愛 LOVE

「愛 LOVE」
(2012/中国+台湾/LOVE)


lovetwn03.jpg


台北に行って来ました。
帰りの機内で、鈕承澤(ニウ・チェンザー)(<モンガに散る> <ビバ!監督人生!!>) の新作を観た。
これがすこぶるおもしろかった!

おことわり:
役名について、字幕の英語表記が読みづらかったので、一部あやふやなとこあり。
途中機長のアナウンスが何度も入り中断多くよくわからなかったとこあり。



イージャ (アイヴィー・チェン) の妊娠がわかったところから始まる。
相手はカイ (エディ・ポン)、実は親友ニー (アーバン・クオ) のカレ。一夜のあやまち。
それをイージャから知らされたカイは頭が真っ白に。高級車とぶつかりそうになる。
その車を運転していたのはマーク (マーク・チャオ) リッチなビジネスマン。
車は高級ホテルへ。
エレベーターでかんじの悪い女 (ヴィッキー・チャオ) と乗り合わせる。
マークは美女(スー・チ―) と密会。
そこへシャンパンのルームサービスを届けるボーイ (イーサン・ルアン)。
着いた早々二人はケンカ別れ。
その後美女は迎えに来たちょいワルおやじのリムジンに乗り、”業界” のパーティーへ。
オヤジは実は二―のパパなのだった・・・。

というような主要人物の紹介が、オープニングクレジットでテンポよくなされる。
流麗なカメラがスタイリッシュで美しい。
とにかくつかみはOK! しょっぱなからワクワクさせられる。

こういう都会的で洗練されたラブコメディって、ひと昔前(ふた昔!?)の香港映画が得意としていたなあ・・・と遠い目。

ホテルのボーイ・クアンはホテルで会った美女ゾ―ファンに一目惚れ。
その後街で再会した二人は親しくなる。

マークはエレベーターで会った女ジンと仕事で再会。
激しく衝突しながらも魅かれ合う二人。

一方、親友とカレのことを知ったニーは傷つく。(そりゃそうだ)
ニーを深く愛しているカイは彼女を失う事を怖れる (だったら浮気すんな)
カイの二―への気持ちを知っているイージャはどうするのか? おなかの子は?
(クアンはイージャの兄。妹思いの兄はイージャが心配)

キャスティングを見てもわかる通り、女性の方がちょっと年上のカップル2組と、若い男女の三角関係を描いている。

しかし、この話がおもしろいのは後半、クアンとゾ―ファンが仲良くなってからの ”オヤジ” にある。
二―のパパは業界のセレブで、ゾ―ファンを愛人に囲っていた。
結婚して! というゾ―ファンの願いをはぐらかして、若いねーちゃんに手を出したりとワルいオヤジ。
しかしゾ―ファンの心の変化に気づいて秘かに後を尾け、クアンの存在を知りショックを受ける。
すると途端にゾ―に執着し始める。
あげく、ゾ―ファンにプロポーズし、クアンの家に殴り込みをかけ、なりふり構わず必死な姿が笑いを誘う。(Hの時にバイアグラ飲んでたり(笑) 小ネタも利いてる)
観客は笑いながらも、愛の為に必死なオヤジに心揺さぶられる。

映画を観る前に紹介文を見たら、「二―の父は愛人を囲っていて~」という件に、ああ、この役はニウ・チェンザーが演るわけね、とすぐわかった!(笑)
今までさんざんひどいことをしておきながら、失うと知って初めて彼女を愛していたことに気づく。
そして彼女の愛を取り戻そうと必死になるというパターンは <ビバ!監督人生!!>と同じ。
こういう情けないオヤジ役は、ニウ・チェンザーの真骨頂!

'80年代の黒社会を描いた硬派な前作 <モンガに散る> から一転、正反対の作風に驚いた!
キャスティングは <モンガ~> に続いて主役の二人、阮經天 (イーサン・ルアン)と趙又廷(マーク・チャオ)。
<モンガ> とは全く違う顔を見せる二人に、えー-っ! ウソぉっ! と声をあげてしまった。

イーサン・ルアンは吃音のせいで恋愛経験のない純情青年役。カワイイ 
マーク・チャオはビジネススーツがよく似合ってステキ☆ <モンガ> の時、江頭エガちゃんとか言ってゴメン!

lovetwn02.jpg

舒淇 (スーチー) 久しぶりに見た。そういえば彼女は台湾出身だった。彼女も36歳。
この気の強いおばはん、誰? と思ってたら 趙薇 (ヴィッキー・チャオ)だった。
シツレイ、今回はそういう役ドコロ(バツイチ・子持ち)だったんだから。

郭采潔 (アーバン・クオ) (<台北の朝、僕は恋をする>) カバええーーっ! このコほんとにカバええー!

lovetwn07.jpg


陳意涵(アイヴィー・チェン)もキュートだった 

そして、彭于晏(エディ・ポン)、なんてかっちょいいのおおおお~~!?

lovetwn01.jpg


顔もイケてるけど、脱いでもスゴイ!

lovetwn04.jpg

マークとイーサンもそれぞれシャワーシーンのサービスショットあり。
ニウ・チェンザーの演出、ナイッス!
台湾の俳優はみな脱いでもスゴイ!
という若いイケメン三人プラスオヤジと見応え十分の一作。

とにかく文句なくおもしろかった!
これは日本で公開されるでしょ。じゃなかったらウソよ。
そか、こんな作品も作れちゃうのか。
ますますニウ・チェンザーのファンになったチロルなのであった。
しかし、ニウ・チェンザーよ、このタイトルは直球すぎる。こっぱずかしいぞ!
でもほんとに愛にあふれた作品だったね。

今年のmyベストにランクイン決定!!

===
この作品は2012年3月「大阪アジアン映画祭」上映作品とわかった。
それでこのショットがあるわけね。これ新宿だもんね。

lovetwn05.jpg


===
イケメンつながりで、
<モンガ> に出ていた 鳳小岳 (リディアン・ヴォーン) がちらっとカメオ出演してた。 (ハ―フなんだよね。台湾の城○優風)

lovetwn06.jpg


関連記事 :

<台北24時>
(オムニバス。ニウ・チェンザー監督作品の短編あり)

ウィークエンドPageTopブルジョワジーの秘かな愉しみ

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

プロフィール

ナンシー☆チロ

Author:ナンシー☆チロ
映画と本のつれづれ日記。
マイナー路線でごめんなさい。
サッカーも好き☆
過去記事へのコメントも歓迎です。
尚、宣伝目的や記事に関連のないリンク・コメント・トラックバックなどはこちらで削除させて頂きますので、ご了承下さい。

追記・その他

  (2017/07/15) 「FATHERS」に追記あり。 プーン役のAsda Panichkulは元MTVアジアの人気VJで東南アジアでは有名人。 ユク役のNat Sakdatornはタイのタレント発掘番組で優勝した実力派シンガーソングライター。

リンク
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ(タブ)

最近のトラックバック
カテゴリ
カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード

QRコード

RSSフィード