アメリカン・ハッスル

「アメリカン・ハッスル」
(2013/AMERICAN HUSTLE)


ameh01.jpg


本年度アカデミー賞最多10部門ノミネート!
ゴールデングローブは、最多&主要3部門受賞!

オスカー前に押さえておかねばいかん一作。

@TOHOシネマズみゆき座


汚職政治家を捕える為、FBI捜査官が協力を依頼したのは天才詐欺師だった。
1979年アメリカで起きた汚職スキャンダル「アブスキャム事件」を題材に描く。


詐欺師と愛人は、野心家のFBI捜査官リッチー・ディマソに目を付けられ、捜査に協力すれば見逃してやると取引を持ちかけられる。
引き受けざるを得ず二人は危険な作戦に加わるが・・・。

ameh04.jpg


大がかりなコンゲームに、キャラの濃ゆい人々が入り乱れる。
どちらが善で、どちらが悪か、というような単純な二段論法ではなく、どこにも共感出来ないままあれよあれよと物語は進み、取り残された気分で意識モーロー。
となりに座っていたばあちゃんが予告編から爆睡してて、本編が始まったら起きるのかな?と心配してたら自分が撃沈・・・。

1979年という時代設定以上に、デヴィッド・O・ラッセルは、登場人物をカリカチャライズして描く。
クリスチャン・ベイルは出バラの一九ハゲ、ブラッドリ・クーパーはアイロン・パーマ、ジェレミー・レナーはスーパーリーゼントで、エイミー・アダムスははみ乳。

ここまでやる必要あるんかいな?とか思う。
だったらこんなイケメンの仮装大会でなく、個性的な俳優使えばいいじゃん。
「あえて」ってことなのよね、ラッセル。

この作品のチロル的敗因はひとえに、クリスチャン・べいるんを出バラのおっさんにしたこと。
だってやっぱりチロルはべいるんが好きなんだも~ん。
出バラのべいるんを正視出来ず、終始居心地が悪かったの・・・。

ameh03.jpg


そういう個人的感情が特にない人は楽しめるかも。

さて、ジェニファー・ローレンスだ。
ゴールデン・グローブ賞助演女優賞を受賞した。
授賞式を見ていたチロルは、
マジか!?去年受賞して(去年は「主演」だったけど)二年連続ありかっ!?
と思ったけど、それはまだ今作を見ていなかった時。

ありです!!

全然あり!

もう 決まり! じゃないかってくらいあり!


観終わったら頭に残っているのは、ジェニファーのシーンばかり。
詐欺師べいるんの妻ロザリン。
ぶっ飛んだビッチぶりったらない。

「死ぬのは奴らだ!」を歌いながらゴム手袋して掃除するシーンとか、
電子レンジのシーンなんてもうサイコー!!

ameh02.jpg


アカデミー賞には、この作品から四人、主演男優賞 べいるん、主演女優賞 エイミー・アダムス、助演男優賞 ブラッドリ&助演女優賞ジェニファーと、演技部門すべてにノミネートされてるけど、他の三人は完全にジェニファーに食われちゃったわよ。

助演女優賞の他のノミニーは、
サリー・ホーキンス、ルピタ・ニョンゴ、ジュリア・ロバーツ、ジューン・スキップ
ほらほら、もうジェニファーで決まりじゃないの!?

とにかく、ジェニファーを見るだけでもこの作品を観る価値あり。

==
長いアカデミー賞の歴史の中、二年連続受賞つうのは誰がいるんだろう?とチェック入れてミタ。

主演男優賞 : トム・ハンクス [フィラデルフィア](’93) [フォレストガンプ](’94)

ちょっと遡って、
主演女優賞 : ルイーゼ・ライナー [巨星ジークフェルド](’36) [大地](’37)

 

ダラス・バイヤーズクラブPageTopマタドール<闘牛士> 炎のレクイエム

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

プロフィール

ナンシー☆チロ

Author:ナンシー☆チロ
映画と本のつれづれ日記。
マイナー路線でごめんなさい。
サッカーも好き☆
過去記事へのコメントも歓迎です。
尚、宣伝目的や記事に関連のないリンク・コメント・トラックバックなどはこちらで削除させて頂きますので、ご了承下さい。

追記・その他

  (2015/8/24) 「怒り」に追記あり。

リンク
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ(タブ)

最近のトラックバック
カテゴリ
カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード

QRコード

RSSフィード