崖っぷちの男

「崖っぷちの男」
(2012/MAN ON A LEDGE)


ledge04.jpg


30億円のダイヤモンド横領罪で服役し脱走した元ニューヨーク市警官が、高層ビルから飛び降りようと身を乗り出す中、次第に彼の目的が明らかになっていくサスペンス。


”主役なのに華のない” サム・ワーシントン主演だけど、なんだか惹かれるものがあったのよね。
おもしろかった!!

@TOHOシネマズ六本木

久しぶりに六本木のTOHOシネマズに行ったら、なんと、チケット売り場がなくなっていた!
客が自分で操作するマシンがずら~っと並んでいるだけ。
ここ、週末はチケット売り場が大行列するから、これの方が効率的なのかも。
にしても、コストカットのいう名の大義で、ますます雇用機会が奪われていく・・・。


マンハッタンの高級ホテル「ルーズベルト」 21階。
窓の外のでっぱりに立つ男ニック。
彼は無実の罪を訴え、脱獄しここに立っていた。



最初は、決死の覚悟で訴えて、誰か真実を突き止めてくれ! という話かと思っていた。
そう簡単に ”誰かが” 動いてくれるわけもないわよね。
それじゃ映画になんないし。
彼の行動の裏には、綿密に計画されたプランがあったのだ。
こりゃよく出来た脚本だわ。

人々の注目を集め、街を混乱に陥らせる。その間にニックの弟ジョーイとそのガールフレンド・アンジーは、4000万ドルのダイヤモンドを奪おうとしていた。
ニックが無実の罪を着せられた宝石横領事件、事件は社長の狂言、ダイヤモンドは今だ持ち主である社長の金庫に眠っているはず。
そのダイヤモンドを盗み出すことが潔白の証明。
セキュリティ万全の巨大企業の金庫に侵入するという、若い二人のまさに 「ミッション・インポッシブル」さながらのインポッシブルなミッションにハラハラドキドキ。

一方崖っぷちに立つニックと交渉人リディア・マーサーとの駆け引きもスリリングだし、いつ落っこちてしまうかという単純なハラハラ感も。

ニックを信じたマーサーは、やがて警察内部に汚職があったことにたどり着く。

ニック自身は21階から動けないのに周りの人々が動き、事態は進展して行く。
いろんな要素が絡まりあって、良質なエンターティメントになっている。
最後にはちょっとしたどんでん返しがあって、あーっ!!と思わず声を上げてしまった。
見終わって、あ~、おもしろかった!と心から思える一作。

主演サム・ワーシントンの相変わらずの地味さに今一つ盛り上がらない(イケメンでもないしな)。しかし見ている内にナイッスキャスティングに思えてくる。
ニックの役は心根がまっすぐで誠実で、彼を信じて何とかしようと周りに思わせなければ始まらないのよね。
その点サムはぴったり! ヘタにイケメンでないとこがよし。
サム・ワーシントンって、いつもこのパターン。
最初はあのもっさり感に文句をつけるのだが、最後はもっさり感に好感もっちゃう。
チャラい男よりもっさりの方がいいよね☆

交渉人マーサー役エリザベス・バンクスも同類で、彼女も誠実なかんじがする。好感が持てる。

ledge03.jpg  男前です


アンジー役ジェネシス・ロドリゲスが華 
若くて強くて美しい。文句なし!!

ledge02.jpg

この作品は女性陣が男前でナイッス!でした。


弟ジェイミー・ベルくん、このところいろんな役に挑戦してるね。がんばって!(画像省略)


ワル役エド・ハリス。このところご無沙汰じゃないすか?
顔がしわしわでげっそりしてたけどどっか悪いわけじゃないよね。
すっごくにくたらしいかんじが出ていてさすがだわ~~

ledge05.jpg


そういえば、世界一の美女(クリステイ・ターリントン)を妻に持つエド・バーンズが出てたんだった。
いい男なのになぜか今一つぱっとしない感いっぱい。
ロッド・スチュワートばりのハスキーボイスが印象的。この人ってこんな声だっけ??

監督アスガー・レスはドキュメンタリ出身で、これが長編劇映画第一作とのこと。
そういうところもチロルの好みに合ってたかも。次も期待。

キーラ・セジウイックとアスガ―・レス。
テレビ局のでしゃばりなおばはんレポーターがキーラ。
昔はあんなに可憐でかわいかったのにね。クレジットを見るまでそうと気づかず。47歳。

ledge07.jpg

オープン・ユア・アイズPageTopレフェリー 知られざるサッカーの舞台裏

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

プロフィール

ナンシー☆チロ

Author:ナンシー☆チロ
映画と本のつれづれ日記。
マイナー路線でごめんなさい。
サッカーも好き☆
過去記事へのコメントも歓迎です。
尚、宣伝目的や記事に関連のないリンク・コメント・トラックバックなどはこちらで削除させて頂きますので、ご了承下さい。

追記・その他

  (2017/07/15) 「FATHERS」に追記あり。 プーン役のAsda Panichkulは元MTVアジアの人気VJで東南アジアでは有名人。 ユク役のNat Sakdatornはタイのタレント発掘番組で優勝した実力派シンガーソングライター。

リンク
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ(タブ)

最近のトラックバック
カテゴリ
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード

QRコード

RSSフィード