、クイアテイストなあじわいもお楽しみに。

東西冷戦・・・昭和は遠くになりにけり、じゃないが、もはや遠い日の出来事。
あれは一体何だったのか。歴史の大きな一コマ。

たしかにこれはリピート鑑賞したら理解が深まるかもね。

ジェーン・エアPageTop次の ”熊” はどこに?

Comment

私のオールマイベストムービーとなった作品

これを初日に観た後、しばらくはこの作品に取り憑かれたように、
Twitterで他の人の感想を読みあさった。
一週間この作品に浸りきり、一週間と間をあけずに2回目を観に行った。
大好きです。こんなに「好き」と言える作品は珍しい。

もともと原作をIMDb片手に事前に読んでいたので、
(旧訳だったのでひたすら難解難物)
人物関係と配役はばっちり頭に入っていたためか、
置いてけぼりを食らう事なく、観ることができました。

これは予習をして観た方が良い作品です。

それでも、字幕を追うため画面のなかにある
細かなメッセージや演出を見落とすこともあり、
二度目で発見したこともいくつかありました。

キャストがぴったりで、絶妙だし、
全員がそれぞれ良い仕事をしてるなと感じるのです。

ギラム役のカンバーバッチくん、ター役のトムハ、
そして、ジム役のマークなどの涙も必見ですよねこれ。

それから、色といえば、
ギラムのあの水色のネクタイの鮮やかなこと。

そうそう、クアイアテイストはふんだんにあります。
むしろそっちがメインなのかと思うくらいに。

ラストシーンのあの曲とあの映像には
ただただ痺れっぱなしでした。
「ラ・メール」を何度もリピートしました。

語りだしたら止まらないのでこれくらいにしておきます。
イタリアへ行く飛行機の中でももう一度観てしまいました。
今年の1位ムービーはこれで決定です。
たぶんしばらくは不動です。

かんばーばっち君の

ファンなのは一緒に行った友達。

それよりやっぱりげりお!!!

シド&ナンシー、も一回見たくなった。
この間、アメドラ見てたら、ナンシーが見事におばはんに
なってて出てました。あの鼻声は変わらずよ。

それにしてもげりお、あのよだれ鼻垂らしゲロ吐き男もりっぱになりましたよね♪

■たみきさん

はまったんですね。
そういう作品にめぐりあえるというのはしあわせね。

> これは予習をして観た方が良い作品です。
納得します・・・。

> それから、色といえば、
> ギラムのあの水色のネクタイの鮮やかなこと。
さすが、サーに協力を仰いだだけあって、
全体としてセンスがいい映画だよな。

> そうそう、クアイアテイストはふんだんにあります。
> むしろそっちがメインなのかと思うくらいに。
まさか、ルカレで・・・ととんだサプライズでした。


■かんばーばっち白みるく さん

> ファンなのは一緒に行った友達。
あ、ファンもいるのよね、やっぱり(シツレイ
にしてもかんばーばっち、すごい名前、初めて聞いたよ。

> この間、アメドラ見てたら、ナンシーが見事におばはんに
> なってて出てました。あの鼻声は変わらずよ。
クロエ・セブニーじゃなくて、クロエ・ウエブだったっけ。
あの後あまり見掛けなかったけど、本国では活躍していたのかしらね。
老けこむ顔だね、あのタイプは。

> それにしてもげりお、あのよだれ鼻垂らしゲロ吐き男もりっぱになりましたよね♪
一時低迷してたけど、見事に華を咲かせたな。
ユマ・サーマンと結婚してたなんて遠い昔の話。

ざぶとん頂きました・・・が、それだけじゃなかった!!!
全然、自分の予想、甘かったですね。

こんなに映像的に酔わされるとは思いませんでした。


>1970年代の英国をよく知るサー・ポール・スミスに協力を仰いだ。
>サーはシーンごとに英国を象徴する赤と緑を取り入れるように進言した。
ななな!! なるほど!!!

GQのリンクも素敵ですね〜♡
ほんと、素のオールドマンさんは、笑顔がカワイイおっさん。
なんて良いギャップ♪

他のキャストも、ほんとバッチリでしたね!
もちろん、下痢男さんもよかったけど、私なら、アンサンブル賞とか、そういうのあげたい。
総合的にとてつもなく高得点で、イギリスの俳優大国を見せつけられましたね。

■鼻歌さん

コメントありがとうございます。

> こんなに映像的に酔わされるとは思いませんでした。

やっぱりスウエーデン人監督のセンスってのがあるんでしょうかね。
監督本人は、自分が”外国人”だからこそ気づく視点があると言ってました。

> GQのリンクも素敵ですね〜♡
> ほんと、素のオールドマンさんは、笑顔がカワイイおっさん。
> なんて良いギャップ♪

GQの画像、2ショットしか見てなかった!
他のゲイリーをモデルにした画像が超かっちょイイネ!
この映画を見た後だと、つい映画世界に入り込んで、
スマイリー=ゲイリーという錯覚に陥るけれど、
このGQのページで現実に引き戻されたかんじ。
ほんとすごいギャップだわ。
つーか、こんな美中年ありぃ??


>私なら、アンサンブル賞とか、そういうのあげたい。
うまい!アンサンブル賞!
英国王も一人目立つこともなく、いつもはアクの強いマーク・ストロングも
完成された作品のピースの一つに徹してた。
かんばーばっちはけっこープレッシャーあったろうなあ。

> 総合的にとてつもなく高得点で、イギリスの俳優大国を見せつけられましたね。
お、すばらしい!
ママもリラックスできて、よい胎教になったかもね(笑)

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

プロフィール

ナンシー☆チロ

Author:ナンシー☆チロ
映画と本のつれづれ日記。
マイナー路線でごめんなさい。
サッカーも好き☆
過去記事へのコメントも歓迎です。
尚、宣伝目的や記事に関連のないリンク・コメント・トラックバックなどはこちらで削除させて頂きますので、ご了承下さい。

追記・その他

  (2017/07/15) 「FATHERS」に追記あり。 プーン役のAsda Panichkulは元MTVアジアの人気VJで東南アジアでは有名人。 ユク役のNat Sakdatornはタイのタレント発掘番組で優勝した実力派シンガーソングライター。

リンク
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ(タブ)

最近のトラックバック
カテゴリ
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード

QRコード

RSSフィード