桃さんのしあわせ

「桃さんのしあわせ」
(2011/香港/A SIMPLE LIFE)


tao09.jpg


昨年の香港アカデミー賞(香港金像賞)の主演女優賞、主演男優賞、作品賞、監督賞と主要部門を独占した。
満を持しての日本公開。よ、待ってました!

久しぶりに広東語を聞いたなあ。
最近の中華映画はすっかり北京語が多くなったよ。

監督は、<女人、四十> の許鞍華(アン・ホイ)。

@Bunkamura ル・シネマ




桃(タオ)さんは13歳の時から60年間、四代にわたりロジャーの家に仕えてきた住み込みメイド。
一家はアメリカに移住し、今は一人残ったロジャーの世話をしている。
ある日桃さんが脳卒中で倒れ入院する。
ロジャーはその時初めて、桃さんが自分にとってかけがえのない人であったと気づく。


この作品のプロデューサーである 李恩霖(ロジャー・リー)の実話に基づく。

泣ける・・・。
ロジャーの実母は健在だけど、お金持ちの家では母と子の関係って稀薄なんじゃないかな。
いつも作ってくれた料理、病気の時看病してくれたこと。おかあさんの思い出ってそういう日常生活の積み重ね。
ロジャーにとってそれらは実母でなく、全て桃さんだった。

というヒューマンドラマの面と、老いを迎えることはどういうことか、という極めて現実的な面を描く。
この辺のところがさすが 許鞍華(アン・ホイ)ってとこだ。

tao11.jpg

桃さんにとってのアイデンティティは、メイドとしての完璧な仕事。
誰かに自分を必要とされること、その人の為に(何かを)してあげること。
脳卒中で体の自由が利かなくなった桃さんは、自分で引退を決めさっさと老人ホームに入ってしまう。
老いて自分のアイデンティティを失うことになった時、人はそれとどう向き合うのか。

香港の老人ホーム事情や老人たちを取り巻く環境など興味深く見た。
住宅事情が悪い香港ゆえ、老人ホームもあんなかんじなんだろうなあ。
中国返還から香港の人々の海外流出が増加。老人を一人残して移住してしまった一家も多い。
もちろん子どもたちは説得したろうが、老人が移住を拒んだのだろう。

一時帰宅した桃さんは、身辺整理をする。
桃さんの ”宝箱” からは、古い映画雑誌やはじめてもらったお給料の5ドル紙幣・・・。
そしてししゅうのきれいなおんぶひも-ロジャーが赤ちゃんの時に使っていた-が大切に取ってあった。
桃さんとロジャーの絆がわかる。
印象的ないいシーンだった。

tao08.jpg


桃さんを見ているとなつかしい母を見ているような気持になる。
それは <東京物語> の東山千栄子を見る時感じた思いと同じ。
とてもなつかしくせつない。
この母への思いというのは、世界中の人々が共有するに違いない。


東京物語 [DVD] COS-024東京物語 [DVD] COS-024
(2007/08/20)
笠智衆、東山千栄子 他

商品詳細を見る

===
とにかく桃さん役 葉德嫻(ディニー・イップ)に尽きる!
70代のメイドさんなりきり演技。女優魂とはまさにこのこと。
手にはその人の人生が出るというが、節くれだった指は桃さんそのものだった。女優の指じゃないよ。
べネチア国際映画祭主演女優賞も受賞!!

tao01.jpg


近年 ”映画人” として成熟した感のある 劉德華(アンディ・ラウ)。
実はあまり得意じゃなかった・・・が、しみじみと良かった。
まさか ”あの” アンディがこんな役をやる日が来るとは・・・。
アンディはノーギャラ出演とか。(プロデューサーとして名を連ねる)


映画プロデューサーであるロジャーは、忙しく各地を飛び回る。
作業着のようなブルゾンにデイパック。電気屋さんに間違えられたり(笑)
そんな気取らないロジャーというキャラクターに萌え萌えでっす。

(いい歳なのに)なぜ結婚しないの? と、ロジャーは劇中何度か聞かれる
見ている間中、一人妄想が突っ走ってたチロルなのであった。

tao04.jpg


===
そうそう、この作品は有名スターのゲスト出演がお楽しみのひとつ!
始まってすぐ、いきなりツイ・ハークとサモハンが出て来てびっくら!

tao10.jpg

黄秋生(ウオン・チャウサン アンソニー・ウオン)に、
林家棟(ラム・カートン)はどこに出ているかわからなかった。
レイモンド・チョウも出てた!(まだ生きてた!シツレイ)
→ ブルース・リー、ジャッキー・チェンを世に送り出した香港映画界の重鎮

しみじみと心にしみる一作。

tao02.jpg
モノホンのロジャー・リーとアンホイ監督


007 ゴールドフィンガーPageTopシン・シティ

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

プロフィール

ナンシー☆チロ

Author:ナンシー☆チロ
映画と本のつれづれ日記。
マイナー路線でごめんなさい。
サッカーも好き☆
過去記事へのコメントも歓迎です。
尚、宣伝目的や記事に関連のないリンク・コメント・トラックバックなどはこちらで削除させて頂きますので、ご了承下さい。

追記・その他

  (2017/07/15) 「FATHERS」に追記あり。 プーン役のAsda Panichkulは元MTVアジアの人気VJで東南アジアでは有名人。 ユク役のNat Sakdatornはタイのタレント発掘番組で優勝した実力派シンガーソングライター。

リンク
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ(タブ)

最近のトラックバック
カテゴリ
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード

QRコード

RSSフィード