マジックマイク

[マジックマイク]
(2012/MAGIC MIKE)



mike07.jpg


8月に見たまま放置プレイ・・・。
[恋するリベラーチェ] からの~ ソダーバーグつながりつうことでやっとUP!

@シネスイッチ銀座



”自称”青年実業家のマイクは、夜はストリップクラブの人気No・1ダンサー。
ある日知り合った青年アダムに才能を見出し、人気ダンサーへ育て上げるが・・・。


mike01.jpg


これほんとに日本で公開されるのかな?とワクワク 楽しみに待ってた。
無事公開されて、よかった、よかった。

チャニング・テイタムの自伝的ストーリーの映画化。
彼がソダーバーグに、”なんとなく”構想を語ったら、ソダーバーグは「最高のアイデア」であるかのように反応。
実現を目指してチャニングは奔走。プロデューサーも務めた。
その製作エピソード、本編のストーリーを見ても、チャニング・テイタムってただのマッチョバカだと思っていたら、なかなかに頭のキレる”野心家”だったのね。
人は見かけによらないわあ、って話よ。

チャニングをアタマに、若い新入りが、”元美少年”アレックス・ペティファー、マット・ボマーと美形ドコロを集め、その他のニーズには、アダム・ロドリゲス([アグリーベテイ] ねーちゃんのダンナ)などワイルド系も取り揃えております。
ジョー・マンガニエロがかっちょよかった。
(↓ 右から二人目ガタイのいいヤツ!)

mike06.jpg


チャニングのダンスはキレキレで、さすがの貫録。
彼はこの”業界”に8ヶ月いて、現実はもっとダークで鬱屈している世界だそうな。やだわ~~

弟(アレックス・ペティファー)が心配でならない、身持ちの堅いおねえちゃん。いつも眉間にしわを寄せてる。
コデイ・ホーン [エンド・オブ・ウオッチ] ってmyタイプ!

mike03.jpg


マンガニエロ、デカい! あ、マシュー・マコノヒもいたっけ(スルーしてた)

mike08.jpg


===
観に行ったのは週末だったのでとっても混んでた。
チロルの周りには、(おそらく)フランス人のマダムや塩野七生風リッチマダムが一人で見に来ていた。
マダム達が「見たい!」と思う映画がやっと現れたか!と感慨深かった。
こういうのをもっと作ってくれ!
(アレックス・ペティファーって人となりは問題児らしいけど、やっぱり顔が超好みのタイプ。このコの顔スキ。UKの人の顔だから・・・。

mike05.jpg


42 〜世界を変えた男〜PageTop恋するリベラーチェ

Comment

マコノヒはスルーかい!

狂気の演技で、この映画の鬱屈パートの担当だったねマコノヒ。
まあ、私らマダムの鑑賞目的にはそりゃ、すれてケバイおっさんより弾力性のある若い方がいいけどね(笑)

でも、頭もダンスもキレキレの野心家なのに、なぜかチャニングってさっぱり追いかける気を起こさせない役者だわ。
アメリカ海兵隊員のフィギュアみたいな外見だからかしらね?

◆アマレットさん

> 狂気の演技で、この映画の鬱屈パートの担当だったねマコノヒ。
ファンの方にはすまんのお。おら、どーもマコノヒ、ダメツボだでよお。
あのあつくるしいかんじがダメダメ。脳内で勝手にスルー
ああ、やっぱりソダーバーグと相性わりいや、と実感。

> まあ、私らマダムの鑑賞目的にはそりゃ、すれてケバイおっさんより弾力性のある若い方がいいけどね(笑)
たしかにすれてたね(笑)じじいなのにむだに鍛えてるボデイもいらっと。
マット・ボマーは単体で見ると、脱いでもすごいんです、なのに、ここに入っちゃうと
影が薄くて損してた気がする。モッタイナイ。

> アメリカ海兵隊員のフィギュアみたいな外見だからかしらね?
あはは!ほんま!
最初出て来た時は、ちょっとカワイイ!とか思ったけど、([ステップアップ]だっけか)
最近は鼻につく。
あああああ、ネガティブなことはスルーした記事だったのに、
ここで毒はいてしまったじょ~

んだ、マコノヘー無視とは・・・w

最後、マコノヘーが全部持ってったかのような映画だったのにww
あ~でも暑苦しくて胸焼けした。ワシもマコノヘはスゴイとは思うけど、やっぱり好きにはなれないな。

>コデイ・ホーン ([エンド・オブ・ウオッチ]) ってmyタイプ!

ええ~?!かわいいけど、ちょっとゴリ系でないかい?ていうか、女はお飾りのような映画だったな。

◆りおこさん

> 最後、マコノヘーが全部持ってったかのような映画だったのにww
チロルの中ではマコノヘはなかったことにしたいキモチ。

> あ~でも暑苦しくて胸焼けした。ワシもマコノヘはスゴイとは思うけど、やっぱり好きにはなれないな。
myダメツボだったけど、このところ見たヤツは好演してて、お、マコノヘ、イヤ汁も薄まってキタか!?
と評価を上げたとこだっただけにがっくしだよ。

> >コデイ・ホーン ([エンド・オブ・ウオッチ]) ってmyタイプ!
> ええ~?!かわいいけど、ちょっとゴリ系でないかい?ていうか、女はお飾りのような映画だったな。
ゴリ系って・・・かわいそう(笑) たしかにサルっぽいネ
ぴらぴら、チャラチャラした女が出て来ない映画だった。
その辺のバランスは考えて作ったんだな、ってとこは評価出来る、ソダーバーグ(って上から目線)

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

プロフィール

ナンシー☆チロ

Author:ナンシー☆チロ
映画と本のつれづれ日記。
マイナー路線でごめんなさい。
サッカーも好き☆
過去記事へのコメントも歓迎です。
尚、宣伝目的や記事に関連のないリンク・コメント・トラックバックなどはこちらで削除させて頂きますので、ご了承下さい。

追記・その他

  (2015/8/24) 「怒り」に追記あり。

リンク
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ(タブ)

最近のトラックバック
カテゴリ
カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード

QRコード

RSSフィード