メカニック (1972)

「メカニック」
(1972/THE MECHANIC)


メカニック [DVD]メカニック [DVD]
(2012/06/06)
チャールズ・ブロンソン、ジャン=マイケル・ヴィンセント 他

商品詳細を見る

愛しのセクシー☆ハゲ ジェイソン・ステイサム主演 <メカニック>(2011) はリメイク作品。
リメイク版公開時には、オリジナル版はDVD化されておらず観る機会がなかったが、2012年6月にDVDリリースされました。
いいぞ!!

ってことで、チャールズ・ブロンソン主演のオリジナル版です。


二つの作品を比較しつつ見た。
ストーリーの大まかな骨組みは同じだけれど、全体的にずいぶん違う印象を受ける。

オリジナルはゆったりとした流れでセリフも少ない。
リメイク版は冒頭から殺しのテクニックやアクションどれを取ってもスピード感がありパワーアップしてる。
これが40年のタイムラグなのかしらね。やっぱり現代だとこれくらいやらないとダメなのね。

脚本も大幅に手直しされていて、ああ、リメイク版ってよくできた脚本だったんだなあ、とわかった。
アーサー・ビショップが師であり友人であるハリーを殺すミッションに葛藤するところや、実はそれは組織のあるメンバーの奸計とわかりやがて復讐するというストーリー展開はオリジナルにはなかったもの。
リメイク版のドラマチックな展開に観客は感情移入し、すっかり引き込まれる。

一方、淡々と仕事をこなすブロンソン・アーサー・ビショップは、寡黙なブロンソンのキャラに合っている。
オリジナルはハードボイルドのにほいがする。

mecha02.jpg

スティーブの人物設定もずいぶん違っていた。
リメイク版のベン・フォスターは、キャンキャン吠えるアホ犬みたいだったけど、
オリジナル版ジャン・マイケル・ヴィンセントは、ムダ口は叩かず、意外に思慮深い。そして優秀なのだ。

mecha01.png

ジャン・マイケルが若くてキュート、とってもチャーミングなのだ!!
チロルにとって、ジャン・マイケル=<ビッグウエンズデー>のマット・ジョンソンだから、こんな若い時があったのかと新鮮だった。

mecha03.png 

後年は仕事に恵まれず苦労しているようですが、ここでは語りますまい。


世を忍びひっそりと暮らすアーサー・ビショップの家も40年を感じさせておもしろい。
オリジナルは、’70年代らしい重厚な豪邸で、暖炉の前、ガウンを着たアーサーは葉巻をくゆらせブランデーを飲んでいる。
この時代の ”リッチな生活”の図はこれだったんだろう。
リメイク版の家はモダーンでスタイリッシュ。さりげな~く金かかってんどぉ~感。

リメイク版の脚本は、オリジナルのルイス・ジョン・カリーノが再び参加、リチャード・ウエンクと共同脚本。
現代ならではのアレンジを加える作業はクリエイティヴな作業だったのでは?
リチャード・ウエンクは、<16ブロック> 書いた人か。
なるほど、ひねりの利いた話が持ち味なわけね。いいじゃん。


16ブロック [DVD]16ブロック [DVD]
(2010/04/28)
モス・デフ、ブルース・ ウィリス 他

商品詳細を見る


新旧それぞれに持ち味があり、見比べるのはおもしろかったっす。
これにもブロンソンの愛妻ジル・アイアランドが出てまっせ。
尚、結末はちょっと違ってます。


関連記事 : 【メカニック】 2011

16ブロックPageTopビースト・ストーカー/証人

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

プロフィール

ナンシー☆チロ

Author:ナンシー☆チロ
映画と本のつれづれ日記。
マイナー路線でごめんなさい。
サッカーも好き☆
過去記事へのコメントも歓迎です。
尚、宣伝目的や記事に関連のないリンク・コメント・トラックバックなどはこちらで削除させて頂きますので、ご了承下さい。

追記・その他

  (2015/8/24) 「怒り」に追記あり。

リンク
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ(タブ)

最近のトラックバック
カテゴリ
カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード

QRコード

RSSフィード