警察署長


「警察署長」 スチュアート・ウッズ


警察署長〈上〉 (ハヤカワ文庫NV)警察署長〈上〉 (ハヤカワ文庫NV)
(1987/03)
スチュアート ウッズ

商品詳細を見る


警察署長〈下〉 (ハヤカワ文庫NV)警察署長〈下〉 (ハヤカワ文庫NV)
(1987/03)
スチュアート ウッズ

商品詳細を見る


先日UPしたブログ記事を書く際、若者ばかり33人を殺害したジョン・ゲイシーについての記事を読んでいて、そういえば同じような事件を題材にした小説があったわね、とおよそ30年ぶりに再読してミタ。(当時はハードカバーで読んだと記憶)
とはいえこちらは本格的警察小説です。


1920年冬、ジョージア州の田舎町デラノの郊外で若者の全裸死体が発見された。就任間もない初代警察署長ウィル・ヘンリー・リーは、秘密結社K・K・Kの犯行と見て捜査を開始する。
調査の末、やがてあある人物が浮かびあがるが、そのときウィル・ヘンリーを思わぬ事件が襲った!
南部の小都市を舞台に、40数年に及ぶ殺人事件を多彩な登場人物を配して描く大河警察小説。アメリカ探偵作家クラブ最優秀新人賞受賞作。


物語は1919年から1963年までの44年間に三代の警察署長にわたる大事件を描く。
1920年代、初代署長の「ウィル・ヘンリー・リー」、40年代「サニー・バッツ」、60年代「タッカー・ワッツ」という三部構成になっている。

40年にわたる「事件」をメインストリームに、人種差別問題や政治などいろいろな要素が複雑に絡み合う。

南部の架空の田舎町デラノ、おらが町にもそろそろ警察が必要じゃないか、と町の有力者が提案する。
その”有力者”:頭取のヒュー・ホームズは、綿花農場主のウィル・ヘンリー・リーを署長にする。
軍隊経験もないリー、実務や経験より人柄を見込んでの抜擢であった。
(この人事が悲劇のはじまり。それがわかるのは40年後)

警察ってこんなかんじで始まったんかあ・・・と興味深かった。
のどかな田舎町も町の発展と共に秩序やルールが必要になって来る。

その田舎町で若者の全裸死体が発見される。
リーにとって初めての死亡事件。
リーは地元紙の主筆に事件のことを話す。すると主筆は

――若者は性的暴行を受けたのかね?
――え?
――誰かにおかまを掘られたかってことさ。
若い子にそういうことをする連中がいるからね。


ウイル・ヘンリーはそんなことをそれまで思ってもみなかったのだった。
たしかにこの時代、南部の田舎町の人たちはそんなもんだろうな。ほおほお。

町医者は自分の手に負えないと、都市部にいる旧友に検視を頼む。
検視を行ったドクターは、被害者の尻の鞭打ちのような跡が左右シンメトリーについていることから、加害者は規則正しさやシンメトリーにとりつかれている者、髪も真ん中で分けられているはず、と言う。
また、単なる鞭打ちではなく「尋問」のやり方であることから、警察関係者の可能性が高い。
へぇ~へぇ~、この時代に今でいう「プロファイル」を関係者はやっていたわけね。ほほぉ。

そしてドクターは、この事件はセクシュアルなものだと断言する。
デラノのようなところでそんなことが起きるなんて信じられない、というウイル・リーにドクターは言うのだった。

――アトランタやニューヨークやパリで起こることはあっても、
ここでは起こり得ないなんてものは何一つないんです


この後第二の若者の死亡事件があり、ウイル・リーはある人物にたどり着く。
誰が犯人かはミステリの真相でも何でもなく、”彼”が犯人であるというのは早い段階で読者に提示される。

犯人を追いつめながら、あと一歩のところでウイル・リーは殉職する。
後にはリーが作成した事件のファイルがひっそりと残される。

それから20年後に偶然サニー・バッツがそのファイルをみつける。
それ以降も同じような若者の失踪事件が起こっているのに気付く。
バッツも犯人に行きつくのだが・・・。

リーの時代に起きた2件の死亡事件、その後の失踪した若者の、年齢も風貌も似通っている。
あ、やっぱりね。こういうのって「極めて限定した好みのタイプ」ってのがあるよね。
誰でもいいってわけじゃないんだよね。

そしてそこからさらに20年後、署長となったタッカー・ワッツもファイルをみつけ、事件の関連性に気づく。
という具合に、事件は未解決のまま時代と共に署長に受け継がれていく。

初代署長ウイル・リーが殉職した時幼かった息子ビリー・リーは、第2部では成人し弁護士となり政界に進出する。
第3部では、この事件がビリー・リーの政治生命を左右することになる。
物語はここから大きく動き出す。
もうここからはノンストップ、読み出したらやめられない!

