伝説のディヴァイン

[伝説のディヴァイン]
(2013/USA/I AM DIVINE)


divine03.jpg

【第22回 東京国際レズビアン&ゲイ映画祭(2013)上映作品】


キターー! ディヴァインのドキュメンタリ!
神様、ありがと!
監督は、[VITO/ヴィト] (第21回2012年上映作品)のジェフリー・シュワルツ。

ヴィトといいディヴァインといい、興味深い人たちを題材にドキュメンタリを作ってくれるジェフリー、そんなあなたがダイスキです!

ドラァグクイーンの元祖、ディヴァイン その伝説のすべてがここに!
ボルティモアで太めのいじめられっ子として育ったハリス・グレン・ミルステッドは、いかにしてドラァグクイーンのディヴァインへと変貌を遂げたのか? 『ピンク・フラミンゴ』の強烈なイメージで一躍脚光を浴び、以降『ヘアスプレー』までジョン・ウォーターズ監督のミューズとして名を馳せたディヴァイン。メイクの下に隠れた彼の素顔に肉迫する。

ボルチモアのいじめられっ子ハリス・グレン・ミルステッドがいかにしてディヴァインになったかは、ジョン・ウオーターズ(以下JW)の著作 [ジョン・ウォーターズの悪趣味映画作法] の中にも書かれていたが、それはJWサイドからの視点。
フェアな立ち位置からのストーリーも見てみたかった。

ディヴァインのママや高校時代のガールフレンドも出て来て楽しい。
ちゃんとカノ女をエスコートしてプロムにも行ったんじゃないの、あのディヴァインが!?
当日のドレスのスタイリングやヘアメイクまで彼がやってくれたって笑えるエピソード!

高校時代からつるんでいた近所のともだち:JWらと「ドリームランダーズ」へ発展。
要するに地元ボルチモアのワル仲間ってヤツ。
ドリームランダーズの多くは死んじゃったけど、残った人たちの元気な姿が見られて良かった。

[デスペレート・リビング] でレズタチを演ったスーザン・ロウ、
美術のヴィンセント・ペラーニヨ、JWの片腕・助監督のパット・モラン。
[ヘアスプレー] のリッキー・レイクも。

今や [EATING OUT シリーズ] でお馴染みのミンク・ストール、映画の中ではエキセントリックだけど、ディヴァインについて語るミンクは分別ある大人の女性だった(笑)
大体彼らの素の顔のインタビューって見る機会ないもんね。
そしてもちろん、JW本人も登場してますよ。

ディヴァインの存在を決定づけたのは、やはり [ピンクフラミンゴ]
このドキュメンタリの中でもその俗悪ぶりが存分に紹介される。
ディヴァインのドキュメンタリを見に来た人で、JW作品を観たことがないって人は少ないとは思うけど、初めて見た人はド肝抜かれるだろうね。

もっとも有名な犬のウ○コを食うシーン:(画像は下半分カットしといた)
犬の名前はナッチー、パット・モランの飼い犬だった。

divine05.jpg  ナッチー!

[ジョン・ウォーターズの悪趣味映画作法]の中にエピソードが書かれている。

――即興なんかじゃない。一年も前からこのシーンを計画していた。
[ピンクフラミンゴ] で最初に思いついたのがこのシーンだった。
予算が一万ドルしかなければ、何百万ドルあろうと他のスタジオでは絶対やらないことを観客に見せてやらなければならない。

撮影は終了し、その夜の打ち上げパーティで、誰かが「クソ食ったからきっと病気になるぞ」と言った。
ディヴァインの顔からみるみる血の気が引いた。受話器を取り上げて近くの病院の救急センターに電話した。
郊外に住む主婦の声色を使い、
「そうなんです・・・息子が犬のふんを口に入れてしまって、病気になるんじゃないかと」
「ええ・・・そのう、ちょっと知恵遅れ気味で」
部屋中が爆笑した。
「たぶん大丈夫だろうけど、回虫がいるかもしれないって」
結局ディヴァインが体の不調をおぼえることはなかった。


divine06.jpg

[ポリエステル] で共演したタブ・ハンターも登場。
タブはディヴァインの憧れの人だった。
ラブシーンに緊張するディヴァイン・・・。
あのシーンの裏にはそういうことがあったのか。ディヴァイン、かわいい☆

