映画 イヴ・サンローラン 

[イヴ・サンローラン]
(2014/フランス/Yves Saint Laurent)


ysl02.jpg

6月、フランス映画祭に行ってキタ。
天才デザイナー イヴ・サンローランを描いた作品。
シャリル・レスペール監督が来日。
アンソニーさん、誘ってくれてありがとう!

@有楽町朝日ホール

1957年、イヴ・サンローランは弱冠21歳でクリスチャン・ディオールの後を継ぎデザイナーデビュー。
26歳で自らのブランドを設立。
20世紀のファッション史に残るコレクションで革命を起こした。
モード界の帝王の「光と影」に迫る。

いやあ、おもしろかったです。
20世紀に光り輝いていたサンローランがゲイであったなんて、当時は全く知らなかった。
そして彼の人生についても。

ysl03_20140714130216a29.jpg


公私共にイヴ・サンローランのパートナーだったピエール・ベルジュの全面協力により、イヴの半生が克明に描かれている。
「影」の部分も隠すことなく描かれているんだよね。
徴兵されて心を病み精神病棟に収容され(仲間の死がトラウマになったらしい)、その後病気を理由にディオールを解雇されたこと。
孤独やプレッシャーに苦しみ、薬物やアルコールに依存するようになったこと。
また、ピエールがいながら、男漁りしたり、ハッテンしていたことも。
このあたりのエピソードが赤裸々に描かれているおかげで、観客は生身のイヴを生き生きと感じることが出来るのよね。

イヴは友人カール・ラガーフェルドの恋人ジャックを寝取っちゃう!
イヴはその若いツバメに入れ込んでしまい、”寛容な”ピエールもさすがにジャックのところに乗り込んで行くのだった。

ジャックは美しい性悪猫みたいできれい~~ → グザヴィエ・ラフィット 好きなタイプ☆

ysl06_201407141302191b7.jpg

↓ あ、このコだったのか?!

シルビアのいる街で BD [Blu-ray]シルビアのいる街で BD [Blu-ray]
(2011/04/28)
グザヴィエ・ラフィット、ピラール・ロペス・デ・アジャラ 他

商品詳細を見る


↓ ホンモノのカール・ラガーフェルドとジャック・ドゥ・バスケ
ysl05_20140714130217102.jpg

そういえば、カール・ラガーフェルド、最近のボーイフレンドもこんなタイプだったよね。

映画でカールを演じたのは、ニコライ・キンスキー(37)。クラウス・キンスキーの息子だって!!

ysl08.jpg

===
こういう伝記ものは、主役の俳優に負うところが多いが、イヴ役ピエール・ニネがほんとーにクリソツ!
そして美しい!
よくしつけられた、ボルゾイとか高級血統種の犬みたい。
この若さでコメディ・フランセーズのエリート俳優。
ピエール・ニネのキャスティングに、ナルシストのイヴも天国で満足しているに違いない。

ysl04.jpg

ピエール・ベルジュ役ギヨーム・ガリエンヌも似ていましたよ。
彼もコメディ・フランセーズの実リキ派。

===
上映終了後、シャリル・レスペール監督が登壇、Q&Aに応じた。
昨年も思ったけど、やっぱりフランス映画祭は観客のレベルが高いわあ。質問が違うもん。
ほんとーにイヴにそっくり!ピエール・ニネのキャスティング起用について質問が集中した。

監督からおもしろエピソードが。

――写真撮影の為サンローランのアトリエを訪ねた時、たまたまイヴが飼っていた犬(存命中!)が遊びに来ていた。
ピエール・ニネを見るなり彼に突進し、めちゃくちゃなついていた。
彼がサンローランに似ていたからか、単なる犬好きだったからかは私にはわからないけど(笑)

「カール・ラガーフェルドはこの映画について何かコメントしていますか?」という質問が・・・(ナイッス!)

――彼はおそらく見ていないと思う。彼のスタッフに知り合いがいて、聞いた話によると、彼は(何かまずいことが暴露されるんじゃないかと)この映画に戦々恐々としていて、映画を観たスタッフが、カールのことはよく描かれていたよ、と言ったらほっとしていたそうな(笑)

ナマの監督、とってもかっこよかったです。お話も真摯な態度で好感度大!

ysl10.jpg


イヴ・サンローラン財団初公認作品ゆえ、財団所有のアーカイヴ衣装の貸出が許可されゴージャス!!
キャスティングも含め、上質でぜいたくな一作。
今年のmyBEST ランクイン決定!

この作品は、9月6日にロードショウ公開されます。

ysl09.jpg

関連記事:
ドキュメンタリ 「イヴ・サンローラン」
「SAINT LAURENT サンローラン」

ドキュメンタリ イヴ・サンローラン PageTopペイン&ゲイン 史上最低の一攫千金

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

プロフィール

ナンシー☆チロ

Author:ナンシー☆チロ
映画と本のつれづれ日記。
マイナー路線でごめんなさい。
サッカーも好き☆
過去記事へのコメントも歓迎です。
尚、宣伝目的や記事に関連のないリンク・コメント・トラックバックなどはこちらで削除させて頂きますので、ご了承下さい。

追記・その他

  (2017/07/15) 「FATHERS」に追記あり。 プーン役のAsda Panichkulは元MTVアジアの人気VJで東南アジアでは有名人。 ユク役のNat Sakdatornはタイのタレント発掘番組で優勝した実力派シンガーソングライター。

リンク
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ(タブ)

最近のトラックバック
カテゴリ
カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード

QRコード

RSSフィード