アーミー・デイズ

「アーミー・デイズ」
(1996/ARMY DAZE)


army01_20120605222404.jpg


シングリッシュとスラング満載!
シンガポール男子に共通の試練、兵役を題材に幅広い層から大きな共感を得た大ヒットコメデイ。

【2012年 シンガポール映画祭 上映作品】

シンガポールの内情がよく分かる一作。
コメディです。

シンガポールには兵役があり、18歳になるとみな徴兵される。
期間は2年半で、最初の3ヶ月は基礎訓練機関。その3ヶ月の物語。

マレー系、中国系、インド系・・・生まれも育った環境も違う人々が集まる。
ふつーの若者がいきなりキャンプに放り込まれどうなるのか?

戸惑う若者たちを興味深くみつめた。

最初に支給されるユニフォーム、靴はニューバランスの新品!?
軍隊の靴もブランド物なのね。
ニューバランスにとってはビッグなお得意様だわね。と、みょーなところに感心。

つらい訓練かとおもいきや、なんだかみんな楽しそう。

シンガポール映画はクイアなモチーフが多い。
仲間の一人におネエが!?

細くてきゃしゃでとってもカワイイ☆
おネエがキャンプでやっていけるのか!?
→ 意外に成績優秀なのだ

上映前に、「後でサプライズゲストがあります」とのアナウンス。
上映終了後、レズビアン&ゲイ映画祭でもおなじみ、通訳&進行の松下由美さんに招かれ登場したのは、キャストの一人。

え、こんな人出ていた?? と思ったら、おネエ役のケビン。
まあ、かなり増量・・・。全く面影が・・・(シツレイ)

この作品、実は1996年、16年前の製作。16年の月日よ・・・。

このケビンさん、この映画の後カタギの仕事に就こうと、なんと、LVMH(ルイヴィトン・モエ・ヘネシー)、クリスチャン・ディオールなどを経て、今、シュウ・ウエムラ!! で、現在日本に駐在中。それで来てくれたんですね。
華麗な転身とキャリアにぶったまげたのだった。

Q&Aセッションでは、シンガポールの兵役について多く語られた。
ケビンさん曰く、シンガポールの兵役は、韓国や台湾と比べずいぶんゆるいと(笑)

とはいえシンガポール人にとっては最大の関心事であり、今回の映画祭でもこの他にも兵役をモチーフにした作品がいくつかある。
そういえば、<愛を探すこどもたち> も主役の一人が軍人だったっけ。

↓ ピンボケでごめんちゃ! ケビンさんと松下さん。
army02.jpg

Short Lah! ロイストン・タン短編集PageTop青い館

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

プロフィール

ナンシー☆チロ

Author:ナンシー☆チロ
映画と本のつれづれ日記。
マイナー路線でごめんなさい。
サッカーも好き☆
過去記事へのコメントも歓迎です。
尚、宣伝目的や記事に関連のないリンク・コメント・トラックバックなどはこちらで削除させて頂きますので、ご了承下さい。

追記・その他

  (2015/8/24) 「怒り」に追記あり。

リンク
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ(タブ)

最近のトラックバック
カテゴリ
カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード

QRコード

RSSフィード