ペーパーボーイ 真夏の引力

[ペーパーボーイ 真夏の引力]
(2012/THE PAPER BOY)



paper04.jpg


myダメツボ: ザック・エフロン、マシュー・マコノヒー、ニコール・キッドマン、三人の揃い踏み。
それでもこれは観たい!と思った。

[プレシャス] のリー・ダニエルズ監督の新作です。

@新宿武蔵野館
このところ毎週のようにここに来ている気がする。


1969年、フロリダで暮らす青年ジャックは、問題を起こして大学を追われ、父親の会社で新聞配達を手伝うだけの日々を送っていた。
ある日、大手新聞社の記者で兄のウォードが、ある殺人事件の死刑囚にかけられた冤罪疑惑を取材するために帰省。ジャックはウォードの調査を手伝い、死刑囚の婚約者シャーロットに心を奪われる。
殺人事件をめぐる複雑な人間関係に巻き込まれたジャックの人生は、大きく変わっていく。



噂には聞いていたけど、ニコール・キッドマンのビッチぶりがハンパねーです。
厚化粧とミニミニドレスですっかり別人格:シャーロット・ブレスになり切ってた。

ビッチから漏れ出るフェロモンオーラに、ワカゾーのジャックはすっかりイカれちまう。
シャーロットというビッチは、なぜか刑務所の囚人に手紙を出して”交際する”のを趣味にしていて、今回の本命、死刑囚ヒラリーと婚約する。

ヒラリーの事件を調べるジャックの兄ウオードは、シャーロットと共に面会に行く・・・。
この時の”面会エアセックス”には
どっひゃあ~! だ。

さらにこの後、まさかの放○シーンもありいの、
どっひゃあ~! の連続。

paper05.jpg


にしても、ヒラリーはかなりヤバいヤツだ。
ジャックはシャーロットに 「なんであんなヤツがいいの?」と尋ねる。
観客の9割は同じ疑問を持っていたにちがいねえべ。

paper08.jpg


しかしこれこそが、シャーロットという女の ”業” なのだ。

自分でもどうしようもない”業”。
これがこの映画のテーマのひとつと言えましょう。

ウオードにも同じことが言える。
登場した時からウオードの顔の傷跡が気になった。それはひとつではない。
その傷はどうしたのか?いつどうやって?
それは伏線だったのよね。
終盤に起きる事件により、答えがわかるのだった。

いやあ、恐ろしい。この世に人間の業ほど恐ろしいものはない。

ワカゾーのジャックは事件を通じて、知りたくない、見たくない現実の”闇”をまざまざと見せられることになる。

観終わって、ああ、そうだ、リー・ダニエルズってオープンリーゲイだったっけ、
うんうん、なるほどね、とうなずいたのだった。
(なにが、なるほどね なんだよお)

paper02.jpg


ジャックが5歳の時に母が家を出て、以来家政婦のアニタに育てられた。
これがメイシー・グレイ!
前作 [プレシャス]でもシンガーを役者として起用したリー・ダニエルズ。
(→ 鬼ハハ役モニークはオスカー受賞!)
今回もユニークなキャスティング。

1969年のフロリダは、まだ人種差別や偏見が根強く残っていた。
ジャックはアニタを母のように慕っていたが、感情に任せてつい心無い言葉をぶつけてしまう。
後で謝罪した時、アニタは言う。

――言葉には気をつけて
それで殺されることもあるのよ


比喩でもなんでもない、それは真理なのだ。

ヒラリーの叔父が棲む帝国:「沼」と呼ばれるジャングルの奥地のようなところに広がる、治外法権なハーレムがおぞましく、夢に出て来そう。こわい・・・。

↓ この映画、60年代の風景もいいのだ
paper07.jpg


===
ザック・エフロンは、青臭いワカゾー ジャック役がぴったりはまっていた。オッケー!ムダにマッチョ
マシュー・マコノヒーってこのところ捨て身だなあ。うーーん、今回はいがったどお。
捨て身と言えばニコール、チロル、完敗!!
あんたはエラい!! 女優ってスゴい!
やっぱ作品に力があると、ダメツボとか全く問題にならないんだとわかったわ。

ジョン・キューザックって、昔は完全イケメン枠だったよねえ?
このキモさはなんだ?! マジキモかったぞ!

チロルお気に入りのステキ☆おやじ スコット・グレンが兄弟の父親役で出てた。
役とはいえすっかりじーさんになっていてショック・・・・。

paper01.jpg


===
一体どこに着地するのか、先の見えないスリリングなドラマだった。
観終わってどっと疲れた。
でもおもろかった。
マジおもろかった。

paper06.jpg

↑ 右端が リー・ダニエルズ監督



テッドPageTopエンド・オブ・ウォッチ

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

プロフィール

ナンシー☆チロ

Author:ナンシー☆チロ
映画と本のつれづれ日記。
マイナー路線でごめんなさい。
サッカーも好き☆
過去記事へのコメントも歓迎です。
尚、宣伝目的や記事に関連のないリンク・コメント・トラックバックなどはこちらで削除させて頂きますので、ご了承下さい。

追記・その他

  (2017/07/15) 「FATHERS」に追記あり。 プーン役のAsda Panichkulは元MTVアジアの人気VJで東南アジアでは有名人。 ユク役のNat Sakdatornはタイのタレント発掘番組で優勝した実力派シンガーソングライター。

リンク
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ(タブ)

最近のトラックバック
カテゴリ
カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード

QRコード

RSSフィード