シン・シティ

「シン・シティ」
(2005/SIN CITY)



シン・シティ [DVD]シン・シティ [DVD]
(2009/07/08)
ブルース・ウィリス、ジェシカ・アルバ 他

商品詳細を見る



前から気になっていたロバート・ロドリゲス監督作品です。
フランク・ミラーの人気コミックスの映画化。
ミラー自身が共同監督、クエンティン・タランティーノがスペシャル・ゲスト監督として参加した。




おもしろい!!
ハードボイルドなテイストが超クール!
オープニングからシビれる。

ストーリーは四つのパートから成る。
それぞれがびみょーにリンクしている。

オープニング : THE MAN (殺し屋)と美女
エピソード1 : ハードグッバイ /マーヴの物語
エピソード2 : ビッグファット・キル /ドワイトの物語
エピソード3 : イエローバスタード /ハーティガンの物語

全編をデジタル、グリーンスクリーンで撮影した。
コミックスの世界観をそっくりスクリーンに再現。なのでコミックスのキャラクターに近づける為、特殊メイクは必須。
マーヴ(ミッキー・ローク) はこんなかんじ。
(これがミッキー・ロークとわかるまでしばらくかかった)

sincity02.jpg


Sin City - Una Dura Despedida Comic BookSin City - Una Dura Despedida Comic Book
(2005/07)
Frank Miller

商品詳細を見る



彼をはじめとして、キャストがやたらと豪華。
ロドリゲス&タランティーノ作品でおなじみの顔ぶれも多数。

オープニング:ジョシュ・ハートネット

sincity05.jpg


EP1:イライジャ・ウッド(人肉殺人鬼、超ブキミ!セリフなし)
    ルドガー・ハウアー(いつ見てもステキ☆おやじ)

EP2:クライヴ・オーウエン(初めてこの人のことかっちょいいと思った)
    ロザリオ・ドーソン(<デスプルーフ in グラインドハウス>
    ブリッタニー・マーフィー(2009年32歳で亡くなった)
    デヴォン青木(アンパンフェイス ミホ役 日本愛を感じる)
    ベニチオ・デル・トロ(大物!)
sincity04.jpg キモッ!!

EP3:ブルース・ウイリス(<パルプ・フィクション>
    マイケル・マドセン(<レザボア・ドッグス>)
    ジェシカ・アルバ(<マチェーテ>

チロル的に一番好きだったのは、EP3。
狭心症の老刑事ハーティガンが連続少女誘拐事件を追う。

sincity03.jpg

4人目の被害者少女ナンシーを身を挺して助ける。
犯人は上院議員の息子なので、ハーティガンが罪を着せられ8年服役する。
その間ナンシーは毎週彼に手紙を出していた。
出所後ハーティガンは19歳になったナンシーと再会する。

このエピソードは、オヤジスキー&年の差カプ萌えの人に超おススメするッス!
ナンシーを娘のように思い愛すオヤジ、彼をひたすら慕うナンシー。
ナンシーからまっすぐな愛を向けられ、身を引こうとするオヤジ。
ブルース・ウイリスはロドリゲス&タランティーノ作品の中では
めちゃくちゃ かちょえええ~~~!

cincity01.jpg

尚、EP1 神父役でフランク・ミラーがカメオ出演している。
タランティーノは、EP2の一場面を演出した。
→ ドワイトがジャッキーボーイ(ベニチオ・デル・トロ)の死体を助手席に乗せた車の中で、死体がしゃべり出すシーン。

マーヴのセリフにこんなのがある:
これからおまえが味わう地獄に比べたら、
本物の地獄は天国さ


ね、シビれるでしょ?
とにかくクールな一作。 

sincity06.jpg
ロドリゲス&ミラー



桃さんのしあわせPageTopEDEN

Comment

アメコミ系映画苦手なんだけど、、、
見ちゃったわよ
シンシティでのおやじたちカッコ良かったのね
やっぱりハードボイルド劇画をスクリーンにするには白黒である事が大事じゃないかしらん
で、どの場面を切り取っても決まるのよね
チロルちゃんと同じEP3がいいわよ
イライジャウッドきもかったわあ(誰だか分からないし)
ディボン青木かわええなあ
かっこ良さに見とれてボーっと見てると、時間軸が分からなくなり二度見しちゃったわよ

■けんちゃん

> アメコミ系映画苦手なんだけど、、、
> 見ちゃったわよ

これはさすがロドリゲス!ダークな世界観がいいんだよなあ。

> やっぱりハードボイルド劇画をスクリーンにするには白黒である事が大事じゃないかしらん
うんうん、モノクロの画面がクール!!

> イライジャウッドきもかったわあ(誰だか分からないし)
> ディボン青木かわええなあ
俳優たちがいつもと違うキャラで出て来たところもえがったな。

けんちゃんのおかげで、この後の続編を記事にUPしてないことを思い出した!
近日中にUP予定。

今改めて見ると、マーブって、蝶野にクリソツだな。
続編作るなら、蝶野がノーメイクで出ればいいんだよ。

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

プロフィール

ナンシー☆チロ

Author:ナンシー☆チロ
映画と本のつれづれ日記。
マイナー路線でごめんなさい。
サッカーも好き☆
過去記事へのコメントも歓迎です。
尚、宣伝目的や記事に関連のないリンク・コメント・トラックバックなどはこちらで削除させて頂きますので、ご了承下さい。

追記・その他

  (2017/07/15) 「FATHERS」に追記あり。 プーン役のAsda Panichkulは元MTVアジアの人気VJで東南アジアでは有名人。 ユク役のNat Sakdatornはタイのタレント発掘番組で優勝した実力派シンガーソングライター。

リンク
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ(タブ)

最近のトラックバック
カテゴリ
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード

QRコード

RSSフィード