マッチポイント

【マッチポイント】
(2005/イギリス+アメリカ+ルクセンブルク/MATCH POINT)



マッチポイント [DVD]マッチポイント [DVD]
(2009/06/19)
ジョナサン・リース・マイヤーズ、スカーレット・ヨハンソン 他

商品詳細を見る


毒を食らわば皿までも

やっぱり見てミタ。

ウッディ・アレン ロンドン三部作のひとつ。

元プロテニス・プレイヤーのアイルランド人青年クリスは会員制テニスクラブのコーチとして働き始める。英国の上流階級に憧れる彼は、やがて実業家の息子トムと親しくなり、その妹クロエと付き合い始める。ところがそんなある日、クリスは女優を目指すアメリカ人女性ノラと出会う。彼女はトムのフィアンセだった…。

mpoint01.jpg


冒頭、「運」について語られる。

ネット上のボール、
ネットにかすった時、
向こうのコートに落ちるのか、
こちら側に落ちるのか

――運に左右される人生は不幸だ。
  なぜなら自分の力が及ばないからだ


むむむ・・・

【ウディ・アレンの 夢と犯罪】 と同様、愚かな人間のドラマ。
二作品はいくつかの共通項がある。
主人公は野心を持った青年。相手は女優志望のセクシーな美女。
そして青年は己の欲望の為、殺人を企てる。
果たして事は青年の思い通りになるのか?

イギリスの上流階級ってやっぱりハンパないよな。
トムとクロエの家は、それこそ映画やマンガの世界。
オペラ鑑賞は永年会員のロイヤルボックスシート。
週末には”お別荘”でハンティングや乗馬、ポロ用の馬も別に飼っている。
ヴァカンスはギリシャの島を巡るエーゲ海クルーズ。

クリスはクロエと結婚することによって、”その世界”の一員となった。

―― 一度いい暮らしを知ったら、元には戻れない

劇中クリス自身がそう語る。

わかっているのにノラとの不倫にのめり込んでいく。
危ない橋を渡るかのようなラブアフェアっぷりに、見ているこっちは生きた心地がしなかった・・・。
もうやめて~~
小心者のチロルには堪えられなかったッス。

――うしろめたい気持ちがするんだ
  罪悪感のような・・・。


打算的な結婚、あまりに急速に別世界に入り込んだラッキーな自分。
それゆえにうまく心のバランスが取れない。
やり場のない気持ちがノラとの情事に駆り立てたのだろうか?

mpoint02.jpg


一度姿を消したノラに自分からすがって復縁、あげく妊娠した彼女に離婚を迫られ彼女を殺そうとするって・・・。
打算的とか、自己中とかの言葉では片づけられない、あまりにバカ野郎なクリスに、いやあああな気持ちになった。

つまり後半は「陽のあたる場所」的展開。
この流れは陳腐なのだが、さらにその先が実に”ウッディ・アレン”なのだ。


陽のあたる場所 [DVD]陽のあたる場所 [DVD]
(2011/02/14)
モンゴメリー・クリフト、エリザベス・テイラー 他

商品詳細を見る


えええーっ、マジですかあああああ!?
最後になってはじめて、冒頭に語られた「運」が、ああ、そういうことかと思い出されるのだった。

けして心地よい作品ではないけれど、ラストの予想ガ~イな展開、アイロニカルなエンディングにちょっとヤラれたな、つう一作。

すっかり爬虫類系 ジョナサン・リース・マイヤーズ
エキセントリックな スカーレット・ヨハンソン
上流階級キャラ マシュー・グード
ぽややんとしたお嬢さん エミリー・モーティマー

どれもぴったりのキャスティングだった。
ここでもやはり女優二人が、ウディ・アレン的ブロンドとブルネットの法則。

マシュー、ただの白シャツ姿もいいんだよな
mpoint04.jpg


===
ウディ・アレン ロンドン三部作、残る一つ【タロットカード殺人事件】は一転、軽妙なコメディタッチだそうで。
うーーん、機会があったら見るかも?? あったらね。あったら。

↓ 先生のお気に入り
mpoint03.jpg

アデル、ブルーは熱い色PageTopウディ・アレンの 夢と犯罪

Comment

あ、この間から見ようとおもっていたヤツだ♪
「それでも恋するバルセロナ」も「えっ。そんなオチ!?」だったけど、それがウッディ・アレンなのね。
おし。見てみよっと。

■かりんさん

> あ、この間から見ようとおもっていたヤツだ♪
チロルもずっと気になってて、HDDにずいぶん前に録画したまま放置してました。

> 「それでも恋するバルセロナ」も「えっ。そんなオチ!?」だったけど、それがウッディ・アレンなのね。
あ、そうか、アレンってそういうエンディングが好きなのかも。
見てみてちょ☆


Commentの投稿

 管理人だけに表示する

プロフィール

ナンシー☆チロ

Author:ナンシー☆チロ
映画と本のつれづれ日記。
マイナー路線でごめんなさい。
サッカーも好き☆
過去記事へのコメントも歓迎です。
尚、宣伝目的や記事に関連のないリンク・コメント・トラックバックなどはこちらで削除させて頂きますので、ご了承下さい。

追記・その他

  (2017/07/15) 「FATHERS」に追記あり。 プーン役のAsda Panichkulは元MTVアジアの人気VJで東南アジアでは有名人。 ユク役のNat Sakdatornはタイのタレント発掘番組で優勝した実力派シンガーソングライター。

リンク
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ(タブ)

最近のトラックバック
カテゴリ
カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード

QRコード

RSSフィード