4年間

「4年間」
(2010/スウエーデン/FOUR MORE YEARS)


morey02.jpg


スウェーデン映画祭2013に行ってキタ。

アンソニーさんが教えてくれました。ありがとねん。

@ユーロスペース


ダヴィッドは、ハンサムでユーモアに溢れ、次期首相の呼び声が高かった。しかし、勝利を確信していた選挙で敗北。
ある日エレベーターで、対立政党のマッティンと乗り合わす。
それ以来、ダヴィッドはマッティンのことが気になり出し――


人は一瞬で恋に落ちるものなのね。
その時彼自身は全く自覚していないんだけど。

マッティンが出席すると小耳にはさみ、関係ないパーティーに潜り込んだり。
偶然を装って言葉を交わす。ダヴィッド、カワイイ☆

魅力的で人気者のダヴィッドだけど、実はヘタレでダメダメ。
ヤリ手の妻と政策秘書が万事仕切っている。

morey03.jpg


そのパーティーから親しくなり、マッティンの家に招かれる。
遅くまで飲み明かした二人は、二人は・・・。

翌朝目を覚まし、ボーゼンとするダヴィッド。
「昨日のことはなかったことに」とマッティンに言うと、
「もうyoutubeにアップしちゃったよ。アクセス回数が2万回だ!」(もちろんジョークです)

morey01.jpg


ことほどさように、この作品は会話のテンポがよく、ギャグやユーモアのセンスも小気味良い。

そこからラブラブまっしぐら!

morey04.jpg

しかし、ここまで妻一筋20年のダヴィッドは不安なことだらけ。
これから僕たち一体どうなるの?

一方、経験豊富なゲイ、マッティンはいたって楽観的。
二人のことは誰にも知られなきゃいいじゃないか。

ダヴィッドはマッティンの過去の男関係も気になるところ。

その不安が的中!
約束していたデートでマッティンの家を訪れたダヴィッドは、マッティンと元カレがいちゃこらしているのを見てしまう(実はダヴィッドの誤解なのだが)。

家に引き返したダヴィッドは妻に甘えようとすると、

「何よ今さら。あなたは女に興味ないはずでしょ」
「???」
「あなたはもともとゲイだもの。気づいてなかったの?」

えっ、ボクってゲイだったの? と今さら自覚するマヌケさに吹いた!

その一件から、ダヴィッドはマッティンに対し一方的に距離を置く。
携帯の番号も変えてしまった。
訳が分からないマッティン。(← カワイソウ

ところが出張先のハンガリーで再会。再び燃え上がる。
翌朝、「二人のことを公表しよう」というマッティンの提案に、
「そんなことをしたら、僕の政治生命はどうなる?!」とまたケンカ別れ。

その後マッティンには党の書記長に抜擢される話が。
書記長になったらダヴィッドとは別れるべきだと進言される。

ダヴィッドは妻と離婚が成立。
一人になったダヴィッドは・・・?
そして、マッティンは・・・?

おもしろかったです。
いい年したおっさんたちが、ラブに一喜一憂、あたふたする様が楽しかったです。

↓ 優柔不断でダメダメなダヴィッド、そんなとこがかわいくてたまらん顔のマッティン

morey05.jpg


スウェーデン映画を観る機会はなかなかないわよね。
[パトリックは1・5歳] くらいかしら。これもおもしろかった。

この作品に出て来る人たちは、ゲイに対してさほど偏見がなく、セックスに関してもおおらかと言いましょうか、欲望の赴くまま。
ヨーロッパ的ではあるけれど、おフランスともまた違う。

そういえば昔、スウェーデンは性の先進国と言われていた時があったわよね。
性のグローバル化か、最近は聞かれなくなった。
スウェーデンという国がなんとなく垣間見えた気がしたわ。
[パトリック~] の時も思ったけれど、今回も主演二人が中年体型で、ハリウッド映画のようにマッスルを鍛えてないところがスウェーデンチックだった。

ドタバタとした展開ではあるけれど、政治家のおっさん二人のロマンティックなラブストーリーなのだった。

===
上映終了後、トーヴァ・マグヌソン=ノーリング監督を迎えてQ&Aあり。
監督さんは女優でもあり、今回ダヴィッドの妻役を演じた。

「ゲイの二人の物語、というより、対立政党の二人が恋に落ちたら、というドラマにフォーカスした」とのこと。

スウェーデンのゲイ事情としては、都市部では認知されているが、地方に行くとまだ偏見がある。
マッティンのようにゲイであることをカミングアウトしている政治家は何人かいると。

映画の中では、きりっとした顔だったのに、素顔の監督さんはナチュラルなかんじでチャーミングでした。

↓ ボケててすまん (ユーロスペースは照明がクラいぞ)←いいわけ

morey06.jpg

モンティ・パイソン ある嘘つきの物語 グレアム・チャップマン自伝PageTop極道めし

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

プロフィール

ナンシー☆チロ

Author:ナンシー☆チロ
映画と本のつれづれ日記。
マイナー路線でごめんなさい。
サッカーも好き☆
過去記事へのコメントも歓迎です。
尚、宣伝目的や記事に関連のないリンク・コメント・トラックバックなどはこちらで削除させて頂きますので、ご了承下さい。

追記・その他

  (2015/8/24) 「怒り」に追記あり。

リンク
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ(タブ)

最近のトラックバック
カテゴリ
カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード

QRコード

RSSフィード