JW作品以外でディヴァインがどんな活動をしているか知らなかった。
こんなに活躍していたなんて・・・舞台やクラブ、雑誌の表紙も飾った。

でも収入は安定せず、病的な浪費癖もあったとマネージャーの証言。
そして、過食とクスリ・・・。

しかしディヴァインがイケメン好きだったとわ(笑)
モデルや俳優やら若くてキレイなメンズとのラブライフを知り、なんだか良かったわあ。



十代のころから過食とクスリはおともだちだった。
それが要因となったか、’88年心臓発作で急死。享年42歳。
[ヘアスプレー](’87)のプロモーションの時期だった。
これが最後のJW作品出演となった。
尚この作品では、彼女はふつーの母親役だけでなく、素の顔でふつーのおっさんの役もやってまっせ(一人二役)

若いイケメン、ドーナツ、クスリ・・・やっぱりさみしかったのかなあ。合掌。

divine04.jpg


===

ジェフリー・シュワルツってめっちゃいい男なんすけどぉ myタイプ☆

divine02.jpg


そうそう、この作品の編集を担当したのは、[ Eating Out 2: Sloppy Seconds ] の監督、フィリップ・J・バーテル。


ところで、[ヘアスプレー] はJWが [グリース] にインスパイアされて作った作品で、それでタイトルが「整髪料」つながりになっているってついこの間知った!


グリース スペシャル・エディション [DVD]グリース スペシャル・エディション [DVD]
(2006/09/08)
ジョン・トラヴォルタ、オリヴィア・ニュートン=ジョン 他

商品詳細を見る

李小龍 マイブラザーPageTop男でも女でもない性

Comment

そうか!

>素の顔でふつーのおっさんの役
ディヴァインがやりたかったのはこっちだったのか!
ようやくほんとの自分に近づけたとこだったのかな……と思うととても悲しい……ネ

■アンソニーさん

> >素の顔でふつーのおっさんの役
> ディヴァインがやりたかったのはこっちだったのか!

うーーん どうなんだろか??
考えてみたら、ふつーのおかあさん役って初めてだったか。
映画の中で、「演技者として認められたい」って言ってたもんね。

チロル的には、この時のおっさん役で、
ああ、ディヴァインは体をどこもいじってないんだ、
っていうのが初めてわかった。

おっさん役との二役というのは、「フィメール・トラブル」でも
やっていて、この時はすごいよ。
主役のテイーンエイジャー(=ディヴァイン)が家出して、
ヒッチハイクしたところ、車の男にレ○プされるんだけど、
そのレ○プ男をディヴァイン本人がやってた。(巧みな一人二役!)
自分で自分にレ○プされるって・・・ジョン・ウオーターズが考えそうなことだよ(笑)

> ようやくほんとの自分に近づけたとこだったのかな……と思うととても悲しい……ネ
「ピンクフラミンゴ」のイメージから抜け出したくてずっともがいてたそうな。
ほんとようやくってとこだったよね。42歳って若すぎるね。

なぜか・・・

最初のコメントが不適切と言われて送信できなかった。

なので、疑わしい「レ○プ」を一部伏字にして送ってみた。
今度は通った。ほんとにこれが原因か??

ディヴァイン

「伝説のディヴァイン」見たいわ
ブログを読んでるだけで、切ない。。。
けど、可愛げありね

■けんちゃん

> 「伝説のディヴァイン」見たいわ
> ブログを読んでるだけで、切ない。。。
> けど、可愛げありね

そうなのよ。ほんとせつないのよ。
でもあんなに成功していたとは知らなんだ。
それにしても、42歳は若いよね。

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

プロフィール

ナンシー☆チロ

Author:ナンシー☆チロ
映画と本のつれづれ日記。
マイナー路線でごめんなさい。
サッカーも好き☆
過去記事へのコメントも歓迎です。
尚、宣伝目的や記事に関連のないリンク・コメント・トラックバックなどはこちらで削除させて頂きますので、ご了承下さい。

追記・その他

  (2015/8/24) 「怒り」に追記あり。

リンク
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ(タブ)

最近のトラックバック
カテゴリ
カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード

QRコード

RSSフィード