インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌

【インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌】
(2013/INSIDE LLEWYN DAVIS)


insideld01.jpg


【トゥルー・グリット】(2010)   から3年、コーエンブロスの新作であります。

5月30日公開、11月に名画座でやっとミタ。
12月3日DVDリリースなのだった。 → その2

@飯田橋ギンレイホール

超久しぶりに2本立てを2本ともミタ。
体力の限界であります。

久しぶりのギンレイ(平日午後)は、シニアのオアシスだった。

1960年代、フォークシーンが静かに勃興する中で、ライブハウスで歌うシンガーのルーウィンは、売れない現状や女友達を妊娠させてしまったりで、音楽の道を諦めようかと悩んでいた。様々な想いが渦巻く中、売り込みのためシカゴのライブハウスへ向かい……。
60年代のグリニッジ・ヴィレッジを舞台に、売れないミュージシャンの冴えない一週間を綴る。

2013年カンヌ映画祭グランプリ受賞作品。

じぇじぇ!たった1週間の出来事だったの?!
すんごく長い月日だと思っていた。
あれやこれやてんこ盛り1週間の物語。

’60年代のシンガー、デイヴ・ヴァン・ロックの回想録を脚色した。
ボブ・ディランの憧れだったという。

何をやってもうまくいかない。どんづまりのルーウィン、しょっぱい。
そんなルーウィン・デイヴィスをコーエンブロスは、時にユーモラスに、時にアイロニカルに描く。

我的に印象に残るシーン:
ルーウィンが車でニューヨークに戻る途中、顔も知らない自分のこどもが住む土地の看板に心が揺れ動くところ。

え、行くの?ハンドル切るの? え、え?

何にせよ、この作品の目玉は主役オスカー・アイザックのスバラシイ歌声とギタープレイ。
【ドライヴ】 のチンピラにこんな才能があったとは思いもよらなんだ。
ジュリアード出身だって。さすがアメリカのショウビズ界は奥が深いネ!
ガールフレンド(浮気相手?)のキャリー・マリガンとは 【ドライヴ】 でも夫婦だった。

↓ ジャスティン・ティンバレークも出てるyo!
insideld02.jpg


ジャズミュージシャン ローランド(ジョン・グッドマンが演じた)との悪夢のようなドライブがコーエンブロスらしいエピソード。
ローランドの付き人ジョニー・ファイヴ役ギャレット・ヘドランドのワルなイケメンぶりがステキ☆

insideld03.jpg


冒頭クラブで歌うルーウィンのシーンがラストにループするのもおもしろかった。
ラストにボブ・ディラン ”らしき” 若者がステージに立っているのも妙。


ナイトレイト・キスPageTopワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

プロフィール

ナンシー☆チロ

Author:ナンシー☆チロ
映画と本のつれづれ日記。
マイナー路線でごめんなさい。
サッカーも好き☆
過去記事へのコメントも歓迎です。
尚、宣伝目的や記事に関連のないリンク・コメント・トラックバックなどはこちらで削除させて頂きますので、ご了承下さい。

追記・その他

  (2017/07/15) 「FATHERS」に追記あり。 プーン役のAsda Panichkulは元MTVアジアの人気VJで東南アジアでは有名人。 ユク役のNat Sakdatornはタイのタレント発掘番組で優勝した実力派シンガーソングライター。

リンク
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ(タブ)

最近のトラックバック
カテゴリ
カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード

QRコード

RSSフィード