コールド・ウォー 香港警察 二つの正義

「コールド・ウォー 香港警察 二つの正義」
(2012/香港/寒戦/COLD WAR)


cold02.jpg


香港映画の新作が、めっぽーおもしろいと聞き、チェック入れてみたら、
なんと!
テレンスガ出ているではないか!?
ソッコー行ってキタ。

@シネマート新宿

ここ、何度か来ているんだけど、大きい「スクリーン1」つうのに初めて入った!
こんな大きいとこがあったんだ・・・。
これまで試写室のように小さい「スクリーン2」しか入ったことがなかったとです。
→ スクリーン1のキャパは335で、2は62だった。5倍!

香港の繁華街・旺角で爆発事件が起きる。同じ頃に一個小隊の警官5人と車輛が姿を消す。
香港警察長官はヨーロッパに海外出張中。副長官の二人、リーとラウが陣頭指揮権を巡って激しく対立する。
そこに犯人から、警官5人の命と武器一式の値段がいくらになるか計算しておいてくれと電話が入る。
リーが指揮を執ろうと動き出したところ、5人の警官の一人がリーの息子とわかる・・・。

いやあ、おもしろかった!
香港警察を舞台にしたクライム・サスペンス。
思えば香港映画は、このジャンルを得意としているよな。

↓ そのものズバリなタイトルの作品もあり。(ダニエルとテレンスも出てる)

香港国際警察 NEW POLICE STORY [DVD]香港国際警察 NEW POLICE STORY [DVD]
(2012/06/20)
ジャッキー・チェン、ニコラス・ツェー 他

商品詳細を見る


犯人は非常に狡猾。大体身代金の額を向こうに決めさせるってのがニクい。
おまけにやたら内部事情に詳しく、さらに警察内部の情報がリークされている。
リーに変わって指揮を執ったラウは、犯人に翻弄される。

そこへICAC(LAPDで言えば、内部調査局みたいなもんかしらね)がやって来て、ラウは横領容疑で連行されて行く。
ラウが身代金を着服したとの疑いが。
全てはラウが仕組んだことだったのか?
そこからさらに二転三転、一体誰が善で誰がワルなのか??

スピードと緊迫感、すっかり引き込まれちゃったわあ。
監督の陸劍青(サニー・ロック)と梁樂民(リョン・ロックマン)は、これが長編デビュー作。
もともと美術スタッフと助監督。
「香港の映画ファンは、[インファナル・アフェア](2002)以来秀作がないことを不満に思っている」と、サニー・ロック。
二人による脚本も練りに練ってある。
→ この作品は、第32回香港電影金像奨、作品・監督・脚本賞を含む主要9部門を受賞(過去最多)。

キャストもゴーカ!
対立する二人、リーとラウは「たたき上げ」vs「エリート」という図式。
たたき上げのリー: 梁家輝(レオン・カーファイ)
もうこの人は今や香港映画界トップの役者じゃないのか。
レオン・カーファイが演ると、どの役もクセモノに見える。
→ この作品で、主演男優賞を受賞。

エリートのラウ: 郭富城(アーロン・コック)
アーロンも白髪混じりの年代になったのか・・・(しみじみ)。もう48歳だって。
いい年の取り方をしている。好感度大。

cold05.jpg

局内二大派閥の内、リーの部下が林家棟(ラム・ガートン)、ラウの部下が銭嘉楽(チン・ガーロウ)
広報課主任 楊采妮(チャーリー・ヤン)
保安局長には、劉德華(アンディ・ラウ)が友情出演。
出張中の長官が、なんと、王敏徳(マイケル・ウオン) お久しブリーフ。

他若手も粒揃い。
ICACのナマイキな捜査官 李治廷(アーリフ・リー)([李小龍 マイブラザー])
 → ナマイキでゴーマンなとこが彼の持ち味。イイぞ!!

cold03.jpg

特別行動班 安志杰(アンディ・オン) (「ブラックマスク2」 「MAD探偵 7人の容疑者」)
 → マッチョぶりを見せる場面がなかったので、アンデイとは気づかず・・・。

リーの息子ジョー 彭于晏(エディ・ポン) (「愛 LOVE」 )
 → カバええ~!

cold01.jpg


さてさて、テレンスはなんと、IT部門の責任者!(合ってるような、ミスマッチのような・・・)
酔っぱらって緊急呼び出しに応じない為、局員に家に押し入られるという最初からマヌケな愛すべき(?)キャラクター。
今回はけっこ出番があったけど、始まって2・30分までなので、ファンの方(いたら・・・)お見逃しなく。

↓ この作品のシーンは拾えなかったので、とりあえずテレンス画像貼っとこ

cold07.jpg


謎の犯人との闘いはまだ続く。
パート2も楽しみにしているわ~~(あるんだよね?!)

===
香港電影金像奨の受賞リストを見ていたら、今作で新人賞を受賞している徐家杰(マシュー・マック)って誰?そんな新人どこに出てたかしら?
と思ったら、ICAC局長のオヤジだった! え、新人賞でっか?!
検索したら、ムエタイみたいな衣装着てる画像があったから、そっちの人(武道系とか)なのか??
今回に限らず香港電影金像奨の新人賞ってちょっと変わってるんだよね。え、その人が?!みたいな人選がままある。香港らしいと言えるかも。

cold04.jpg


恋するリベラーチェPageTopタイピスト!

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

プロフィール

ナンシー☆チロ

Author:ナンシー☆チロ
映画と本のつれづれ日記。
マイナー路線でごめんなさい。
サッカーも好き☆
過去記事へのコメントも歓迎です。
尚、宣伝目的や記事に関連のないリンク・コメント・トラックバックなどはこちらで削除させて頂きますので、ご了承下さい。

追記・その他

  (2017/07/15) 「FATHERS」に追記あり。 プーン役のAsda Panichkulは元MTVアジアの人気VJで東南アジアでは有名人。 ユク役のNat Sakdatornはタイのタレント発掘番組で優勝した実力派シンガーソングライター。

リンク
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ(タブ)

最近のトラックバック
カテゴリ
カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード

QRコード

RSSフィード