ホビット 思いがけない冒険

「ホビット 思いがけない冒険」
(2012/アメリカ+ニュージーランド/The Hobbit: An Unexpected Journey)


hobbit04.jpg


あけましておめでとうございます。

本年もよろしく。

今年の一発目は新年にふさわしいこの作品です。

@TOHOシネマズ渋谷

<ロード・オブ・ザ・リング>で描かれた「中つ国」の60年前を舞台にした。
イアン・ホルムが演じたビルボ・バギンス青年時代の物語。

ああああああ おもしろかった~~!!!!
<ロード・オブ・ザ・リング>(以下LotR)の世界が3Dで帰ってキタ!ってかんじ。
あれからもう10年経つのね・・・(遠い目)
ってことは、若い観客にはLotRを知らない人もいるってことね。

LotRのキャラがそのまま出て来るシーンもあり、LotRファンはもちろん大喜びなんだけど、LotRを知らない人もそれなりに楽しめると思います。
ただエルフとかドワーフとか、この世界になじむまでは少し時間が必要かも。
チロルもLotR一作目を観た時はちとつらいものがあった・・・。

ホビット族のビルボは、魔法使いガンダルフに誘われ、13人のドワーフたちとともに、ドラゴン”スマウグ”に奪われたドワーフの王国を取り戻すという冒険に加わる。

例によって、冒険とは無縁の主人公が冒険の旅に出る、というところがミソ。
旅の間に仲間との友情を深め成長して行くというテッパンパターン。

旅の途中、ビルボはガンダルフからエルフの剣を渡され言われる。

――本当の勇気が試されるのは、
命を奪う時でなく、
命を救う時だ


ええ言葉やのぉ・・・。
これが布石となりやがてその言葉が現実となる場面がやって来るのだ(涙)

旅はまだ始まったばかり。3部作です。

キャスティング:
主役のビルボ・バギンス マーティン・フリーマン
言わずと知れたワトスンくんだ!
ワトスンくんを最初に見ちゃうと違和感あるけど、この人いろんな役やってるよね。
先日観たサーシャ・バロン・コーエン主演の<アリ・G>では、イギリス地方都市に住むヒップホップ好きのイカれたにーちゃんだった。

↓ サーシャらしいおゲレツな下ネタ満載の映画だった・・・(無言)

アリ・G [DVD]アリ・G [DVD]
(2005/11/25)
サシャ・バロン・コーエン、マイケル・ガンボン 他

商品詳細を見る


ピーター・ジャクソンはあんな顔して男選びのセンスが良いのだ。
なんせLotRでは、アラゴルン様 ヴィゴ・モーテンセンに、オーランド・ブルーム、ショーン・豆・ビーンも出てたくらいだもんね。

で、今回はいかに・・・?
今回の王様枠は、トーリン役リチャード・アーミティッジ
今のところはまだまだだけど、この先こなれて行くことでしょう。ナリチュウ。

hobbit06.jpg

お、素はけっこいいではないか。
hobbit07.jpg


そして、キーリ役エイダン・ターナー アイルランド出身 29歳

hobbit05.jpg


チロル的には、クリストファー・リー様のお元気な姿を見られて良かった。
監督、万が一のこともありますから、撮影は早めにお願いします。
最近も似たようなことをつぶやいたと思ったら、<ヒューゴ> に出てたっけ。90歳。

アンデイ・サーキス演じるゴラムのリアルさがいっそう際立った。
生きてるみたいに見えたよ。
やっぱりゴラムはキャラが立ってるな。

hobbit01.jpg

エルフの王妃ガラドリエフ様(ケイト・ブランシェット)が神々しかった。
ああ、LotRの最後をまた見たくなった。
ガラドリエフ様とアラゴルンが結ばれるとこ 

hobbit02.jpg

ワトスンくんといえば、ホームズ=ベネディクト・カンバーバッチも出ているのよね。
エンドクレジット見てびっくらしちったよ!どこに出てたんだ?!って話。
ネクロマンサー役。今回はまだ全容がわからないキャラ。
次回以降カギになるキャラクターと思われ。

次はいつ観られるの? 早く見せて!!

→ <ホビット スマウグの荒らし場> 12月公開、
→ <ホビット ゆきて帰りし物語> は、2014年7月公開だった!

バッド・エデュケーションPageTop私的 映画今年の10本 2012

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

プロフィール

ナンシー☆チロ

Author:ナンシー☆チロ
映画と本のつれづれ日記。
マイナー路線でごめんなさい。
サッカーも好き☆
過去記事へのコメントも歓迎です。
尚、宣伝目的や記事に関連のないリンク・コメント・トラックバックなどはこちらで削除させて頂きますので、ご了承下さい。

追記・その他

  (2017/07/15) 「FATHERS」に追記あり。 プーン役のAsda Panichkulは元MTVアジアの人気VJで東南アジアでは有名人。 ユク役のNat Sakdatornはタイのタレント発掘番組で優勝した実力派シンガーソングライター。

リンク
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ(タブ)

最近のトラックバック
カテゴリ
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード

QRコード

RSSフィード