もうひとつのテーマ、人種差別問題が物語を貫いて描かれる。
物語は虐げられた者たちの歴史であり、同時に紛れもなくアメリカの歴史である。
第一部では選挙権はおろか満足な仕事もなかったが、第三部では選挙権を得、仕事で成功している者も多くいる。
時代は確実に動いていたのだった。

保守的な南部の町にもレズビアンのカップルがちらっと登場する。(第2部)
1部でウイル・リーは”その手のこと”に無知だったが、第3部ではヒュー・ホームズが「こんな小さな町にも一定数のホモはいるが、みなそっとしておいてやっている」と認識しているのが興味深い。

全てが終わり物語の最後にビリー・リーはJFKから電話をもらう。
ビリーのホワイトハウス入りが期待されるが――

第3部の時代設定を1963年にしたのはそういうことだったのかと唸った。
ほろ苦いラストの描写は秀逸だ。


今作は1983年にTVドラマ化しCBSで放送された。
日本では1985年にNHKで放送。

Chiefs01.jpg

ヒュー・ホームズをチャールトン・ヘストン、フォクシーをキース・キャラディンが演じた。
フォクシー=キースは、万歳三唱!をしたいくらいぴったりのキャスティングだった。
あとのキャストは忘れてしまって、今あらためて見てみたら、
ブラッド・デイヴィス(KKK団員サニー・バッツはまりすぎ!)やダニー・グローバーも出てた。
監督は[将軍]のジェリー・ロンドン。
原作ファンにも大満足のドラマだった。
日本ではDVD化されていないようで残念です。

キースの画像貼っとこうっと。
[プリティ・ベイビー]のキースが一番美しくて好き☆
また見て思いきりはあはあしたあい。
Chiefs02.jpg


プリティ・ベビー [DVD]プリティ・ベビー [DVD]
(2008/06/20)
ブルック・シールズ、スーザン・サランドン 他

商品詳細を見る



いてはいけない人PageTop夜明けのゾンビ

Comment

 >フォクシー=キースは、万歳三唱!をしたいくらいぴったりのキャスティング

激しく同意です!!。不気味さ満点でした。
原作もドラマも面白かったです。そうか、もう30年ほどたったのね。


佐々木譲「警官の血」(こちらもドラマ化)は、本作品をパク・・、いやインスパイアされて書かれたものでしたよね。

■アラスカさん

>  >フォクシー=キースは、万歳三唱!をしたいくらいぴったりのキャスティング
> 激しく同意です!!。不気味さ満点でした。

当時新聞のラテ欄にキースの名前を見つけた時、
おおおおお!!とコーフンした覚えがあります。
今だったら、キターーーー!ってとこかも(笑)

> 原作もドラマも面白かったです。そうか、もう30年ほどたったのね。
30年だからけっこ忘れてて、新鮮な気持ちで読みました。
原作に忠実なドラマだった。映画ではなくミニシリーズ(90分×3)
というのも見応えバッチリだった。
ラストの、やっと全てが明らかになったシーンはあまりのことで、
ぼーぜんとしながら涙を流して見た覚えがあるよ。
あそこのシーンは、小説よりむしろ映像が勝ったんじゃないかな。
とにかくおぞましくも圧巻のシーンだった。原作読んで顛末は知っているのに。
あの”尋問”に使ってた座面がくり抜かれた籐の椅子って、「007」でボンドが
拷問されちゃう椅子と同じことだよね?こわ~~

> 佐々木譲「警官の血」(こちらもドラマ化)は、本作品をパク・・、いやインスパイアされて書かれたものでしたよね。
そうだったんか!?知らなかった。
今度読んでみよう。多謝。

今日ウッズの「草の根」を借りてキタ。
ビリー・リーの息子の物語だって。
しかししかし、分厚いハードカバーで今から腰が引け気味。

そういえば

思い出したんだけど・・・
ビリー・リーの気丈な奥さん(アイルランド女)が、KKKの襲撃を迎え撃つくだりで、
「え、ほんとにシーツかぶってくるんだ。ばかみたい」
みたいなこと言うところに吹きました。
こういうユーモアセンスのさじ加減もいいです。

 >今日ウッズの「草の根」を借りてキタ。
ビリー・リーの息子の物語だって。

ええっ!そんな本があるの?。
私も早速借りてきます。


Commentの投稿

 管理人だけに表示する

プロフィール

ナンシー☆チロ

Author:ナンシー☆チロ
映画と本のつれづれ日記。
マイナー路線でごめんなさい。
サッカーも好き☆
過去記事へのコメントも歓迎です。
尚、宣伝目的や記事に関連のないリンク・コメント・トラックバックなどはこちらで削除させて頂きますので、ご了承下さい。

追記・その他

  (2015/8/24) 「怒り」に追記あり。

リンク
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ(タブ)

最近のトラックバック
カテゴリ
カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード

QRコード

RSSフィード