ゾンビ革命

「ゾンビ革命」
(2011/スペイン+キューバ/Juan de los muertos)


juan01.jpg

[ ラテンビート映画祭 2012] 

この作品は、今年9月に開催されたラテンビート映画祭上映作品でした。
キューバ発ゾンビ映画! 
どんなもんじゃらほい、と気になってた。
秋に一般公開されるというので、そっちで観ようと。
行ってキタ。

@新宿武蔵野館レイトショー 最終日

なかなかの入りだったわ~ (断然男性率高し!)




キューバ革命から50年。
キューバ史上初のゾンビ映画がついに日本解禁!!


首都ハバナにゾンビが大量出現!
ファンは親友ラサロとその息子カリフォルニア、そしてファンの愛娘カミーラと四人でゾンビビジネスを始める。


juan03.jpeg


かつてキューバ映画って観たことあったっけ?
ハバナの街並みも、俳優たちも、何もかもが新鮮に感じる。
街には、「革命か、死か!?」 なんていうスローガンがあり、革命から50年がたった今も、ほんとにこういう光景があるのだろうか?
一方街はのんびりまったりしており、まさにラテンビート。
ゾンビにはもっとも不似合いな国の一つと言えましょう。


juan04.jpg  まったり・・・


かつて <ゾンビランド> で、「ゾンビと戦うには銃が必須」 と書いたけど、キューバには銃が出回ってないのかしら?
素手だったり、バットだったり。銃がなくてもOKなのね。
ファンは、かつてアンゴラ内戦に従軍し、忍者からマーシャルアーツを習得。ブルース・リーを敬愛する中年男。つうのも笑える。

キューバ政府がゾンビを 「資本主義アメリカが送り込んだ反体制分子」 と言うところは大笑いだ。

彼らのご近所、チナとプリモ。
チナはおネエでプリモはマッチョ。
後半にはモーホネタの展開もある。
キューバという国の ”許容範囲” はどれだけなんじゃろか?

juan05.jpg
左から プリモ、チナ


かなりブラックな笑いもあり、けっこ自由なのかな。
しかし、この作品のテンポや笑いのセンスは独特で、これがキューバ映画のノリなのだろうか?

的外れな見解のキューバ政府は全くあてにならず、事態は悪化するばかり。
なので国外脱出を決めた一行だが・・・。

ゾンビ映画にはいくつかのセオリーがある。
ゾンビが発生した原因は何か?
それが明らかになると解決方法が見えて来る。
ところが今作は、そこは完全スルー。
ではゾンビは何かを象徴しているのか?
みるみる増殖し、やがてキューバを侵食していく、というのはそれこそ 「資本主義」 なのかなとも思うけど。ちょっと直球すぎるよね。

===
この作品の唯一のイケメン枠、カリフォルニア役 アンドロス・ペルゴリーア。

juan02.jpg

プロフィールを見てみたら、なんと、父はホルヘ・ペルゴリーア。
<苺とチョコレート> でゲイ役を演じたイケメンではないか!?
ということは、過去にキューバ映画は観ていたってことね。
(厳密にはこの作品の製作は、キューバ、メキシコ、スペイン)


苺とチョコレート [VHS]苺とチョコレート [VHS]
(1997/01/24)
不明

商品詳細を見る


juan06.jpg
ホルヘはベニチオ・デル・トロがゲバラを演じた <チェ> にも出演。


チェ 28歳の革命 [DVD]チェ 28歳の革命 [DVD]
(2009/12/11)
ベニチオ・デル・トロ

商品詳細を見る


こういう発見がブログをやってる醍醐味であります。



マイ・ベスト・ボーイフレンドPageTopア・ダーティ・シェイム

Comment

大胆な挑戦です

 チロさん こんばんは
この作品は見たことはございませんが ブログ感想をみてると 作品のコンセプトは なかなか 面白い。

でも ボクごときが こんな生意気な事をいうのはどうかと思ったのですが・・・・撮影が決定されたときは ちゃんと キューバの立役者のチェゲバラの墓前に報告しないとネ(^~゜)v(たぶん しただろうね)

>キューバという国の ”許容範囲” はどれだけなんじゃろか?
それだけ キューバが昔と比べて明るくなり 開けてきたといえると思いますよ。
 昔なんか ひどかったですよ。革命以前のキューバは フルヘンシオ・バティスタ大統領による独裁体制で国民の生活は苦しくなるばかりでしたもんね。

ラテンのノリで ゾンビやっつけてキューバじゅう笑いの渦にしちゃえ~

でも・・・・舞台が(もとい "部隊")キューバはいいケド 南米ボリビアはやめよう・・・
チロさんは 何を意味するか わかりますよね。



■zebraさん

> >キューバという国の ”許容範囲” はどれだけなんじゃろか?
> それだけ キューバが昔と比べて明るくなり 開けてきたといえると思いますよ。

こういうところで、その国の民度とか文化レベルがわかりますよね。
zebraさんは、キューバ情勢に詳しいですね。

> でも・・・・舞台が(もとい "部隊")キューバはいいケド 南米ボリビアはやめよう・・・
> チロさんは 何を意味するか わかりますよね。

え、え、ボリビアは不穏な情勢で治安が悪いってことしか・・・。
ボリビアだとゾンビがしゃれにならないってこと?

ゲバラに引っ掛けただけですよ

チロさん 返信コメントありがとうございます。
わかりにくかったようで すみません。

<舞台が(もとい "部隊")キューバはいいケド 南米ボリビアはやめよう・・・>
 これはチェ・ゲバラの武力革命に引っ掛けただけのことです。

<街には、「革命か、死か!?」 なんていうスローガンがあり>これもゲバラの言葉ですから。

>え、え、ボリビアは不穏な情勢で治安が悪いってことしか・・・。
 まあ 治安は悪いといえば悪いですね。  キューバでは革命は成功しましたが ボリビアでは 失敗してゲバラは捕らえられて銃殺されましたから・・・

 でも・・・フアンたちを革命と評してゲバラとダブらせるのも どうかと思ってしまいましたが(^_^;)

■zebraさん

再度のコメントありがとうございます。

zebraさん、ほんとに詳しいですね。

この作品、もうレンタル屋さんにおいてあるので、
機会があったらぜひ見てみてください!

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

プロフィール

ナンシー☆チロ

Author:ナンシー☆チロ
映画と本のつれづれ日記。
マイナー路線でごめんなさい。
サッカーも好き☆
過去記事へのコメントも歓迎です。
尚、宣伝目的や記事に関連のないリンク・コメント・トラックバックなどはこちらで削除させて頂きますので、ご了承下さい。

追記・その他

  (2015/8/24) 「怒り」に追記あり。

リンク
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ(タブ)

最近のトラックバック
カテゴリ
カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード

QRコード

RSSフィード