ラブレース

[ラブレース]
(2013/LOVELACE)


lovelace01.jpg


敬愛する映画監督 ロブ・エプスタインとジェフリー・フリードマンコンビの新作。
彼らを知ってから、リアルタイムで新作を観るのは初めて。うれしい!
初日にミタ。

@ヒューマントラストシネマ有楽町



1970年フロリダで、厳格なクリスチャンの両親と暮す21歳のリンダは、バー経営者のチャックと知り合い結婚。
半年後、金に困ったチャックは、妻であるリンダをポルノ映画に売り込む。
7日間で撮影されたリンダ主演の映画「ディープ・スロート」は大ヒットを記録する――


リンダ・ラブレースがいかにして「ディープ・スロート」に出演し、”アメリカのシンボル”になったか。
伝説のポルノ女優リンダ・ラブレースの光と影を描く。

[セルロイド・クローゼット] [ハーヴェイ・ミルク] などドキュメンタリ映画を手掛けて来たロブとジェフが”ドラマ”に挑む。というので興味深くミタ

流されるままに映画出演が決まる。妻をポルノに出すなんて・・・と思うが、業界では珍しい話じゃないんだろう。
撮影現場の光景もおもしろい
lovelace05.jpeg


そして映画は大ヒット!アメリカの社会現象となった。
リンダは一躍時の人に。
その一方、チャックは荒れて行き、結婚生活は限界を迎えるのだった――

見ている間中、なぜロブとジェフはこの映画を撮ったんだろう・・・という疑問が胸の奥でくすぶっていた。
’70年代の一大センセーションであるし、興味深いモチーフではあるけれど・・・。

最後にそれがわかる。
他の誰でもない、ロブとジェフがこの映画を撮った理由がそこにあった。

涙が止まらなかった・・・。

冒頭、泣きながらホテルのバスルームにいるリンダ。
彼女はなぜ泣いているのかしら?
なぜホテルに?
これがわかるのは最後になってから。

lovelace04.jpg 幸せだった日・・・


lovelace09.jpg リアルな二人



===
ロブとジェフのインタビューを見ると、彼女の半生を描くにあたり、どこに焦点を当てるかを考えた時、支配的で信仰深い母親と暮していたところからスタートすることにした、とある。
この母と娘の関係がリンダの人生を大きく左右した。

十代で望まない妊娠をし出産、こどもを養子に出したリンダ。それを機に一家は新しい土地フロリダに移り隠れるように暮す。
厳格な母はリンダに監視の目を強くする。リンダには毎日が窮屈で退屈。
居心地の悪い家から逃れるように結婚。
その後夫の暴力に堪えかね家に逃げ帰ると、「妻は夫の言うことを聞いていればいい。あなたが悪い」と母に追い出される。
この時母がやさしい言葉をかけていれば、その後の人生は違ったのかなあ。

ところで・・・
物語の後半になり、
ええええええーーっ! 
も、もしかして、この母って、
シャロン・ストーンだったのおおおおおお!

lovelace07.jpg


やっと気づいた次第です。お恥ずかしい。
ことほどさようにこの作品のキャスティングはクセモノぞろい。

チャックはピーター・サースガード。
リンダの父、ロバート・パトリック。ターミネーター!
巨○で知られるハリー・リームズに、アダム・ブロデイ。
あのカワイイ アダムちゃんが!?

lovelace06.jpeg


ヒュー・ヘフナーはジェームズ・フランコ。
若い時のヘフナーに似とるがな~
lovelace02.jpg

彼はロブ&ジェフの前作 [HOWL](’10)に主演、アレン・ギンズバーグを演じた。
これが二人の、初”フィクション・ドラマ”。

リンダの高校時代の友人パッツィー : ジュノ・テンプル ← イイネ!

lovelace03.jpg

フェミニズムのジャーナリスト : クロエ・セヴニー
ちらっと出るフォトグラファーの人、誰だっけ?と思ったら、ウエス・ベントレー([アメリカン・ビューティー])
Imdbを見ると、エリック・ロバーツも出てたのね。わからなかったわ。

あれあれぇ~主演のアマンダ・セイフライドのことを忘れてた!
これまで、コーマンちきでいけすかないねーちゃんだと思ってたけど、あっぱれの大熱演!!
これから考えを改めます・・・。

ロブ&ジェフ、いつまでも元気でいい作品を作ってネ!! チロルのお願い☆
ロブとジェフは相変わらずハンサムね。アダムちゃん、ラブリー☆

lovelace08.jpg

→ ロブ&ジェフの次回作は[ANITA]。
反同性愛の活動家・歌手 アニタ・ブライアントの伝記。
これもすごい話だな。いかにもロブ&ジェフらしいわ。
アニタにはユマ・サーマンがキャスティングされてる。
早く見たい!!


インサイド・ディープ・スロートPageTopネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

プロフィール

ナンシー☆チロ

Author:ナンシー☆チロ
映画と本のつれづれ日記。
マイナー路線でごめんなさい。
サッカーも好き☆
過去記事へのコメントも歓迎です。
尚、宣伝目的や記事に関連のないリンク・コメント・トラックバックなどはこちらで削除させて頂きますので、ご了承下さい。

追記・その他

  (2015/8/24) 「怒り」に追記あり。

リンク
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ(タブ)

最近のトラックバック
カテゴリ
カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード

QRコード

RSSフィード